ペンテコステ

 今日は、聖霊降臨を記念するペンテコスの日です。主イエスの復活から50日目に、心を合わせて祈り待ち望む主の弟子たちに聖霊が注がれました。聖霊に満たされたペテロが説教すると、その日に3000人ほどの人が罪を悔い改め、主イエスの十字架による罪の赦しを受け入れてバプテスマを受けました。ペンテコステは教会の誕生日でもあります。

 私は、主なる神様が私たちに与えて下さる最大の賜物は、聖霊だと感じています。主イエス様は次のように言われているからです。「してみると、あなたがたも、悪い者ではあっても、自分の子どもには良い物を与えることを知っていのるのです。とすれば、なおのこと、天の父が、求める人たちに、どうして聖霊を下さらないことがありましょう。」ルカ11:13

主イエスは、ここで明らかに聖霊こそが人にとって最も良きものであると意識しています。

ところで聖霊とはいかなるお方でしょうか。聖霊は、聖なる神の霊です。自分でも目を背けたくなるような汚れた罪を赦され、神の子とされるのみならず、聖霊は私たちの内に住んでくださるのです。聖霊は、私たちの心をきよめ、造りかえます。聖霊は、私たちを教え、導きます。聖霊こそが、私たちとまことの神を知らないこの世の人とを区別する印なのです。天地万物を創造された愛と聖なる神様が、かたじけなくも、聖霊にあって罪人であった私たちと共にいてくださり、私たちを守り、支え、助けてくださるのです。

主イエスの十字架の功のゆえに、父なる神様は私たちに聖霊を与えてくださいました。聖霊は、神様に自分を全く明け渡し、ささげた人に満ちてくださいます。キリスト者は、この聖霊を自覚して生きるべきです。


[PR]
by sayama_church | 2016-05-15 18:23 | 牧師の窓 | Comments(0)
<< 受動的人間 2016年5月15日(日)のご案内 >>