与える教会に

 先週、私は宣教師、牧師、伝道者のためのセミナーに参加しました。リゾートホテルを会場にして23日、一流の講師による大変内容の濃い学びであったにもかかわらず、参加費は7千円。費用の大半を韓国の「パウロ宣教会」が負担して下さいました。

パウロ宣教会は、韓国の全州にあるアンテオケ教会の牧師であった李東輝師によって主イエス様の「それゆえ、あなたがたは行って、あらゆる国の人々を弟子としなさい。・・・」(マタイ2819の大宣教命令を実践するために創設された団体です。中心のアンテオケ教会は、会堂や備品にはなるだけお金を掛けずに質素にして、教会会計の多くを世界宣教に捧げました。その結果、20122月の統計では88か国に375名の宣教師を派遣し、日本でも、現在24名の宣教師が働いています。

ところで、主イエスはこのように言われました。「受けるよりも与えるほうが幸いである。」(使徒2035) 劇場やホールのような近代的な大きなりっぱな会堂が至る所にある韓国にあって、昔ながらの会堂を建て替えもせず、教会の献金のほとんどを世界宣教のために捧げたアンテオケ教会の姿勢には頭が下がります。

狭山キリスト教会も、豊かに与える教会、宣教のために捧げる教会、宣教師、伝道者、牧師を生み出し、派遣し、支える教会、日本宣教、世界宣教の拠点となる教会になれたらどんなにすばらしいことでしょう。そのような願いと祈りを強くもって帰ってきました。


[PR]
by sayama_church | 2015-10-13 20:41 | 牧師の窓 | Comments(0)
<< 2015年10月18日(日)のご案内 2015年10月11日(日)のご案内 >>