キリスト教信仰の醍醐味

キリスト教信仰の醍醐味は何でしょうか。そのことを問われたら何と答えるでしょうか。聖書に次のように御言葉あります。

「主が私たちのために死んでくださったのは、私たちが、目ざめていても、眠っていても、主とともに生きるためです。」Ⅰテサロニケ5:10

現代は、本当に目まぐるしい、刺激の多い時代です。私たちの目や耳は、テレビ、新聞、雑誌、スマホからの洪水のような情報に絶えずさらされ、心は真新しい出来事を追いかけて、いつも何となく忙しく生活しています。一体、どれだけのクリスチャンが「今、私が、ここに、主とともに存在していること」を喜んでいるでしょうか。

人間の幸いは、聖書を読む限りは間違いなく、物や出来事にあるのではなく(何かを得たということにあるのではなく)、「交わり」にあります。唯一の真の神が父・御子・聖霊の三位一体の交わりの中にあるように、私たちも神との交わりの中に生きるときに幸福なのです。そこに、いのちと喜びがあります。そこは神の国です。主が私たちのために死んで下さったのは、まさに「主とともに生きるため」なのです。

主とともに生きる人は、人との交わりを喜びます。こうして神の国は広がるのです。キリスト教信仰の醍醐味は、この主とともにある「交わり」にあるのです。


[PR]
by sayama_church | 2017-11-18 07:35 | 牧師の窓 | Comments(0)
<< 2017年11月19日(日)のご案内 2017年11月12日(日)のご案内 >>