牧師研修会

 先週は、年に一回もたれる、日本宣教会の牧師研修会に行きました。講師に来て下さったのは、山形県の大江町で長いこと伝道されてきた大内秀子先生でした。31歳のときに、もう一人の婦人伝道者と二人で遣わされ、29年間、人口1万人にも満たない町で、主に身を捧げて、たんたんと神と人に仕えられた方です。田舎で、しかも独身で、ずっと主に仕えられたという事実だけで、私は感銘を受けてしまいました。
 地方は、仏教や古い因習が強く、そこで伝道をしていくことは大変であったと思います。先生方は、赴任されてまず隣組に入られたそうです。私たちの自治会にあたるのでしょうが、それよりももっと密なかかわりのようです。葬儀になると隣組の総出となります。もちろん、仏式の葬儀でしょう。そこで裏方の食事作りなどを手伝いながら、地域に溶け込んでいかれたそうです。
 写真を見せていただきましたが、今は畑に囲まれた300坪ほどの土地に、明るく柔らかい感じの素敵な会堂と、隣には保育園が建っています。多くの方々が礼拝に集われています。地方ではお墓は大きな問題ですので、りっぱな教会墓地もあります。
 私は、真実に主に身を捧げ神と人に仕えていくときに、主が救われるべき人を送って下さり、教会は建っていくのだということを教えられました。教会(建物の意味ではありません。キリストの体としての教会です。)を建てて下さるのは主です。私達は、主に身を捧げ主の導きに従うのみです。主はこの狭山の地にもどんな教会を建ててくださるのでしょうか。楽しみです。
 「わたしはこの岩の上にわたしの教会を建てます。」 マタイ16:18
[PR]
by sayama_church | 2007-11-27 11:03 | 牧師の窓 | Comments(1)
Commented by クトゥファン at 2007-12-07 16:09 x
クロスマップに掲載されていますが、
クロスマップは、統一協会系のクリスチャントゥデイが運営しています…

『クリスチャン新聞』 2007年5月27日号
「創設者は来臨のキリスト?『クリスチャントゥデイ』カルト疑惑追求の救世軍少佐に損害賠償請求」
http://www.mediamax.com/23_/Links/924C56385E (←DL可。但し、鯖落ち多発)

『クリスチャン新聞』 2007年6月3日号
「クリスチャントゥデイのカルト疑惑本紙報道に抗議」
http://jpnews.org/pc/modules/xfsection/article.php?articleid=1340

『リバイバル新聞』 2007年6月3日号
「「クリスチャントゥデイ」救世軍少佐に賠償請求」
http://www.mediamax.com/23_/Links/924C56385E (←DL可。但し、鯖落ち多発)

『キリスト新聞』
「クリスチャントゥデイが賠償請求 救世軍少佐に一千万円」
http://www.kirishin.com/news/n2007_06_2e.html
<< 聖霊のバプテスマ すべてのことを益に >>