T姉の召天

 T姉が召されました。大正12年の生まれですから94年のご生涯でした。T姉が私たちの教会に見えるようになられたのは、80代の半ばを過ぎた頃でした。86歳で主イエス様を救い主として受け入れられて、88歳のクリスマスの日(20111225日で、その日は日曜日でした。)に洗礼を受けられました。

 もともとは岡山の人で、長年幼稚園の園長をされていましたが、晩年は狭山の水野に住まう息子さんの下に身を寄せられたようです。お年のわりにはあまりにも自然に、抵抗なく教会に見えられたことに、私は内心不思議に感じていましたが、子どもの頃にお母さんに勧められて教会学校によく通っていたとのお話を伺い、「ああ、そうだったのか。」と思いました。そこでT姉の心の中に福音の種が蒔かれ、当時の教会の人たちに祈られたのでしょう。また、H姉と同じデイサービスに通い、お友達になられたことも大きかったと思います。身体が不自由なH姉を主は尊くお用いて下さいました。

 一人の人が、救い主に導かれる背後には、計り知れない神の恵みと多くの人の祈りと愛があります。私たち一人一人が主の働きに用いていただけることは、本当に幸いなことです。T家のご遺族の上に主の慰めと平安が豊かにありますようにお祈りいたしましょう。

「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。」ヨハネ3:16


[PR]
# by sayama_church | 2017-12-11 21:17 | 牧師の窓 | Comments(0)

2017年12月10日(日)のご案内

◆ 早朝礼拝  午前7:00~7:40

        説教  小坂嘉嗣師

 

◆ 主日礼拝  午前10:30~11:45

        説教   すべてはここから 
        ~ マリヤの信仰 ~          
                     
              ルカ1:26~38
     
                 小坂由紀子師
 


◆ 夕  拝  午後7:00~7:40

            説教  小坂嘉嗣師
     
              
 
・教会の集まりは、いつでもオープンです。どなたでも参加することができます。
 教会が初めての方、久しぶりの方もどうぞお気軽にお出かけください。
 ストレス、問題、悩みの多い日常にあって、心の安息と生きる力が与えられます。 
 信仰を強制したり、押し付けるようなことは一切ありませんのでご安心ください。

・当教会は、近隣のミッションスクール(聖望学園、明治学院)の生徒さんが
 授業の一環でしばしば出席されています。
       
・礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。
 スルーされても構いません。

・賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

・教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
・朝の主日礼拝では教会車による無料の送迎があります。
  <送迎場所>
   10:00am 武蔵藤沢駅東口前のグリーンガーデンのコープ(生協)前
   10:10am 入曽駅西口
     お身体の不自由な方のご自宅

  送迎車をご利用の場合は、予めお電話をいたでけますと
  間違いがありません。
      ℡ 04(2956)5973

[PR]
# by sayama_church | 2017-12-08 16:33 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

すべての人の救い主

 今日からアドベントに入ります。クリスマスの節季は、年末と重なるために1年の早さも痛感しています。

先日、家内がこんなことを漏らしていました。「最近、世間ではハロウィンが盛大になり、クリスマスは以前のようにお祝いされなくなっているような気がする。」なるほど、近所のスーパーの飾りつけや商品コーナーを見ても、そんな気がいたします。ハロウィンは、古代ヨーロッパの土着の祭りですから、日本全体が聖書の神様から少しずつ遠ざかっているようにも感じられて、悲しい思いがします。

聖書によると、主イエスが誕生したときに御使いはこう告げました。「きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりました。この方こそ主キリストです。」(ルカ2:11

多くの人は誤解しているようですが、キリスト教は、西洋固有の宗教ではありません。西洋はいち早くキリスト教を受け入れたに過ぎないのです。日本固有の伝統や文化へ回帰しようとする傾向の強い今日、聖書が語る真理を西洋の文化として切り捨ててしまうとしたら残念です。西洋人は、自分たちの文化に聖書の真理を受け入れて発展いたしました。日本人も日本の文化の中で聖書が語る真理を受け入れて、日本の文化的背景をもった聖書的クリスチャンとして生きることができるのです。

どのような文化的土壌を持った社会であっても、人間らしさを損なう罪から救い出し、永遠のいのちを与え、人を真に人らしく回復させてくださる救い主は、十字架と復活のキリスト以外にはいません。イエス・キリストはすべての人の救い主なのです。


[PR]
# by sayama_church | 2017-12-03 18:03 | 牧師の窓 | Comments(0)

2017年12月3日(日)のご案内

◆ 早朝礼拝  午前7:00~7:40

        説教  小坂嘉嗣師



◆ 主日礼拝  午前10:30~11:45

        説教  主を待ち望む          
                     
            Ⅰテサロニケ4:16~5:11、23、24
     
            小坂嘉嗣師
 


◆ 夕  拝  午後7:00~7:40

            説教  小坂嘉嗣師
     
              
 
