イースターおめでとう!

 イースターおめでとうございます。イースターは、最近では日本でも知られるようになりましたが、その意味を知っている人は少ないように思います。イースターは、イエス・キリストの復活を記念する日です。
 復活と聞くと、ほとんどの人には信じ難い、空想のように感じます。聖書の時代、パウロがアテネで説教したときも同じでした。「死者の復活のことを聞くと、ある者たちはあざ笑い、ほかの者たちは、『このことについては、またいつか聞くことにしよう。』と言った。」(使徒17:32)とあります。
 けれどもイエス・キリストの復活がなければキリスト教が生まれませんでした。弟子たちの歩みを説明することもできません。イエスは復活後にご自身を弟子たちに何度も現わされます。一人にだけなら幻と言うこともできるかもしれませんが、「その後、キリストは五百人以上の兄弟たちに同時に現れました。その中の大多数の者は今なお生き残っています・・・。」(Ⅰコリント15:6)と記されています。弟子たちは、キリストの復活後に聖霊に満たされ、殉教を恐れずに復活のイエス・キリストを宣べ伝えました。偽りのためにいのちを賭ける人がいるでしょうか。
またイエスは、予め十字架の死と復活を繰り返し預言しました。イエスの誕生以前に記された旧約聖書もそのことを預言しました。
 イエスは本当に十字架で苦しみ、死に、復活されたのです。イエスは、私たちの罪の贖いのために十字架で死に、死を打ち破り復活することを通してイエスを救い主として信じる者に永遠のいのちを約束されたのです。
 あなたもイエス・キリストを今も生きている神、救い主として受け入れませんか。
[PR]
by sayama_church | 2014-04-21 18:21 | 牧師の窓 | Comments(0)
<< 2014年4月27日(日) 2014年4月20日(日) >>