教会会議

 新しい年を迎えて、早いもので半月が過ぎてしまいました。とっくに正月気分も抜けて、通常通りの歩みに毎日忙しく過ごされている方が多いと思います。
 教会では、これから大切な会議、話し合いが多く持たれます。いずれも、昨年度の反省、感謝、総括と今年度の歩み、計画を話し合うときです。部会、世話役会、責任役員会、教会総会などが開かれます。
 教会は会議をとても大切にしています。それは物事を公明正大に進めてゆくためだからですが、実はそれ以上のことがあります。会議を通して主の御心を確認しているのです。教会の会議と一般の会議の違いは、ここにあります。
 主イエスは、「ふたりでも三人でも、わたしの名において集まる所には、わたしもその中にいるからです。」(マタイ18:20)と約束されました。また、「助け主、すなわち、父がわたしの名によってお遣わしになる聖霊は、あなたがたにすべてのことを教え、」(ヨハネ14:26)と語られました。信仰者が、共に集まり、「果たして主の御心は何であろうか。何を主は私たちに望んでおられるのだろうか。」を知ろうと、へりくだって語り合う時に、必ず会議の真ん中におられる主と信仰者と通して働かれる聖霊に導きをいただき、主の御心を確認することができるのです。
 どんなに未熟で不完全であっても教会はキリストの体であり、教会の頭はキリストです。主がこの年、私たちの教会に期待していることは何でしょうか。そのことを、共に集まり、共に祈り、共に語り合うことを通して、確認させていただきましょう。万一にも、教会の会議が、自己主張の場となってはいけません。
[PR]
by sayama_church | 2012-01-25 17:23 | 牧師の窓 | Comments(0)
<< 1月29日(日)のご案内 1月22日(日)のご案内 >>