・教会の集まりは、いつでもオープンです。どなたでも参加することができます。
 教会が初めての方、久しぶりの方もどうぞお気軽にお出かけください。
 ストレス、問題、悩みの多い日常にあって、心の安息と生きる力が与えられます。 
 信仰を強制したり、押し付けるようなことは一切ありませんのでご安心ください。

・当教会は、近隣のミッションスクール(聖望学園、明治学院)の生徒さんが
 授業の一環でしばしば出席されています。
       
・礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。
 スルーされても構いません。

・賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

・教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
・朝の主日礼拝では教会車による無料の送迎があります。
  <送迎場所>
   10:00am 武蔵藤沢駅東口前のグリーンガーデンのコープ(生協)前
   10:10am 入曽駅西口
     お身体の不自由な方のご自宅

  送迎車をご利用の場合は、予めお電話をいたでけますと
  間違いがありません。
      ℡ 04(2956)5973

[PR]
# by sayama_church | 2017-12-02 11:10 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

いてくれてありがとう

先週は、ジョイスタデイ主催の教育講演会にスタッフの一人として参加いたしました。講師は、数年前にもお出で下さった関根一夫師で、演題は「いてくれてありがとう」。思わず熱いものがこみあげてくる良いお話しでした。

講演の趣旨はこうです。人間は成果や能力によって受け入れられるのではなくて存在そのものが受け入れられるときに幸福である。例えば、子どもは、成績が良くなければ親から認められないというメッセージを受けて育つのではなく、勉強ができてもできなくてもその存在そのものが親に受け止められ、認められているというメッセージを受けて育つときに幸せ。成果承認的人間観から存在承認的人間観に変わるべき。

数々の具体的なエピソードを交えてのお話に、会場全体がジッと静まり返り、涙ぐむ人もいらっしゃいました。そうした様子を見て、今日、いかに人が大切にされていないか、どんなにか傷つけられているのかを実感させられる思いがしました。

書の中にこんな聖句があります。「わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。」(イザヤ43:4)これは万物の創造者なる神が、私たち一人一人に対して語っている言葉です。

私たちは、例えどんなに欠けだらけで、力がなくても、神さまは私たちの存在を喜び、愛して下さっています。そのことを覚えたいと思います。


[PR]
# by sayama_church | 2017-11-26 14:47 | 牧師の窓 | Comments(0)

2017年11月26日(日)のご案内

◆ 早朝礼拝  午前7:00~7:40

        説教  小坂嘉嗣師



◆ 主日礼拝  午前10:30~11:45

        説教  わたしがあなたともにいる          
                     
                    使徒18:1~11
     
                         小坂嘉嗣師


◆ JOYJOYキッズクラブ  午後1:30pm~3:00

       スイートポテトつくり
 


◆ 夕  拝  午後7:00~7:40

            説教  小坂嘉嗣師
     
              
 
・教会の集まりは、いつでもオープンです。どなたでも参加することができます。
 教会が初めての方、久しぶりの方もどうぞお気軽にお出かけください。
 ストレス、問題、悩みの多い日常にあって、心の安息と生きる力が与えられます。 
 信仰を強制したり、押し付けるようなことは一切ありませんのでご安心ください。

・当教会は、近隣のミッションスクール(聖望学園、明治学院)の生徒さんが
 授業の一環でしばしば出席されています。
       
・礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。
 スルーされても構いません。

・賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

・教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
・朝の主日礼拝では教会車による無料の送迎があります。
  <送迎場所>
   10:00am 武蔵藤沢駅東口前のグリーンガーデンのコープ(生協)前
   10:10am 入曽駅西口
     お身体の不自由な方のご自宅

  送迎車をご利用の場合は、予めお電話をいたでけますと
  間違いがありません。
      ℡ 04(2956)5973

[PR]
# by sayama_church | 2017-11-25 13:33 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

和解

先週は、日本宣教会にとって、とても喜ばしい出来事がありました。23年前に日本宣教会を離脱したK教会と和解して、交わりを再開することになったのです。同教会は、私の母教会ですので、私個人にとっても大きな出来事でした。

N牧師夫妻が教団本部に見えてくださり、日本宣教会の牧師たちに対して、初めて脱会にいたった経緯を話して下さり、深々と頭を下げて謝罪の言葉を述べられたとき、23年の隔たりが一瞬にして消えてなくなったように私には感じられました。そしてN牧師に対する尊敬の念を深めた思いでした。

私たち牧師も弱さをもった人間であり、また教会もそうした人間の集まりです。ですから私たちの教団の歩みと歴史の中には、人間の弱さから生じる過ちや失敗がなかったわけではありません。けれども、信仰者にとって最も大切なことは、神様から道を正すように示されたときにその光に素直に応答することではないかと思います。与えられた光に素直に従うところに信仰の純粋さがあり、信仰者の本当の偉大さがあるのです。

