<   2008年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

宗教法人化に向けて

   今、宗教法人の認証の手続きを私たちの教会は進めています。どうして、宗教法人格を得ようとするのかと申しますと、大きく3つの理由があります。 
  ひとつは、教会堂および土地の名義を教会名で正式に登記できるからです。これが一番の理由です。現在の名義人は牧師である私となっていますが、これを本来の名義人である「日本宣教会 狭山キリスト教会」とすれば、将来にわたって無用なトラブルが起こることが避けられると思われます。今一つは、固定資産税の免除など税制上の優遇を受けられるからです。そして、もう一つは、必要ならば市街化調整区域に教会堂を建てる開発申請をすることができるからです。例えば、教会裏の駐車場は市街化調整区域のために、仮にその土地を購入して、現会堂を拡げる増改築をしようとしても、新たな建物を建てようとしても、現状ではできません。またこのあたりは、広い土地は市街化調整区域が圧倒的に多いです。法人格を持つことは、将来の会堂問題に備えることになります。
  法人化すると、今より教会事務の仕事が増え、整えるべきことも多くでてくるでしょう。ゆくゆくは、事務スタッフも必要となるに違いありません。主の助けをいただきながら、一つ一つ乗り越えさせていただきましょう。
  願わくは、私たちの教会がこの世にあって、公正明大であり、しかも地の塩・世の光としてのこの世に影響を持ち続けることができますように。

    「あなたがたは、地の塩です。・・・世界の光です。」マタイ5:13,14
[PR]
by sayama_church | 2008-07-29 20:48 | 牧師の窓 | Comments(0)

7月27日(日)のご案内

 7月27日(日)のご案内

◆ 主日礼拝  午前10:30~11:45
  
   説教 「神はあなたとともにおられる。」 創世記21:22~34
                               小坂 嘉嗣牧師

     * 並行して、子どもチャペルがあります。

◆ 愛餐会&部会  正午~午後1:00

   青年会、女性会(あたたまる会、白百合の会)、男性会(ヨシュア会)に分かれて、
   お食事と交わりのときがあります。

◆ 夕礼拝   午後6:30~7:10

   説教 「希望の中を生きる」  ヨハネ9:1~12
                               小坂 嘉嗣牧師
                              
[PR]
by sayama_church | 2008-07-26 12:29 | 今週/来週の案内 | Comments(0)

永遠のいのちに生かされて

 いよいよ本格的な暑さとなりました。皆さん、いかがお過ごしでしょうか。さすがに、私は、あまりの暑さに、一日を終えるとぐったりです。          
 しかしその一方で、不思議な思いも抱いています。体がどんなに疲れても、心の深いところでは、主イエス様がしっかりと私を支え、強め、潤いを与えてくださっていることを感じるのです。主イエス様を知っている皆さんにとっても同じだと思います。本当にありがたいことです。
 ところで、聖書は主イエスを信じる者には、≪永遠のいのち≫が与えられると言っています。ヨハネ3:16に「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。」とあります。
  この≪永遠のいのち≫とは何でしょうか。もちろん、肉体の死後にも神と共に生き続ける≪いのち≫でありますが、同時に今も神と共に生きる≪いのち≫なのです。ヨハネ17:3には「永遠のいのちとは、彼らが唯一のまことの神であるあなたと、あなたが遣わされたイエス・キリストとを知ることです。」とあるからです。「・・・イエス・キリストとを知る」とは、原意では人格的に知る、交わりの意ですから、永遠のいのちは、神との交わりとも言うことができるのです。神との交わりの中に私たちを生かす命があるのです。
 この夏も、神との交わりの中に命の輝きと潤いをもって生きていきましょう。
[PR]
by sayama_church | 2008-07-20 19:22 | 牧師の窓 | Comments(0)

7月20日(日)のご案内

                  7月20日(日) のご案内

◆ ウェルカム礼拝  午前10:30~11:45

     説教:  偽りからの自由   イザヤ43:1~4
           
           Japanese International Harvest Church
           (日本インターナショナルハーベスト教会) 
           牧師 生方義憲師

