神の働きかけ

 主イエス・キリストへの信仰に導かれる道は、人それぞれ異なります。私のようにクリスチャンホームに生まれ育った人、大きな人生の挫折や苦しみから教会に導かれた人、友人を通して、キリスト教主義の学校に通っていたから、子どもの頃に教会学校に通っていたので・・・・いろいろあることでしょう。いずれにしても、罪が分かり、キリストの十字架による罪の赦しを受け入れることによって人は救われます。

 聖書は、次のように言います。「主は、・・・ひとりでも滅びることを望まず、すべての人が悔い改めに進むことを望んでおられるのです。」Ⅱペテロ3:9

神は、あらゆる方法を用いて、私たちを救いたいと願っておられるのです。

 17世紀のフランスにパスカルという人物がいました。「人間は考える葦である」という名言を残したことで有名です。彼は、信仰についてとても面白いことを言っています。「信仰とは一つの賭けである。・・・どうしても選ばなければならないなら、損害の少ない方はどちらかを見てみよう。・・・もし君が勝てば君はすべてを得る。もし君が負ければ君は何も損をしない。だからためらうことなく神はあるという側に賭けなさい。」いかにも数学者・物理学者らしい理性に訴えた勧めです。神を信じることによって失うものは何もない、むしろ生きることの意味が増し、永遠のいのちが与えられる、だから信じることに賭けてみなさい、と言うのです。

 神は、私たちの知性、感情、意志のあらゆる面に働きかけて、主イエス・キリストへの信仰を通して救いに導こうとされているのです。あなたをも!


[PR]
by sayama_church | 2015-08-08 11:51 | 牧師の窓 | Comments(0)
<< 2015年8月9日(日)のご案内 2015年8月2日(日)のご案内 >>