<   2009年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

元旦礼拝のご案内

◆ 2010年元旦礼拝

      2010年1月1日(金) 10:30~11:45

      説教 : 神のみこころに生きる。  ローマ12:1~2

                              小坂 嘉嗣師 

    *************** 
                               
   ・ ぜひ、お子様もご一緒に、ご家族でお出かけください。

   ・ どなた様も歓迎いたします。どうぞ気軽にお出かけください。
    クリスチャンではない方も多く見えられています。
    信仰を強制されることは一切ありません。

   ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、あくまで自由献金です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。
     
   ・ 教会の裏に広い駐車場があります。 
[PR]
by sayama_church | 2009-12-30 16:38 | 特別行事 | Comments(0)

恐れないで語り続けなさい。

 2009年が暮れようとしています。1年を振り返っていかがでしたか。振る返る余裕もなく、毎日が忙しく、目の前のことで頭が一杯であるというのが、私を含めた多くの方々の正直なところかもしれません。
 私たちの教会は、今年は「恐れないで、語り続けなさい。黙ってはいけない。わたしがあなたとともにいるのだ。だれもあなたを襲って、危害を加える者はない。この町には、わたしの民がたくさんいるから。」(使徒18:9,10)の御言葉をいただいて、《この町にはわたしの民がたくさんいる》を教会標語にして歩んでまいりました。
 感謝なことに、多くの兄姉たちが主イエスを救い主と信じるクリスチャンであることを証しされて、何人もの方々が新しく教会に足を運んでくださいました。また、教会のHPやブログをご覧になってお出でになられた方もいらっしゃいました。恐らく、毎月どなたかが新しく来会されたのではないでしょうか。
 今、日本ではクリスチャンであることのゆえに迫害されることはありません。一方では、社会は益々生きづらくなっています。毎年、自ら命を絶つ人は3万人を越えています。精神的、肉体的、物質的な重荷に喘いでいる人はどれほど多いことでしょうか。私たちは黙っていてはいけません。「涙とともに種を蒔き、種入れをかかえ泣きながら出て行」(詩篇126:5,6)って主イエスを紹介すべきです。多くの人たちが主イエスを必要としているのですから。
[PR]
by sayama_church | 2009-12-28 08:41 | 牧師の窓 | Comments(0)

12月27日(日)および2010年元旦のご案内

◆ 12月27日(日)のご案内

    主日礼拝 午前10:30~11:45 
    夕   拝 午後6:30~7:10 
      
           

◆ 2010年1月1日(金) 
    元旦礼拝 午前10:30~11:45
  
         
                                                                  
            *************** 
                               
   ・ ぜひ、お子様もご一緒に、ご家族でお出かけください。

   ・ どなた様も歓迎いたします。どうぞ気軽にお出かけください。
    クリスチャンではない方も多く見えられています。
    信仰を強制されることは一切ありません。

   ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、あくまで自由献金です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。
     
   ・ 教会の裏に広い駐車場があります。 
[PR]
by sayama_church | 2009-12-26 08:57 | 今週/来週の案内 | Comments(0)

イヴ・キャンドル礼拝

  イヴ・キャンドル礼拝のご案内
 
             12月24日(木)  午後7:00~8:00

    どなた様もどうぞお出かけください。
[PR]
by sayama_church | 2009-12-21 15:35 | 特別行事 | Comments(0)

羊飼いへの福音

 クリスマスおめでとうございます。主イエスのご降誕を記念するクリスマスは、今や世界中でお祝いされていますが、最初のクリスマスの晩はどうだったのでしょうか。
 聖書によるならば、主イエスの誕生に駆けつけたのは御使いのお告げを受けた羊飼いだけでした。不思議に思いませんか?どうして御使いは、羊飼いたちにだけ現れ、この喜びの知らせを伝えたのでしょうか。
 羊飼いは当時の社会では大変低く見られている人たちでした。ローマ皇帝アウグストの勅令で国中が住民登録のために慌ただしかったのに、彼らは全くの蚊帳の外でした。社会的な人数に入っていなかったのです。このように世の価値観では最も小さく、目に留まらない人々に主イエスの誕生の喜びが真っ先に伝えられました。
 このことは、神様はこの世の目に留まらない人、取るに足らない、見下されている人、小さな人を覚えておられることを教えているのではないでしょうか。私は、以前、自分の存在のちっぽけさを感じ、嘆き、悲しんだことがありましたが、主は、そんな私を励まし、導いてくださいました。
 もし、弱さ、痛み、傷、限界に心重くしている人がいらっしゃったら、クリスマスはそんな私たちを神さまは覚えておらえることをの印です。
   「きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりました。」ルカ2:11
[PR]
by sayama_church | 2009-12-21 15:29 | 牧師の窓 | Comments(0)

12月20日(日)ご案内

◆ クリスマス礼拝 午前10:30~11:45 / 夕  拝 午後6:30~7:10 
      
      説教 : 私たちのためのクリスマス
                                マタイ1:18~25
                        
                                  小坂 嘉嗣師

◆ クリスマス祝会  午後12:30~2:00
  
         
                                                                  
            *************** 
                               
   ・ ぜひ、お子様もご一緒に、ご家族でお出かけください。

   ・ どなた様もどうぞお気軽にご参加ください。クリスチャンではない方も多く見えら
    れています。信仰を強制されることは一切ありません。

   ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、あくまで自由献金です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。
     
