同じ主

 今朝は、私は千葉県の木更津市にある教会で奉仕をしていますので、木更津の地から狭山の教会の礼拝の祝福をお祈りしています。
 木更津は、20年以上前の神学生の時代に教会案内のチラシ配布のお手伝いに行った思い出深いところです。一軒一軒戸別配布して、塀に囲まれた大きな屋敷にやって来たとき、どこにポストがあるか分からないので門から中に入ると、いかつい顔をした男と大きな犬がいて、ヤクザの家だったとか、そんな思い出があります。木更津の教会は、今年、念願の新会堂を建て希望に燃えて歩んでいます。
 教会は、建てられている地や集まっている人たちの年代、背景などによって、また牧師の個性によっても、多少印象や雰囲気は違うかもしれません。それぞれの教会にはそれぞれの文化のようなものがあるでしょう。ましてや、もし教団や伝統が異なってくると、その違いはもっと顕著になるかもしれません。けれども、大切なのは、そこで主イエス・キリストが真に崇められ、礼拝されているか否かです。聖書の御言葉が、混ぜものなく、水増しされることなく、歪曲や歪められることなく、率直に語られているか否かです。主イエスが臨在されているかどうかです。
 場所は異なりますが、狭山においても、木更津においても、同じ主を心から礼拝させていただきましょう。

「同じ主が、すべての人の主であり、主を呼び求めるすべての人に対して恵み深くあられるからです。」ローマ10:12
[PR]
by sayama_church | 2012-10-12 23:10 | 牧師の窓 | Comments(0)
<< 2012年10月14日(日) 2012年10月7日(日) >>