<   2009年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

礼拝のこころえ①

 今日も、ご一緒に礼拝をささげることができますことを感謝いたします。主イエスは、「ふたりでも三人でも、わたしの名において集まる所には、わたしもその中にいるからです。」(マタイ18:20)と言われました。また、ヘブル書には「ある人々のように、いっしょに集まることをやめたりしないで、かえって励まし合い、かの日が近づいているのを見て、ますますそうしようではありませんか。」(ヘブル10:25)とあります。ですから、主の初めの1時間少々のときを、私たちは大切にしたいと思うのです。
 時々、礼拝は牧師の説教を聞きに行くところと考えている方がおられます。確かに礼拝の中心に説教はありますが、それは正しい考えではありません。礼拝は、神様と出会い、神様と交わりをもつ時です。神様の臨在に身を置く時なのです。 
 私の祖母は、主イエス様にお会いしに礼拝に行くのだと言っていました。日曜日には、いつもより朝早くに起きて、着物を着て身支度を整えていました。晩年になると、遅刻してはいけないと、前日に支度をして着物姿で横になっていました。その姿は、礼拝を重んじ、礼拝を中心に生活しているそのものでした。
 私たちは、さんび、祈りを通して、主をたたえ、主に近づきます。み言葉を通して、主と交わりをもちます。献金を通して、主の恵みと愛に応答します。
 「主を待ち望む者は新しく力を得、鷲のように翼をかって上ることができる。走ってもたゆまず、歩いても疲れない。」(イザヤ40:31)とあります。今日も新しい力と命をいただく礼拝となりますようにお祈りいたします。
[PR]
by sayama_church | 2009-06-28 21:08 | 牧師の窓 | Comments(0)

6月28日(日)のご案内

 主日礼拝  午前10:30~11:45   
      
      説教 : 神は罪びとを食卓に招かれる。   創世記43:25~34

                                    小坂 嘉嗣牧師

   ・並行して子どもチャペルがあります。どうぞお子様連れでもご安心して
    お出かけ下さい。
  
 コーヒーアワー    参加費無料
     ~ 現役の婦人科専門医による講演会 ~
        「本当は怖い更年期の話」  
                          馬場一憲医師
      
◆  夕 拝  午後6:30~7:10    
   
      説教 : 永遠のいのちとは。   ヨハネの福音書17:1~8
 
                                     小坂 嘉嗣牧師
    
            *************** 
                               

   ・ 教会は、どなたでも(クリスチャンでない方でも)おいでいただける
     ところです。信仰を強制されることは一切ありません。
   ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、あくまで自由献金です。
   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。
   ・ 一週の最初を礼拝で始めることは、必ず祝福となります。
  
   ・ お車でお越しの方は、教会の裏に広い駐車場が準備されています。

     
      どうぞどなた様でもお気軽にお出かけください。心から歓迎申し上げます
[PR]
by sayama_church | 2009-06-27 20:35 | 今週/来週の案内 | Comments(0)

天の父

 今日は、父の日です。普段は仕事に忙殺されて幾分影が薄くなりがち(?)な父親もこの日ばかりは、少々胸をはれるのではないでしょうか。
 父の日の起こりは、1909年にアメリカのドット夫人が、亡き父を記念しての礼拝を、父親の誕生日の6月に牧師にお願いして持ってもらったことだそうです。ドット夫人の父親は、妻に先立たれた後、男手一つで6人の子どもを育てました。彼女はそうした父に深く感謝の心を抱いたのでしょう。
 ところで、主イエスは、天地を創造された神を「天の父」「天におられるあなたがたの父」「あなたの父」と私たちに紹介して下さいました。聖書にこうあります。
天の父は、悪い人にも良い人にも太陽を上らせ、正しい人にも正しくない人にも雨を降らせてくださるからです。(マタイ5:45)
あなたは・・・隠れた所におられるあなたの父に祈りなさい。そうすれば、隠れた所で見ておられるあなたの父が、あなたに報いてくださいます。(マタイ6:8)

 明治時代に木村清松という牧師がいました。あるとき彼は、アメリカのナイヤガラの滝を見に行きました。傍らいた一人のアメリカ人が、「どうです、この大きな滝は」とお国自慢をしたとき、「この滝は私の父のものです。」と答えたそうです。これが大変有名になり当時のアメリカの新聞は「彼の父はナイヤガラ瀑布の持ち主である。」と写真入で彼を紹介いたしました。
 木村清松だけではなく、私たちにとりましても万物の創造者なる神は、主イエスにあって私たちの父なのです。何と驚くべき、感謝なことではないでしょうか。
[PR]
by sayama_church | 2009-06-21 19:36 | 牧師の窓 | Comments(0)

