信仰生活 

 主イエスが復活されて、ご自身を弟子たちに現わされた主の日を覚えて、本当にようこそ礼拝にお集まり下さいました。私は、木更津の教会で礼拝を捧げていますが、狭山の教会の間中に復活のキリストがお立ちくださり、お一人お一人が主にお会いし、罪の赦し、希望、慰め、癒し、希望、喜び、力を受けることができますようにとお祈りしています。

 信仰生活とは、復活のキリストとともに歩むことです。聖書にこうあります。「主が私たちのために死んでくださったのは、私たちが、目ざめていても、眠っていても、主とともに生きるためです。」Ⅰテサロニケ5:10

 主イエスの十字架の苦しみと死によって、私たちの罪は赦され、主イエス・キリストとの交わりに入れられました。(Ⅰコリント1:9)主イエスとともに生きるものとされたのです。ここには、人を生かす大きな喜び、いのち、力があります。

 私は、罪を悔い改めて主イエスを受け入れたときに、主イエスが共にいて下さる喜びと平安を経験しました。残念ながら、その後の歩みにおいては、主イエスご自身ではなくて、主イエスが与えてくださる地上的祝福に心を奪われていた時期が長くありました。そのようなときは、他人と比べて落ち込んだり、時には優越感に浸ったりのアップダウンの激しい歩みだったように思います。

 しかし、やがて信仰者の喜びは、主イエスとともに生きること、そのものにあることが分かるようになりました。さながら、花嫁が、夫が持っている財産ではなく、夫の存在そのものを喜びとするように。復活の主はあなたと共におられます。


[PR]
by sayama_church | 2017-05-28 20:15 | 牧師の窓 | Comments(0)
<< 2017年6月4日(日)のご案内 2017年5月28日(日)のご案内 >>