ベストの恵み

 今は天にいる恩師の中原幸茂師から、「ベター(better)はベスト(best)の敵である。」とよく聞かされました。より良いものが、しばしば最高、最善のものを得るための妨げになるとの意味だったと思います。

確かに、私たちは良いもの、より良いもので満足して、最高、最善のものを見失うことがあります。心したいものです。

ところで、主イエスが私たちに与えてくださった救いについてはどうでしょうか。主イエスは、罪の赦し、天国の希望、永遠のいのちを与えてくださいました。私たちは、罪責感、死への恐れから解放され、真の喜び、平安を与えられました。主イエスに出会う前の自分を振り返ると、それは何と大きな恵みだったでしょう。また、子どもが親に求めるように、主イエスを通して父なる神に祈ることを知り、困難、苦難、悩みの中でどれだけ慰め、励まし、希望、解決を与えられたことでしょう。主イエスは、現実の必要、悩み、課題に応えて下さいました。

けれども、もしかしたらこれらの恵みも、ベターであって、ベストではないのかもしれません。最高の恵みのように見えても、さらにベストなるものがあるように思われます。ベストは、これらの恵みを与えてくださった主イエス・キリストご自身、そのものではないでしょうか。主イエス・キリストを私の神、私の主、私の救い主、私の友として知ったこと、そのことが最高のベストの恵みです。

あなたは、この主イエス・キリストを親しく知っていますか。この主イエス・キリストをあなたのすべてとしていらっしゃいますか。キリストがあなたの内におり、あなたはキリストの内にあることを経験していますか。


「この奥義とは、あなたがたの中におられるキリスト、栄光の望みのことです。」コロサイ127

[PR]
by sayama_church | 2014-10-27 16:24 | 牧師の窓 | Comments(0)
<< 2014年11月2日(日) 2014年10月26(日) >>