6月21日(日)のご案内

 ウェルカム礼拝  午前10:30~11:45   
      
      聖書のお話 : どうしたら本当の平安を得られるか。  ルカ15:1~24

                                    小坂 嘉嗣牧師

     ・ ウェルカム礼拝は、初めておいでになられる方々のために開かれています。
       教会が始めてという方、久しぶりという方、そうした方々にぴったりの集いです。
       心に響く分かりやすい聖書のお話があります。
       ぜひ、一度お出かけください。
       
     ・ ウェルカム礼拝は、小さなお友だちから年配者までみんな一緒の礼拝です。
       どうぞお子様連れでもご安心してお出かけ下さい。
  
      
◆  夕 拝  午後6:30~7:10    
   
      説教 : 勇敢でありなさい。  ヨハネの福音書16:25~33
 
                                     小坂 嘉嗣牧師
    
            *************** 
                               

   ・ 教会は、どなたでも(クリスチャンでない方でも)おいでいただける
     ところです。信仰を強制されることは一切ありません。
   ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、あくまで自由献金です。
   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。
   ・ 一週の最初を礼拝で始めることは、必ず祝福となります。
  
   ・ お車でお越しの方は、教会の裏に広い駐車場が準備されています。

     
      どうぞどなた様でもお気軽にお出かけください。心から歓迎申し上げます
[PR]
by sayama_church | 2009-06-19 12:12 | 今週/来週の案内 | Comments(0)

やさしいことば

 左耳に違和感があり、聞こえも良くないので、近くの耳鼻咽喉科に行ってみました。子どもの中耳炎で何度かお世話になったところで、中に入ると相変わらずの混みようです。子どもではなくて、今度は自分が診察を受ける破目になり、多少の不安を感じながら、言われるままに耳を差し出しました。
 「ああ、耳垢が奥に固まってこびりついていますね。これが原因です。」結局は1回では取りきれず、2回通うことになり、最後はぬるま湯を耳の中に流し込んで、耳の大掃除(?)をしました。後で看護婦さんに見せていただいたのですが、大きいのや小さいのや無数の耳垢がお湯に浮いていました。汚い話ですが・・・。
 ところで、このお医者さん、地味で物静かな方ですが、とても誠実に、謙虚に、しかも丁寧に応対してくださいました。それでこちらも本当に気持ちよく、安心して治療を受けることができました。帰るとき、思わず、「ありがとうございました。」と深々と頭を下げてしまいました。
 さて、聖書にこんな御言葉があります。「あなたがたのことばが、いつも親切で、塩味のきいたものであるようにしなさい。そうすれば、ひとりひとりに対する答え方がわかります。」(コロサイ4:6)ここで、「塩味のきいた」とは、快い、やさしい、恵みの意です。果たして、私はいつでも誰に対しても親切で丁寧だったろうかと自問したことです。お医者さんもそうであるならば、なおさら私は牧師としていつも恵みに満ちた言葉を口にするものでありたいと願わされたことです。このお医者さんも主イエス様に出会われたらと祈りたいと思います。
[PR]
by sayama_church | 2009-06-16 16:01 | 牧師の窓 | Comments(0)

6月14日(日)のご案内

 主日礼拝  午前10:30~11:45   
      
      説教 : 安心しなさい。恐れてはならない。   創世記43:16~25

                                    小坂 嘉嗣牧師

   ・並行して子どもチャペルがあります。どうぞお子様連れでもご安心して
    お出かけ下さい。
  
      
◆  夕 拝  午後6:30~7:10    
   
      説教 : 祈りと喜び   ヨハネの福音書16:17~24
 
                                     小坂 嘉嗣牧師
    
            *************** 
                               

   ・ 教会は、どなたでも(クリスチャンでない方でも)おいでいただける
     ところです。信仰を強制されることは一切ありません。
   ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、あくまで自由献金です。
   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。
   ・ 一週の最初を礼拝で始めることは、必ず祝福となります。
  
   ・ お車でお越しの方は、教会の裏に広い駐車場が準備されています。

     
      どうぞどなた様でもお気軽にお出かけください。心から歓迎申し上げます
[PR]
by sayama_church | 2009-06-13 07:19 | 今週/来週の案内 | Comments(0)

