できることをする

理想と現実のギャップを見て、心が沈むことはないでしょうか。困難や障害、できないことばかりを数えて、何もしないことはないでしょうか。

先日、聖書を読んでいてとても励まされたことがありました。主イエスに最後まで従った女性たちの姿です。彼女たちは、主イエスが十字架に磔にされ、葬られるのを見届けるまで主イエスのそばにいました。三日目の安息日が終わるや否や、早朝に、今度は油を塗りに墓に向かいました。墓は大きな石で塞がれており、とうてい入ることはできないにもかかわらず、それでもでかけたのです。

彼女たちの姿を見るときに、ひとつのことに気が付きます。主イエスに対する愛と感謝に突き動かされて、とにかく目の前にある今できることをしていることです。十字架のそばに居続けました。大きな石のことを考えて何もしないのではなく、とにかく墓に向かいました。できない理由を挙げ連ねて何もしないのではなく、今自分にできることをして、後は神さまにゆだねています。

 主イエスの頭に三百デナリ以上もする高価な香油を注いだベタニヤの女性もそうでした。そばにいた人たちは「何のためにこんな無駄なことをするのか」と諌めましたが、主イエスは「この女は、自分にできることをしたのです。」(マルコ14:8と喜ばれました。主イエスに対する愛と感謝がこの女性を駆り立てたのです。

 できないことばかりを数えて悲しむのではなく、できることをしませんか。主イエスを愛しているなら、主イエスのために、今できることをしましょう。できないことは主にゆだねれば良いのです。主がして下さいます。


[PR]
by sayama_church | 2014-08-17 19:31 | 牧師の窓 | Comments(0)
<< 2014年8月24日(日) 2014年8月17日(日) >>