敬老の日

明日は、敬老の日です。昨今は健康寿命が延びてお元気なお年寄りが多いので、「老」という言葉を充てられることに違和感を抱かれる高齢者の方々も多いかと思いますが、長い間、人生を歩んで来られた方々に尊敬を込めて心から「おめでとうございます。」と申し上げたいと思います。

「老」は「考」から来ていると何かの文章で読んだことがあります。そうすると、老人は、本来は「考える人」「思慮深い人」「賢い人」の意味なのかもしれません。

ところで、聖書に次のような御言葉があります。ヨシュアは年を重ねて老人になった。主は彼に仰せられた。「あなたは年を重ね、老人になったが、まだ占領すべき地がたくさん残っている。」(ヨシュア13:1

若い頃から主に従い、イスラエルを導いたヨシュアは、今や年を重ねて老人になりました。気力も体力も衰える年齢です。しかし主なる神様がヨシュアに言われたのは、「あなたには、まだしなければならないことがたくさん残っている。」でした。

人間の世界では、「引退」「隠居」という言葉がありますが、神の御前にはありません。私たちは神の御前に生涯現役であり、最後の一息まで歩むべき道、成し遂げるべき働き、御国に相応しく成長すべき霊的、人格的領域が神によって備えられているのです。例えどんなに年を重ねて肉体が弱ったとしても、神を称え、賛美し、これまでの人生経験に立って後の世代のためにとりなしの祈りをささげていただけたら、どんなにすばらしいことでしょうか。


[PR]
by sayama_church | 2016-09-18 20:21 | 牧師の窓 | Comments(0)
<< 2016年9月25日(日)のご案内 2016年9月18日(日)のご案内 >>