主を仰ぐ

 あけましておめでとうございます。

昨年の暮れに車を走らせていたら、大変な渋滞に巻き込まれてしまいました。追い越し車線はガラガラなので変だなと思って、車線を変更して前に進んでみると、途中で清掃局に至る道が左側に伸びていました。渋滞の理由は、何と年末の大掃除で出た粗大ゴミを運ぶ車の列だったのです。

新しい年を迎えるにあたり、それなりに私たちは準備をしたことでしょう。しかし、最大の備えは、主の前に静まり、主を仰ぐことではないでしょうか。詩聖はこう言っています。「主よ。私のたましは、あなたを仰いでいます。わが神。私は、あなたに信頼いたします。」「主よ。あなたの道を私に知らせ、あなたの小道を私に教えてください。」(詩篇25:1,2,4)

たましいが主を仰ぐ。それは私たちの願いを神にぶつけるのではなくて、神が願っていることを私たちが聴こうとする心です。聴くだけではなく、それに喜んで従おうとする心です。なぜならば、主を信頼しているからです。私たちを創造し、愛しておられる神は、私たちに最善の道を備えておられます。

新しい年を始めるにあたり、まずそうした心をもって、主の御前にひざまずこうではありませんか。


[PR]
by sayama_church | 2015-01-04 17:09 | 牧師の窓 | Comments(0)
<< 2015年1月11日(日) 2015年1月4日(日) >>