十字架と復活

 キリスト教の中心は、十字架と復活です。主イエスは、私たちの罪の《ために》十字架で死に、三日目に復活されました。聖書はこう言います。「キリストは、聖書の示すとおりに、私たちの罪のために死なれたこと、また、葬られたこと、また、聖書に従って三日目によみがえられたこと・・・」(1コリント15:3,4)「彼は、私たちのそむきの罪のために刺し通され、私たちの咎のために砕かれた。」(イザヤ53:5)私たちは、主イエスの十字架と復活を信じることによって罪の赦しと永遠の命を受けます。これは、聖書の約束であり、確かなことです。
 しかし、同時に聖書は、キリストの十字架と復活のもっと深い意味を語っています。それは、私たちは信仰によってキリストとつぎ合わされ、結びついた者であり、私たちはキリストと《共に》十字架に死に、新しい命に復活したということです。これこそがクリスチャンの本質です。パウロは言います。「私はキリスとともに十字架につけられました。もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。」(ガラテヤ2:20)「もし私たちが、キリストにつぎ合わされて、キリストの死と同じようになるなら、必ずキリストの復活とも同じようになるからです。私たちの古い人がキリストとともに十字架につけられたのは、罪のからだが滅びて、私たちがもはや罪の奴隷でなくなるためであることを、私たちは知っています。」(ローマ6:5,6) 
 私たちは、キリストの十字架によって肉と罪の支配にあった古い人に死に、キリストの復活によりキリストとともにある新しい人とされたのです。このことを、信仰をもって受け止めようではありませんか。
[PR]
by sayama_church | 2009-06-09 20:19 | 牧師の窓 | Comments(0)

6月7日(日)のご案内

◆  主日礼拝(聖餐式礼拝)  午前10:30~11:45   
      
      説教 : すべてを主にゆだねるとき   創世記43:1~15

                                    小坂 嘉嗣牧師

   ・並行して子どもチャペルがあります。どうぞお子様連れでもご安心して
    お出かけ下さい。
  
      
  夕 拝  午後6:30~7:10    
   
      説教 : 助け主なる聖霊(2)  ヨハネの福音書16:1~16
 
                                     小坂 嘉嗣牧師
    
            *************** 
                               

   ・ 教会は、どなたでも(クリスチャンでない方でも)おいでいただける
     ところです。信仰を強制されることは一切ありません。
   ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、あくまで自由献金です。
   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。
   ・ 一週の最初を礼拝で始めることは、必ず祝福となります。
  
   ・ お車でお越しの方は、教会の裏に広い駐車場が準備されています。

     
      どうぞどなた様でもお気軽にお出かけください。心から歓迎申し上げます
[PR]
by sayama_church | 2009-06-05 21:31 | 今週/来週の案内 | Comments(0)

妻を愛する 

 先日、いつものようにキングスガーデン(軽費老人ホーム)の礼拝のご奉仕に出かけたときのことです。礼拝が終わって、皆さんに挨拶しながらチャペルの戸口に向かって歩いていると、背中が丸くなり、足取りも弱々しい一人のご婦人の手を取りながら、労わるように前を進んでいる男性が目に入りました。見ると、最近知り合いになったT牧師でした。
 「先生、こんにちは。奥様ですか?」と尋ねると、「はい、そうです。家内にはこれまでにさんざん世話になりましてね。教会を開拓したときに保育園も始めたのですよ。家内にはずっと保育園の責任をもってもらいました。」
 T牧師は、80歳手前と言っても声に張りがあり大きく、背筋もピンと伸びて、足取りも軽やかです。教会の働きは引退したそうですが、未だ方々から招かれて御用に駆け回っています。奥様はと言うと、若いときから苦労をして、体を酷使したのでしょうか、ご主人の介助がなければ不自由なご様子でした。声も小さくほとんど聞き取れませんでした。目だけが優しく輝いているのが印象的でした。
 私は、お二人の姿を見ながら、何となく心が温かくなるような気持ちになりました。そして、自分の普段の家内に対する行状を省みたことです。聖書によるならば、夫婦の関係はキリストと教会の関係に例えられるほど、清く尊いものです。あのように年を取りたいものだと思ったことです。
「夫たちよ。キリストが教会を愛し、教会のためにご自身をささげられたように、あなたがたも、自分の妻を愛しなさい。」エペソ5:25
[PR]
by sayama_church | 2009-06-01 15:10 | 牧師の窓 | Comments(0)