疲れ果てた人へ

心が疲れ、渇きを覚えることはないでしょうか。世の中のせわしさ、複雑な人間関係、次から次へとのしかかる仕事の重荷や責任・・・。ゆっくり休みたいと思ったことは、きっとあると思います。

 主イエスは驚くべきことを言われました。「すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。」マタイ11:27

 疲れたときに、レジャーや趣味、娯楽で気分転換をすることは一つの方法ですし、十分な睡眠や温泉などで骨休みすることも必要でしょう。しかし、心が磨り減るような疲れを覚え、魂の渇きを感じるときに、私たちを癒し、魂にいのちを吹き込み、再び立ち上がらせてくださるのは、主イエスだけです。主イエスは、〈いのち〉そのものだからです。

主イエスは、「すべて」と言われました。ですから日本人も異教徒も例外ではありません。また、ただ「わたしのところに来なさい。」と言われました。「身を整えてから」「少しは良い人間になってから」と条件を付けられたのではなくて、行き詰まり、疲れ果て、罪にまみれているならば、そのままで「わたしのところに来なさい。」と言われたのです。

私は、どうしようもなく疲れ、渇くことがあります。しかし、主イエスは、いつも私を生かし、立たせて下さいました。一人でも多くの方が、主イエスを救い主、人生の主として知ることができますように。


[PR]
# by sayama_church | 2017-08-20 19:47 | 牧師の窓 | Comments(0)

2017年8月20日(日)のご案内

◆ 早朝礼拝  午前7:00~7:40

        説教  小坂嘉嗣師



◆ ウエルカム礼拝  午前10:30~11:45

        説教  平和をつくる者は幸いなり
                       
                       マタイ5:9
      
                         小坂嘉嗣師



◆ 夕  拝  午後7:00~7:40

            説教  小坂嘉嗣師
     
              
 
・教会の集まりは、いつでもオープンです。どなたでも参加することができます。
 教会が初めての方、久しぶりの方もどうぞお気軽にお出かけください。
 ストレス、問題、悩みの多い日常にあって、心の安息と生きる力が与えられます。 
 信仰を強制したり、押し付けるようなことは一切ありませんのでご安心ください。

・当教会は、近隣のミッションスクール(聖望学園、明治学院)の生徒さんが
 授業の一環でしばしば出席されています。
       
・礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。
 スルーされても構いません。

・賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

・教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
・朝の主日礼拝では教会車による無料の送迎があります。
  <送迎場所>
   10:00am 武蔵藤沢駅東口前のグリーンガーデンのコープ(生協)前
   10:10am 入曽駅西口
     お身体の不自由な方のご自宅

  送迎車をご利用の場合は、予めお電話をいたでけますと
  間違いがありません。
      ℡ 04(2956)5973

[PR]
# by sayama_church | 2017-08-18 17:59 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

平和

8月になると「平和」という言葉が新聞の紙面を賑わします。815日が終戦記念日だからでしょう。だれもがもう戦争のない「平和」を願っています。殊に今の緊迫した日本を含む東アジア情勢を考えると切実です。

 ところで主イエス・キリストはこのように言われました。「平和をつくる者は幸いです。その人は神の子どもと呼ばれるからです。」(マタイ5:9

 主イエスは、ここで「平和をつくる者は」と言われました。残念ながら「平和を願う人」「平和を求める人」「平和を語る人」は多くいても、「平和をつくる人」は、まれです。

どこに問題があるのでしょうか。何が問題なのでしょうか。聖書は、問題は人間の心の中にあると言っています。自分の利益、立場だけを主張する自己中心が原因であると。もっと率直に言うならば、すべての争いの原因は人間の罪なのだと。

 条約も交渉も平和運動も大切です。そのための話し合い、会議も必要でしょう。しかし、源泉が清くならなければ、いくら川の途中に薬を流しても水は清くならないように、人間の心が変わらなければ、社会も国家も世界も変わりません。教会は、遠回りに見えても人間の罪の現実に光を当て、そこからの救いの道を伝えるイエス・キリストの十字架の福音を伝えつづけなければならないのです。


[PR]
# by sayama_church | 2017-08-13 19:46 | 牧師の窓 | Comments(0)

2017年8月13日(日)のご案内

◆ 早朝礼拝  午前7:00~7:40

        説教  小坂嘉嗣師



◆ 主日礼拝  午前10:30~11:45

        説教    信じた先にあるもの
                       
                 ローマ5:1~11
      
                     小坂由紀子師



◆ 夕  拝  午後7:00~7:40

            説教  小坂嘉嗣師
     
              
 
