年の初めに

明けましておめでとうございます。最近は、私が子どもの頃に比べて街の雰囲気にお正月らしさをそれ程感じないようになってきました。また、お正月の休みもそこそこに職場に出なければならない人が増えているような気がいたします。

それでも、ほとんどの人が年の初めには、たとえ漠然としたものであっても目標や計画を立てたり、夢を描いたりするのではないでしょうか。これからの見通しが立たずに、予想される困難や課題の大きさに押し潰されそうな気持ちになったり、何となく不安を抱えている人もいらっしゃるかもしれません。

ところで聖書には次のような御言葉があります。「私は山にむかって目を上げる。私の助けは、どこから来るのだろうか。私の助けは、天地を造られた主から来る。主はあなたの足をよろけさせず、あなたを守る方は、まどろむこともない。・・・主は、すべてのわざわいから、あなたを守り、あなたのいのちを守られる。主は、あなたを、行くにも帰るにも、今よりとこしえまでも守られる。」詩121

ここに聖書は、天地万物を創造された真の神がおられて、私たちを助け、守って下さることを教えています。神のひとり子であるイエス・キリストの十字架の贖いのゆえに、人は罪の赦しを受け、真の神を呼び求め、祈ることができるようになるのです。人間の知恵や力には限りがあります。新しい年を始めるにあたって、まず神を礼拝し、イエス・キリストの名によって祈りを捧げてみませんか。


[PR]
by sayama_church | 2017-01-02 17:35 | 牧師の窓 | Comments(0)
<< 2017年1月8日(日)のご案内 2017年1月1日(日)のご案内 >>