聖 霊

 T教会の礼拝堂には、講壇の真後ろに「聖霊満堂」という大きな額が掲げられています。聴衆からは真正面です。ときどき、十字架に代えた方が良いのではという声が上がるようですが、半世紀以上にわたるものですから、そうやすやすとは降ろせないようです。

 けれども、私個人としては、実はこの額が気に入っています。つくづく良い言葉だと感じています。と言うのは、新約の最大の恵みは、主イエスを信じる者に注がれる聖霊だと信じているからです。聖書は次のように言います。

 さて、祭りの終わりの大いなる日に、イエスは立って、大声で言われた。「だれでも渇いているなら、わたしのもとに来て飲みなさい。わたしを信じる者は、聖書が言っているとおりに、その人の心の奥底から、生ける水の川が流れ出るようになる。」これは、イエスを信じる者が後になって受ける御霊のことを言われたのである。(ヨハネ73738

 わたしは父にお願いします。そうすれば、父はもうひとりの助け主をあなたがたにお与えになります。その助け主がいつもでもあなたがたと、ともにおられるためにです。しかし、わたしは真実を言います。わたしが去って行くことは、あなたがたにとって益なのです。それは、わたしが去って行かなければ、助け主があなたがたのところに来ないからです。しかし、もし行けば、わたしは助け主をあなたがたのところに遣わします。」(ヨハネ14:16,16:7

 主イエスの受肉、十字架、復活、昇天の結果もたらされた恵みは、聖霊です。聖霊にあってこそ、神は私たちと共におられるのです。罪の赦しをいただくだけではなく、何と私たちの内なる人は聖霊によって日々キリストに似た者に造りかえられていくのです。「愛」と「きよさ」において。

 信仰生活は自分の力で歩んでいくのものではありません。聖霊の助け、力によるのです。聖霊のご支配に自らを明け渡し、委ねましょう。


[PR]
by sayama_church | 2014-07-13 19:11 | 牧師の窓 | Comments(0)
<< 2014年7月20日(日) 2014年7月13日(日) >>