障碍を持つ友

 先日、思いがけない人の訪問を受けました。かつての同僚です。二十数年前、私は会社員でした。ある時人事部に呼ばれると、そこに小柄な一人の青年がいました。「新しく入社するK君だ。独身寮に入る。君と同じ部屋になるからよろしく頼むよ。」そのように人事部長に言われて紹介されたのが、耳が聞こえず、言葉を話せない聾唖者の彼でした。

聾唖者の方と寝起きを一緒にするようになるとは、思わぬことでしたが、もっと驚いたことは彼がクリスチャンだったことでした。出身は函館ですが、所沢の国立リハビリセンターで職業訓練を受け、その時に聾唖者の教会に行くようになり、信仰をもったのでした。久しぶりに会った彼は、50歳を超えて落ち着きを増し、夫婦で教会に通い、会計担当の執事を務め、2か月に1度は説教もしているとのことでした。

 私は、これまでにいろいろな人と出会いましたが、不思議なことに聾唖者との出会いも多かったように思います。中学生の時に知り合いになった宣教師は、聾唖者伝道をしているアメリカ人で、どうしてわかりませんが、私をとても気に入り、よく聾唖者の家や聾学校に連れていってくれました。山形県で聾唖者伝道をするために引っ越した後も、ときどき我が家を訪ねては、山形に連れていってくれたものでした。

 主は私を通して何をなさろうとしているのかは分かりません。しかし、もし主の御心であるならば、ハンデイともった人のために教会として何か助けになる事業をすることができないかと、ときどき漠然と考えます。

 「わたしの上に主の御霊がおられる。主が、貧しい人々に福音を伝えるようにと、わたしに油をそそがれたのだから。主はわたしを遣わされた。」ルカ4:18


[PR]
by sayama_church | 2016-05-29 20:35 | 牧師の窓 | Comments(0)
<< 2016年6月5日(日)のご案内 2016年5月29日(日)のご案内 >>