けのび 

 色々な仕事やしなければならないことが重なってお手上げの状態になることがあります。そんなときに思い浮ぶ一つのイメージがあります。「けのび」です。
 「けのび」とは、水の中で両手両足を伸ばして、水面に伏し浮きしながら前進する泳ぎの一種です。私は、まだクロールも平泳ぎもできない頃、はじめて水に身を任せて浮くことを覚え、「けのび」をすることが楽しくて仕方がない時期がありました。確か小学生の3,4年の頃だったと思います。「けのび」のコツは、全身の力を抜き、水の流れに身を任せることです。
 どういう訳か、仕事が忙しくなったり、どうにも自分の力では解決できそうもない困難が重なったりするとこの「けのび」が想い出されるのです。そして、主イエス様に呟くように祈ります。「イエスさま、どうぞ助けて下さい。私は、今どうにもなりません。」すると、不思議なように何とかなるのです。もうダメかなと思っても、振り返ると何とかなっているのです。そのようなことが何度もありました。
 聖書には「あなたの道を主にゆだねよ。主に信頼せよ。主が成し遂げてくださる。」(詩篇37:5)とあります。全身の力を抜いて水に身を委ねるように、主に信頼することを、もっと深く学びたいと願うことです。
[PR]
by sayama_church | 2014-04-27 20:04 | 牧師の窓 | Comments(0)
<< 2014年5月4日(日) 2014年4月27日(日) >>