こども

 8月も終わりに近づきました、ようやく夏の盛りも過ぎ、秋に向かいつつあるかと安堵しています。
我が家では、夜は寝苦しいので唯一冷房のある1階リビングで雑魚寝しています。幼かった子どもたちも、もう10代の思春期ですので、来年も同じようにできるかどうかは分かりませんが。
 ところで、子どもの成長に伴い、親としてときどき、何をしてあげたら良いか、どのように育ってほしいかと考え、祈らされます。一つは、自立して生きて行ける術を身に着けてほしいと願わされます。勉強は、そのためであることを子どもたちに分かってもらいたいです。もう一つ。これは何よりも大切なことですが、主イエスを救い主として信じて、個人的に神さまと親しい交わりを持つ人になってほしいです。人間の幸福は、神さまが共にいて下さることだと思いますし、例え親がいなくなっても神さまがその子を支えて下さるでしょう。そして、永遠のいのちをいただいて、神の国を継ぐ人になってほしいのです。そして、敢えてもう一つ。自分の人生を神様に捧げ、心を定めて神様の栄光を現わすために生きる人になってほしいです。
 私たちには、それぞれ愛する家族や身内がいます。また愛する友人、知人がいるでしょう。彼らのために、祝福を祈りましょう。

  「わたしを愛し、わたしの命令を守る者には、恵みを千代にまで施すからである。」
                                           出エジプト20:7

[PR]
by sayama_church | 2013-08-29 16:34 | 牧師の窓 | Comments(0)
<< キッズ・イングリッシュ 2013年8月25日(日) >>