   ・ 教会の裏に広い駐車場があります。
[PR]
by sayama_church | 2009-12-18 22:19 | 今週/来週の案内 | Comments(0)

キリストの犠牲

 クリスマスを迎えるたびに考えさせられることがあります。それは主イエス・キリストの犠牲です。十字架も犠牲ですが、クリスマスも犠牲です。なぜなら。神が人となられたのですから。
 聖書にはこうあります。「キリストは、神の御姿であられる方なのに、神のあり方を捨てることができないとは考えないで、ご自分を無にして、仕える者の姿をとり、人間と同じようになられたのです。」(ピリピ2:6,7)
 人は、受けることは喜びますが与えることは好みません。自分の権利を主張しますが手放すことは考えません。悲しみ、苦しみにある人に同情し、涙を流し、励ますことはできても、自分の特権、立場を犠牲にしてまで寄り添うことはしません。それが、私たちの姿です。けれども、キリストは神から離れ、暗きに迷う罪びとを救うために神の御姿、神のあり方を捨てられたのです。
 聖書はこうも言っています。「あなたがたは、私たちの主イエス・キリストの恵みを知っています。すなわち、主は富んでおられたのに、あなたがたのために貧しくなられました。それは、あなたがたが、キリストの貧しさによって富む者となるためです。」(Ⅱコリント8:9) 
 私たちはキリストによって救われました。キリストの愛と犠牲によって救われたのです。そうであるならば、救われた者は、自己中心な生き方を捨てて、神のため、人のために自分を捧げて生きるべきではないでしょうか。
[PR]
by sayama_church | 2009-12-15 21:25 | 牧師の窓 | Comments(0)

12月13日(日)のご案内

◆ 主日礼拝   午前10:30~11:45  
      
      説教 : イエス・キリストによるクリスマス物語
                                ヘブル10:5~7
                        
                     日本宣教会監督   小坂 礼輔師

◆ 子どもクリスマス会  午後2:00~3:30
  
   ~ギター・ピアニカ・グロッケン・トイピアノを駆使しての楽しいコンサート~
  
      ゲスト : コパン (堀井栄治&祥子)

   他に聖誕劇、クリスマスプレゼント・・・。 参加費無料。

      
◆  夕 拝  午後6:30~7:10  
   
      説教 : 小坂 嘉嗣師
                                                                  
            *************** 
                               
    ・ 朝の主日礼拝では、並行して子どもチャペルがあります。
     ぜひ、お子様もご一緒に、ご家族でお出かけください。

   ・ どなた様もどうぞお気軽にご参加ください。クリスチャンではない方も多く見えら
     れています。信仰を強制されることは一切ありません。

   ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、あくまで自由献金です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。
     
   ・ 教会の裏に広い駐車場があります。
[PR]
by sayama_church | 2009-12-11 20:56 | 今週/来週の案内 | Comments(0)

アドベント

 クリスマスが近づき、アドベントを過ごしています。この時期は、年末と重なり、何かと慌ただしくなりがちです。私も以前会社勤めをしていましたが、12月は仕事の整理に加えて忘年会などもあり、心せわしい毎日でした。
 しかし、だからこそこの時期は、努めて心静かなときを持つように努めるべきではないでしょうか。少なくとも、毎週の主日礼拝を守り、わずかな時間でも毎日デボーションのときを持ちたいものです。
 私がデボーションに用いている本にこのようなことが記されていました。「アドベントは人生の優先順位がどのようになっているのか格別な注意を払うべき時です。クリスマス・プレゼントを買うこと、家族で共に過ごすこと、教会のクリスマス行事も大切です。しかしクリスチャンにとってこの期間の最優先事項は、私たちと共に住むために天より降って来られたインマヌエルであられるイエス・キリストとの交わりです。」(デニス・キンロー著「エマオの道で」)
 人生において最も幸いであることは、「神が私と共におられる」という事実を覚えることです。神から離れ、罪と孤独の中をさ迷っていた私たちを救うために神のひとり子であるキリストはこの地に人の子となって降られ、私たちの罪を負い、十字架の苦しみを受けられました。この主がよみがえられて、今も私たちと共におられるのです。この事実を深く味わうアドベントでありますように。

 「見よ。処女がみごもっている。そして男の子を産む。その名はインマヌエルと呼ばれる。訳すと、神は私たちとともにおられる、という意味である。」マタイ1:23
[PR]
by sayama_church | 2009-12-07 18:56 | 牧師の窓 | Comments(0)

12月6日(日)の予定

◆ 主日礼拝   午前10:30~11:45  /  夕 拝   午後6:30~7:10         
      説教 : 激動する世界にあって   ダニエル7:1~18
                        
                                小坂 嘉嗣師
   
◆ クリスマス・コンサート  ~やさしい歌声とフルートの調べ~
     
    ゲ ス ト  JOIN(上野有&直子)
    主な曲目  ホワイトクリスマス   Silver Bells 
            主よ人の望みの喜びを  他

    入場無料
                                                                  
            *************** 
                               
    ・ 朝の主日礼拝では、並行して子どもチャペルがあります。
     ぜひ、お子様もご一緒に、ご家族でお出かけください。

   ・ どなた様もどうぞお気軽にご参加ください。クリスチャンではない方も多く見えら
     れています。信仰を強制されることは一切ありません。

   ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、あくまで自由献金です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。
     
   ・ 教会の裏に広い駐車場があります。
[PR]
by sayama_church | 2009-12-05 14:36 | 今週/来週の案内 | Comments(0)