クリスマスおめでとう!

 この年は、私たちは東日本大震災という大きな痛みを経験しました。多くの方々が未だ癒えぬ悲しみと喪失感を抱えながら年の終わりを迎えようとしています。被災者だけではありません。日本は、以前として1年に3万人以上の方々が自ら命を絶っています。いたるところに孤独、悲しみ、絶望、行き詰まり・・・等々の闇が覆っています。
 イエス・キリストの誕生する750年ほど前に、イザヤは救い主イエスの誕生をこのように預言いたしました。「地を見ると、見よ、苦難とやみ、苦悩の暗やみ、暗黒、追放された者。しかし、苦しみのあった所に、やみがなくなる。・・・やみの中を歩んでいた民は、大きな光を見た。死の陰の地に住んでいた者たちの上に光が照った。・・・ひとりのみどりごが、私たちにために生まれる。ひとりの男の子が、私たちに与えられる。主権はその肩にあり、その名は『不思議な助言者、力ある神、永遠の父、平和の君』と呼ばれる。」(イザヤ8:22、9:2,6)
 主イエス・キリストこそが私たちの心と人生に、そして家庭、社会に希望の光を灯してくださいます。私は、少年時代のある冬の晩、何とも言えない心の寂しさを感じたことがありました。両親も、弟、妹もいました。祖母も一緒に生活していました。それでも無性に寂しかったのです。理由は分かりませんでした。でも心に隙間風が吹いているようでした。けれども、キリストを信じ、罪の赦しを経験し、神さまが一緒にいて下さる平安を味わいました。「わたしは、あなたがたを捨てて孤児にはしません。」(ヨハネ14:18)と語って下さる主イエスに出会ったのです。心の寂しさは無くなりました。
 主イエス・キリストは私たちの救い主です。クリスマスおめでとうございます!
[PR]
by sayama_church | 2011-12-29 21:09 | 牧師の窓 | Comments(0)
<< 2012年1月1日(日) 12月25日(日)のご案内 >>