・教会の集まりは、いつでもオープンです。どなたでも参加することができます。
 教会が初めての方、久しぶりの方もどうぞお気軽にお出かけください。
 ストレス、問題、悩みの多い日常にあって、心の安息と生きる力が与えられます。 
 信仰を強制したり、押し付けるようなことは一切ありませんのでご安心ください。

・当教会は、近隣のミッションスクール(聖望学園、明治学院)の生徒さんが
 授業の一環でしばしば出席されています。
       
・礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。
 スルーされても構いません。

・賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

・教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
・朝の主日礼拝では教会車による無料の送迎があります。
  <送迎場所>
   10:00am 武蔵藤沢駅東口前のグリーンガーデンのコープ(生協)前
   10:10am 入曽駅西口
     お身体の不自由な方のご自宅

  送迎車をご利用の場合は、予めお電話をいたでけますと
  間違いがありません。
      ℡ 04(2956)5973

[PR]
# by sayama_church | 2017-08-12 09:59 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

聖餐

今日は、インマヌエル狭山キリスト教会との合同礼拝です。今回が2度目です。こうしたことが実現したことは、背後に深い主のご支配があるのだと思って心から感謝しています。

 聖書の中にこのような御言葉があります。「私たちが祝福する祝福の杯は、キリストの血にあずかることではありませんか。私たちの裂くパンは、キリストのからだにあずかることではありませんか。パンは一つですから、私たちは、多数であっても、一つのからだです。それは、みなの者がともに一つのパンを食べるからです。」(Ⅰコリント10:16-17

 言うまでもなく、これは聖餐のことを語っています。初代教会は、聖餐にあずかるたびに、キリストの十字架の血による罪の赦しを確認しただけではなく、主イエスを信じている者は、一つのからだなるキリストに連なっていることを覚えていたのです。一つのからだとは、一つの教会のことです。

 目に見える教会は、数多くあっても霊的には教会は一つです。たとえ信仰に導かれた教団・教派が違っていても、実は私たちは同じキリストに連なっているのです。聖餐は、そのことを思い起こさせてくれます。


[PR]
# by sayama_church | 2017-08-06 17:28 | 牧師の窓 | Comments(0)

2017年8月6日(日)のご案内

◆ 早朝礼拝  午前7:00~7:40

        説教  小坂嘉嗣師



◆ 主日礼拝  午前10:30~11:45

        説教    真夜中の祈りと讃美
                       
                使徒16:16~26
      
                     小坂嘉嗣師



◆ 夕  拝  午後7:00~7:40

            説教  小坂嘉嗣師
     
              
 
・教会の集まりは、いつでもオープンです。どなたでも参加することができます。
 教会が初めての方、久しぶりの方もどうぞお気軽にお出かけください。
 ストレス、問題、悩みの多い日常にあって、心の安息と生きる力が与えられます。 
 信仰を強制したり、押し付けるようなことは一切ありませんのでご安心ください。

・当教会は、近隣のミッションスクール(聖望学園、明治学院)の生徒さんが
 授業の一環でしばしば出席されています。
       
・礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。
 スルーされても構いません。

・賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

・教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
・朝の主日礼拝では教会車による無料の送迎があります。
  <送迎場所>
   10:00am 武蔵藤沢駅東口前のグリーンガーデンのコープ(生協)前
   10:10am 入曽駅西口
     お身体の不自由な方のご自宅

  送迎車をご利用の場合は、予めお電話をいたでけますと
  間違いがありません。
      ℡ 04(2956)5973

[PR]
# by sayama_church | 2017-08-05 13:02 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

日々の生活では、実に様々なことが起こります。たとえ他人にとってはつまらない、小さな出来事に見えても、当の本人にしてみれば心が揺さぶられたり、沈んだり、悩んだりすることもあるでしょう。平凡な毎日の中にあっても、人は精神的には、暗やみの世界を遍歴することがあります。

オズワルド・チャンバーズは、「見よ、彼が、雲に乗って来られる」(黙1:7を引用して、こんな霊想を述べています。「聖書では、雲はつねに神と関連して出てくる。私たちの個人生活にとって、雲とは悲しみや苦しみをもたらし、神の秩序を乱すように思えるものである。しかし、この雲を通して、御霊は私たちに信仰によって歩くことを教えられる。・・・雲は、神がそこにおられることのしるしである。・・・神は・・・あらゆる雲を通して、私たちの信仰がますます単純になって、ついに幼子のようになることを望んでおられる。そのようになった時、神と私の魂だけが見え、他の人々は影にすぎなくなる。」(オズワルド・チャンバーズ著「いと高き方のもとに」)

 私は、ある時、どうしてこんなに心を乱し、悩ますことが起こるのだろうかと考えたとき、「神は私を訓練しておられる。どんな状況においてもそこに共におられる神を認め、神にのみ目を留めるように。」という思いに至ったことがありました。オズワルド・チャンバーズが言っている通りです。

