生きるとは

「生きること」をどのように理解しておられますか。そんなことを考える余裕などない。毎日、生活するのがやっとだ。そんな方が多いのも事実かもしれませんが。

 主イエスは、こんなたとえを話されました。主人が3人の僕に、それぞれ5タラント、2タラント、1タラントを託して旅に出かけた。すると5タラントを預かった人は商売をしてもう5タラントを儲け、2タラントの人も2タラント儲けた。ところが1タラントの人は穴を掘り、土に埋めた。清算のときになって主人は、5タラントと2タラントの僕をほめ、「よくやった。良い忠実なしもべだ。あなたは、わずかな物に忠実だったから、私はあなたにたくさんの物を任せよう。主人の喜びをともに喜んでくれ。」(マタイ25:21と言ったが、1タラントの僕には「悪いなまけ者のしもべだ。」(同25:26と叱った。彼はもっていた1タラントも取り上げられてしまった。

この物語は、私にとりまして「生きるとはどういうことか」を考える上で大きな助けになりました。生きるとは、神から与えられ、託されている肉体、賜物(才能、能力)、時間、財などを用いて新しい何かを生み出していくことです。生み出す物の内容や性質は人によって異なります。しかし、人は創造者なる神の似せて造られたのですから創造し、生み出すことに喜びを感じるはずです。神に祈り、導きと助けを得ながら、考え、努力、工夫して、人のためになるものを生み出していくのです。それが神の栄光を現すことにつながるのではないでしょうか。失敗や挫折をしてもあきらめてはなりません。

実は1タラントも労働者の約20年分の給料にあたる大金でした。そんな大金を持ちながら、彼は他人と比べて卑屈になり、何もしませんでした。人生を棒にふったのです。他人と比べてはなりません。今、私たちに与えられているものを探し、見出し、生かし、用いることです。それが生きることです。


[PR]
by sayama_church | 2017-02-19 15:47 | 牧師の窓 | Comments(0)
<< 2017年2月26日(日)のご案内 2017年2月19日(日)のご案内 >>