年を重ねてきたせいなのか、実はここ最近は、K教会で過ごした青年時代を懐かしく思い出すことがしばしばありました。そうした中での出来事でしたので、一層嬉しく、主に感謝を捧げたことでした。

「あなたがたは、自分自身のうちに塩けを保ちなさい。そして、互いに和合して暮らしなさい。」(マルコ9:50


[PR]
# by sayama_church | 2017-11-19 17:49 | 牧師の窓 | Comments(0)

2017年11月19日(日)のご案内

◆ 早朝礼拝  午前7:00~7:40

        説教  小坂嘉嗣師



◆ 主日礼拝  午前10:30~11:45

        説教  知られない神に          
                     
               使徒17:16~34
     
                     小坂嘉嗣師
 


◆ 夕  拝  午後7:00~7:40

            説教  小坂嘉嗣師
     
              
 
・教会の集まりは、いつでもオープンです。どなたでも参加することができます。
 教会が初めての方、久しぶりの方もどうぞお気軽にお出かけください。
 ストレス、問題、悩みの多い日常にあって、心の安息と生きる力が与えられます。 
 信仰を強制したり、押し付けるようなことは一切ありませんのでご安心ください。

・当教会は、近隣のミッションスクール(聖望学園、明治学院)の生徒さんが
 授業の一環でしばしば出席されています。
       
・礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。
 スルーされても構いません。

・賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

・教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
・朝の主日礼拝では教会車による無料の送迎があります。
  <送迎場所>
   10:00am 武蔵藤沢駅東口前のグリーンガーデンのコープ(生協)前
   10:10am 入曽駅西口
     お身体の不自由な方のご自宅

  送迎車をご利用の場合は、予めお電話をいたでけますと
  間違いがありません。
      ℡ 04(2956)5973

[PR]
# by sayama_church | 2017-11-18 07:43 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

キリスト教信仰の醍醐味

キリスト教信仰の醍醐味は何でしょうか。そのことを問われたら何と答えるでしょうか。聖書に次のように御言葉あります。

「主が私たちのために死んでくださったのは、私たちが、目ざめていても、眠っていても、主とともに生きるためです。」Ⅰテサロニケ5:10

現代は、本当に目まぐるしい、刺激の多い時代です。私たちの目や耳は、テレビ、新聞、雑誌、スマホからの洪水のような情報に絶えずさらされ、心は真新しい出来事を追いかけて、いつも何となく忙しく生活しています。一体、どれだけのクリスチャンが「今、私が、ここに、主とともに存在していること」を喜んでいるでしょうか。

人間の幸いは、聖書を読む限りは間違いなく、物や出来事にあるのではなく(何かを得たということにあるのではなく)、「交わり」にあります。唯一の真の神が父・御子・聖霊の三位一体の交わりの中にあるように、私たちも神との交わりの中に生きるときに幸福なのです。そこに、いのちと喜びがあります。そこは神の国です。主が私たちのために死んで下さったのは、まさに「主とともに生きるため」なのです。

主とともに生きる人は、人との交わりを喜びます。こうして神の国は広がるのです。キリスト教信仰の醍醐味は、この主とともにある「交わり」にあるのです。


[PR]
# by sayama_church | 2017-11-18 07:35 | 牧師の窓 | Comments(0)

2017年11月12日(日)のご案内

◆ 早朝礼拝  午前7:00~7:40

        説教  小坂嘉嗣師



◆ 主日礼拝  午前10:30~11:45

        説教  子どもとして生きる
          
                       
               マタイ5:43~48
      
                    小坂由紀子師
 


◆ 夕  拝  午後7:00~7:40

            説教  小坂嘉嗣師
     
              
 
・教会の集まりは、いつでもオープンです。どなたでも参加することができます。
 教会が初めての方、久しぶりの方もどうぞお気軽にお出かけください。
 ストレス、問題、悩みの多い日常にあって、心の安息と生きる力が与えられます。 
 信仰を強制したり、押し付けるようなことは一切ありませんのでご安心ください。

・当教会は、近隣のミッションスクール(聖望学園、明治学院)の生徒さんが
 授業の一環でしばしば出席されています。
       
・礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。
 スルーされても構いません。

・賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

・教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
・朝の主日礼拝では教会車による無料の送迎があります。
  <送迎場所>
   10:00am 武蔵藤沢駅東口前のグリーンガーデンのコープ(生協)前
   10:10am 入曽駅西口
     お身体の不自由な方のご自宅

  送迎車をご利用の場合は、予めお電話をいたでけますと
  間違いがありません。
      ℡ 04(2956)5973

[PR]
# by sayama_church | 2017-11-11 09:09 | 礼拝のご案内 | Comments(2)