    ウェルカム礼拝は、新しい方やクリスチャンでない方、あるいは以前教会に通っていた    けれども今は行っていない・・・そんな方々を大歓迎する礼拝です。
    
    メッセンジャー(説教者)は、アメリカのミズーリ州セントルイスで伝道している生方義憲
    牧師です。

    ぜひ、どうぞ期待してお出かけください。

◆ 夕礼拝   午後6:30~7:10

     説教: イエスは神です。  ヨハネ8:48~59
             
                      小坂嘉嗣牧師
[PR]
by sayama_church | 2008-07-17 21:06 | 今週/来週の案内 | Comments(0)

ある朝のデボーションの恵み

 「ひとりのみどりごが、私たちのために生まれる。ひとりの男の子が、私たちに与えられる。主権はその肩にあり、その名は、『不思議な助言者、力ある神、永遠の父、平和の君』と呼ばれる。その主権は増し加わり、その平和は限りなく・・・」イザヤ9:6,7
 
  ある朝、デボーションを持っている時、この御言葉に大きな慰めと励ましをいただきました。言うまでもなく、これは主イエスの誕生のおよそ700年前にイザヤによってなされたメシア預言です。クリスマスのときによく読まれるところです。しかし、その時は、今の私への主のお声として心に響いてきました。
 そのとき、私は様々な仕事と重荷のために少し疲れを感じていました。ところが、主は、一切の責任をその肩に負っているのは、実は私ではなく、主イエスであることを示されたのです。
 F.B.マイアーは、ここを次のようにコメントしています。
我らの救主キリストの肩。それは、いかに強く、たくましく、頼もしいものでしょうか。私たちを問題ごと背負われる救主キリストの大きな肩!自分ひとりでは負いきれない自分の人生を、「不思議な助言者、力ある神、永遠の父、平和の君」と呼ばれる神におゆだねする喜びを知る者は幸いなるかな。
 私たちの関係する仕事や生活の領域は、年とともに広がり、複雑になります。でも主の主権も増し加わるのです。何たる感謝!
[PR]
by sayama_church | 2008-07-13 19:50 | 牧師の窓 | Comments(0)

 洗礼と聖餐

 今日は、聖餐式が行われる礼拝の日です。私たちの教会は、毎月一回、第一主日の礼拝に聖餐式を守っています。
 教会には二つの礼典があります。洗礼(バプテスマ)と聖餐です。この二つは、主イエス・キリストがそれを行うように命じられたので、聖礼典と呼び、大変重んじています。聖礼典は、目に見えない神の恵みを目に見えるものに表したものと言えましょう。信仰をもってそれに与るならば、必ず神の恵みを受けます。それが主のお心だからです。
 主イエスは、「信じてバプテスマを受ける者は、救われます。」(マルコ16:16)と言われました。洗礼は、罪の洗いと新生を表しています。私たちが天地万物の創造者なる神を真心から信じ、神の前における自分の罪を悔い改め、私たちの罪の身代わりとなって十字架に磔にされ、死んで、復活された御子イエス・キリストを救い主として信じてバプテスマを受けるならば救われます。 
 主イエスは、また「わたしを覚えて、これを行いなさい。」(Ⅰコリント11:24)と聖餐を命じられました。私たちは、聖餐のたびに主イエスの十字架と復活の事実を思い起こします。そして今もこの時、主イエスにあって、罪の赦しと聖霊による永遠の命に生かされていることを確認するのです。
 聖礼典には信仰を持って与るべきです。そうすれば、それは私たちを主イエスに結びつけ、信仰に立たせ、導き、養う、恵みとなります。
[PR]
by sayama_church | 2008-07-07 12:35 | 特別行事 | Comments(0)

7月6日(日)のご案内

       7月6日(日)のご案内

 ◆ 主日礼拝  午前10:30~11:45
     
        説教   「いと小さき者をも」 創世記21:8~21
                      
                            小坂嘉嗣牧師

           * 並行して子どもチャペルがあります。

 
  ◆ 夕   拝  午後6:30~7:10
 
        説教   堀口容子伝道師


        どなた様でどうぞお気軽にお出かけください。心から歓迎いたします。
[PR]
by sayama_church | 2008-07-05 10:44 | 今週/来週の案内 | Comments(0)