主の臨在

 私は、今日は千葉県の木更津市にある教会に来ています。私は、これまでいろいろな教会に足を運びました。都会の教会もあれば、田舎の教会も、大きな会堂を持つ教会もあれば小さな教会もありました。けれども、教会を教会たらしめるものは、会堂の大小、人数の多少ではなくて、主の臨在です。主イエスがそこにいますと言う事実です。

主イエスは言われました。「ふたりでも三人でも、わたしの名において集まる所には、わたしもその中にいるからです。」マタイ18:19

ところで、主イエスがこの地上を歩まれたとき、多くの人々が主イエスの周りに群がっていたと聖書は告げています。特に印象的なのは、人々が見離し、疎んじていた取税人や罪人たちが大勢、主イエスと一緒に食卓を囲み、主イエスに従っていたことです。主イエスには、魅力があったのです。人々を受け入れる懐の深さがありました。そうであるならば、主イエスがいて下さる教会も、そうあるはずではないでしょうか。

 今朝も、礼拝に見えられたお一人お一人が、賛美、祈り、そして聖書の御言葉を通して、主の臨在に触れることができますように、罪の赦しを受け、傷つき、疲れ、損なわれた心、魂、肉体が癒され、新しくされますように、平安といのちと力に満たされて新しい一週間に向かって立ち上がることができますように、導きを求めている方には導きが与えらますように、心からお祈りいたします。「主よ、あなたのもとに来たあなたの民を祝福してください。そしてまた新たな神の民を起こしてください。」


[PR]
by sayama_church | 2016-07-31 20:24 | 牧師の窓 | Comments(0)
<< 2016年8月7日(日)のご案内 2016年7月31日(日)のご案内 >>