ペンテコステ礼拝 

 今日は、ペンテコテ礼拝です。主イエスの十字架、復活、昇天の後に神の霊である聖霊が、待ち望んでいた弟子たちに降り、彼らは聖霊に満たされました。このことを記念し、それだけではなく、現在主イエスを信じている私たちにも聖霊が与えられていることを確認し、さらに主イエスに自分自身を明け渡し、捧げるならば、聖霊に満たされる恵みがあることを覚えるときでもあります。

 聖書はこう語ります。「あなたがたのからだは、あなたがたのうちに住まわれる、神から受けた聖霊の宮であり、あなたがたは、もはや自分自身のものではないことを知らないのですか。あなたがたは、代価を払って買い取られたのです。ですから自分のからだをもって、神の栄光を現わしなさい。」(Ⅰコリント6:1920

 私たちを造られた神は、私たちのただ中に住み、親しい関りを持ちたいと願っています。それで、旧約時代には契約の箱を与えて、荒野では幕屋、カナンに定住するようになっては神殿を通して、神の民の中に臨在されました。やがて神の御子キリストは受肉して、人の間に住まわれましたが、十字架の死による罪の贖いと復活、昇天の後には、聖霊において主イエスを信じる一人一人の内に神はお住まいになるようになったのです。これが驚くべき新約の恵みです。

 主イエスを信じているならば、あなたの内にも聖霊が住まわれています。しかし、「聖霊が住まわれる」と「聖霊に満たされる」は違います。主イエスを信じた後も自分勝手に生きることもできます。願わくは、聖霊の宮としての自覚を持ち、神に自分を全く明け渡して生きるキリスト者でありたいものです。そこには大きな祝福があります。


[PR]
by sayama_church | 2017-06-04 13:32 | 牧師の窓 | Comments(0)
<< 2017年6月11日(日)のご案内 2017年6月4日(日)のご案内 >>