「日本宣教会」 

 今日は、私は代田教会での奉仕ですので、代田から狭山の礼拝の祝福をお祈りさせていただきます。
 神学校を卒業して狭山での開拓に遣わされて19年になります。主は、よくもこんな愚かで未熟な足りない人間をお捨てにならずに、主の働き人としてお支えくださったかと思うと感謝な思いで心が一杯になります。まさに、聖書に「しかし神は、知恵ある者をはずかしめるために、この世の愚かな者を選び、強い者をはずかしめるために、この世の弱い者を選ばれたのです。また、この世の取るに足りない者や見下されている者を、神は選ばれました。すなわち、有るものをない者のようにするため、無に等しいものを選ばれたのです。」(Ⅰコリント1:27,28)
とある通りです。
 ところで、私が信仰をもったときの一番の喜びは、「罪が赦されていつ死んでも天国にゆけるとの確信」と「神さまが私と一緒にいてくださるという平安」を得たことでした。この二つが私の信仰の原点であります。私にとりましては、主イエスは「いのち」であり「宝」であります。このキリストにある平安なくしては、生きていくことができないとものとなりました。
 私が味わっているような心の平安と喜びを一人でも多くの方々に知っていただきたいと願い、これからも伝道したいと思います。「日本宣教会」です。北は北海道から南は沖縄まで伝道する使命が与えられているのです。否、日本から世界の果てにまで宣教する使命があるのではないでしょうか。このような名を冠する群に導かれていることを感謝いたします。

「地の果てのすべての者よ。わたしを仰ぎ見て救われよ。わたしが神である。ほかにはいない。」(イザヤ45:22)
[PR]
by sayama_church | 2012-03-22 18:37 | 牧師の窓 | Comments(0)
<< 2012年3月25日(日) 2012年3月18日(日) >>