教 会

 今日は、私は青森県の三沢に来ております。三沢の地において、三沢の主にある兄弟姉妹と共に礼拝しています。そして、狭山での礼拝の祝福を心からお祈りしています。
 ところで、日本宣教会の現状を考えるとき、もしかたしたらこれから私が他出する機会が増えるかもしれません。牧師の高齢化が進んでおり、教団の中で私が一番若い牧師だからです。けれども、例えそのようになったとしても、私はむしろそれが狭山キリスト教会の益になると考えたいと思っています。私たちの教会がさらに成長し、大人の教会になるための良い機会になると信じるからです。
 教会とは、信徒の群であり、信仰者の共同体です。たとえば新しい方が教会に見えたとします。そのとき、牧師がその人を歓迎し、伝道し、救いに導き、育むのが教会のあるべき姿ではありません。教会が、その人を歓迎し、伝道し、救いに導き、育むのです。すなわち信徒のお一人お一人が、賜物と使命に従って、そのために用いられるのです。それが教会です。牧師の最も大切な仕事は、信徒がこうした奉仕の働きをすることができるように、すなわち魂を導くことのできるように整えることにあります。
 教会の第一の使命は、救霊です。イエスは「群衆を見て、羊飼いのいない羊のように弱り果てて倒れている彼らをかわいそうに思われた。」(マタイ9:36)とありますが、このイエスの心と目をもってこの世界を見るのが教会です。救霊という尊い使命のために、私たち一人一人を用いていただきましょう。

  「それは、聖徒を整えて奉仕の働きをさせ、キリストのからだを立て上げるためであり、」エペソ4:12
[PR]
by sayama_church | 2011-11-20 22:26 | 牧師の窓 | Comments(0)
<< 11月27日(日)のご案内 11月20日(日)のご案内 >>