とりなしの祈り

 先週は、イースターの喜びをともにお祝いしました。礼拝後に、初めて「もちつき」をいたしましたが、とても好評で、CSと英会話のお友だちや、保護者の方なども参加して下さり、イースターを喜び、楽しく過ごすことができました。
 さて、4月から私たちの教会は2年間に亘ってJCGI(日本教会成長研修所)の研修を受けることになりました。教会形成のコーチングを受けます。今週、私は集中研修に参加します。今後、私たちの教会は、世話役会、責任役員会を中心に教会をあげて主によって与えられているヴィジョンをつかみ、明確にすることや、ヴィジョンに向けての計画を立て、変えるべきことは変え、新しく取り組むべきことは取り組む新しい一歩を踏み出すことになります。
早速、私たちの教会に与えられた課題があります。それは、牧師のための「とりなし手チーム」と作ることです。これは、牧師のために心を定めて、毎日祈りを捧げる人のチームです。
 教会の力は、祈りであります。祈りなくしては、主の働きを進めることも、成し遂げることもできません。そして、最も祈られなければならないのは、牧師のためです。牧師は、主によって立てられた教会のリーダーであり、鍵であります。牧師が過ちを起こし、道を踏み外すと教会は計り知れないダメージを受けます。また、牧師の牧会、伝道、説教に力を与えるのは聖霊ですが、それを可能にするのは多くの人の祈りです。また牧師は絶えず霊的な戦いを強いられますが、それに勝利させるのも「とりなしの祈り」です。
 どうか、私のためにお祈りくださるようによろしくお願いいたします。

「また、私が口を開くとき、語るべきことばが与えられ、福音の奥義を大胆に知らせることができるように私のためにも祈ってください。」エペソ6:19
[PR]
by sayama_church | 2012-04-21 14:09 | 牧師の窓 | Comments(0)
<< 2012年4月22日(日) 2012年4月15日(日) >>