 信仰者は、どんな時にも主イエスを認め、主イエスに目を向けるべきです。主イエスに目を向けている限り沈むことなく、道は必ず開けます。


[PR]
# by sayama_church | 2017-07-30 19:59 | 牧師の窓 | Comments(0)

2017年7月30日(日)のご案内

◆ 早朝礼拝  午前7:00~7:40

        説教  小坂嘉嗣師



◆ 主日礼拝  午前10:30~11:45

        説教    主が心を開かれる
                       
               使徒16:11~15
      
                    小坂嘉嗣師



◆ 夕  拝  午後7:00~7:40

            説教  小坂嘉嗣師
     
              
 
・教会の集まりは、いつでもオープンです。どなたでも参加することができます。
 教会が初めての方、久しぶりの方もどうぞお気軽にお出かけください。
 ストレス、問題、悩みの多い日常にあって、心の安息と生きる力が与えられます。 
 信仰を強制したり、押し付けるようなことは一切ありませんのでご安心ください。

・当教会は、近隣のミッションスクール(聖望学園、明治学院)の生徒さんが
 授業の一環でしばしば出席されています。
       
・礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。
 スルーされても構いません。

・賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

・教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
・朝の主日礼拝では教会車による無料の送迎があります。
  <送迎場所>
   10:00am 武蔵藤沢駅東口前のグリーンガーデンのコープ(生協)前
   10:10am 入曽駅西口
     お身体の不自由な方のご自宅

  送迎車をご利用の場合は、予めお電話をいたでけますと
  間違いがありません。
      ℡ 04(2956)5973

[PR]
# by sayama_church | 2017-07-28 22:10 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

モーセの召命

旧約聖書に出てくるモーセは、私にとってはとても印象深い人物の一人です。これまでの信仰生活において、何度もモーセの生涯から教えられ、考えさせられ、導きを受けてきました。

それで、先日の夏期聖会で講師の梅田牧師がモーセの召命の箇所からお話し下さったときは、自分の献身の原点を確認するような思いとなり、感謝いたしました。モーセは、エジプトの奴隷のヘブル人の子として生まれましたが、不思議な神のお取り計らいによりエジプトの王宮に育ちます。成長した彼は、同胞のヘブル人を救おうと正義感を燃やしますが、挫折して、荒野の羊飼いに身を落としました。しかし、神は失敗、挫折して己の無力さを知ったこのモーセを召したのです。羊の群れを追い、神の山ホレブにやってきたモーセに燃える柴の中から「モーセ、モーセ。」と呼び、「あなたの足のくつを脱げ。」(出エジプト35と仰せられたのでした。

梅田牧師が語られたように、当時の文化において「くつを脱ぐ」ことは、権利、特権を放棄することを意味しました。神はモーセにすべての願望、計画を捨てて、神に信頼して従って来るように求められたのです。

私もかつて、主イエスに従っていきたいと願い、足のくつを脱いだ経験があります。しかし、足のくつを脱いで従い続けて来たかと問われると主に対して申し訳のない気持ちで一杯になります。今一度原点に立ち返り、主に従って歩みたいと祈らされました。


[PR]
# by sayama_church | 2017-07-23 20:00 | 牧師の窓 | Comments(0)

2017年7月23日(日)のご案内

◆ 早朝礼拝  午前7:00~7:40

        説教  小坂由紀子師



◆ 主日礼拝  午前10:30~11:45

        説教    神を恐れたので
                       
             出エジプト1:8~21
      
                  小坂由紀子師



◆ 夕  拝  午後7:00~7:40

            説教  小坂嘉嗣師
     
              
 
・教会の集まりは、いつでもオープンです。どなたでも参加することができます。
 教会が初めての方、久しぶりの方もどうぞお気軽にお出かけください。
 ストレス、問題、悩みの多い日常にあって、心の安息と生きる力が与えられます。 
 信仰を強制したり、押し付けるようなことは一切ありませんのでご安心ください。

・当教会は、近隣のミッションスクール(聖望学園、明治学院)の生徒さんが
 授業の一環でしばしば出席されています。
       
・礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。
 スルーされても構いません。

・賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

・教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
・朝の主日礼拝では教会車による無料の送迎があります。
  <送迎場所>
   10:00am 武蔵藤沢駅東口前のグリーンガーデンのコープ(生協)前
   10:10am 入曽駅西口
     お身体の不自由な方のご自宅

  送迎車をご利用の場合は、予めお電話をいたでけますと
  間違いがありません。
      ℡ 04(2956)5973

[PR]
# by sayama_church | 2017-07-21 18:02 | 礼拝のご案内 | Comments(0)