大いなる希望

 よみがえりの主の御名を心から賛美いたします。先週の日曜日にイースターを祝いしましたが、改めてイースターの意味を考えるときに、次の御言葉が心に通ってきました。「なぜなら、もしあなたの口でイエスを主と告白し、あなたの心で神はイエスを死者の中からよみがえらせてくださったと信じるなら、あなたは救われるからです。」ローマ10:9

 私は長い間、神がイエスを死者の中からよみがえらせてくださったことを信じることが、どうして私の救いに結びつくのかが分かりませんでした。それでこの御言葉を人にお伝えするときは、イエスを主と告白するということに強調をおいていました。

 けれども、ある時からこの御言葉は私にとって大きな力となりました。恐らく、人は正直に自分を見つめるならば、イエス・キリストの十字架の贖いによって罪が赦されるのみならず罪の力からも解放されるとはとうてい信じることができないでしょう。死んだ後に魂が主と共にあるのみならず、終わりの日に栄光の体によみがえり、とこしえに神の国に住まうなど想像することもできないでしょう。私たちは罪と死の支配にあることが当たり前のようになり、罪と死の支配から解放されることなど信じることができないのです。ちょうど、人が、イエスが死者の中からよみがえったことを信じることができないように。しかし、神がイエス・キリストを死者の中からよみがえらせてくださったように、神は、イエスをキリスト(救い主)と信じる人を、罪と死の支配から全能の力をもって解放してくださるのです。これが、この御言葉の意味です。

 人間にとって己の力では到底解決できない最大の問題は、罪と死です。神は、この最大の問題をイエス・キリストにあって解決してくださいました。そうであるならば、日々の生活、人生における諸問題を神は解決してくださらないことがあるでしょうか。復活のメッセージは、人生のどんな暗黒、絶望、不可能も神はキリストにあって希望に変えて下さることなのです。


[PR]
by sayama_church | 2016-04-03 20:32 | 牧師の窓 | Comments(0)
<< 2016年4月10日(日)のご案内 2016年4月3日(日)のご案内 >>