<   2010年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

夕があり、朝があった。

 先日、聖書を読んでいて一つの聖句に大変慰められました。それは、これです。「こうして夕があり、朝があった。」(創世記1:5,8,13,19,23,31) 
 実に聖書においては、夕から朝に移るのであって、朝から夕になるのではないのです。これは意味深長です。F・Bマイアーはここを次のようにコメントしています。「人は朝から夕にかけて活動します。朝日に包まれて働き出し、やがてたそがれの中に肩を落として帰ります。人ばかりか、すべての被造物は希望の中に躍り出し、次第に暗闇を背負って老い衰えていきます。しかし、創造主の日は夕から始まります。夕影の中から、夜陰を通じて、光明は次第に蓄積され、時々刻々、その輝きを発してゆくのです。人の計画は笛や太鼓で花々しく幕をあけながら、やがて声もとだえて消え去ります。しかし、神のご計画は暗黒のただ中から始められ、次第に明るさを増していきます。今日、失意のどん底にある者よ、この神の創造の御手を、あなた人生に認めよ。そして、いっさいの終わりの日に輝きわたる大栄光のほどを望み見よう!」
 キリスト者は、いつも望みに生きることができるのです。神の愛のご支配がすべてにあることを受けとめていくとき、例え、今暗黒の只中に置かれていても、やがて希望の朝が来ることを知っているのだから。
[PR]
by sayama_church | 2010-06-27 23:02 | 牧師の窓 | Comments(0)

6月27日(日)のご案内

◆ 主日礼拝  午前10:30~11:45 / 夕礼拝  午後6:30~7:10    
     
    説 教  神のみ御住まい 
                              詩篇132篇                                                
                                 小坂嘉嗣牧師

   ・ どなた様でもどうぞお気軽にお出かけください。心から歓迎申し上げます。
     クリスチャンではない方も多く見えられています。信仰を強制するような
     ことは一切ありませんのでご安心ください。

   ・ 朝の主日礼拝では、並行して楽しい子どもチャペルもありますので小さな
     お子さまも一緒に参加できます。

   ・ 夕礼拝の説教は、朝の礼拝の説教とほぼ同じ内容となります。

   ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、あくまで自由献金ですので
     お心のないときはそのままスルーしていただいて結構です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

   ・ 教会の裏に広い駐車場がありますのでお車でお越しいただくこと
     もできます。
   
   ・ 朝の主日礼拝では車の送迎をしています。詳しくは教会までお尋ねください。
                           ℡04(2956)5973
[PR]
by sayama_church | 2010-06-26 20:07 | 今週/来週の案内 | Comments(0)

永遠を想う

 世良田みぎは師が天に召されました。長年の間、同師を存じているものとして、やはり訃報の知らせを受けたときは、心に悲しみを感じました。ましてや、ご家族にとりましてはその痛みはいかなるものかと思います。
 ご葬儀は、身内の方々を中心に密葬のような形でなされましたが、私も加えていただきました。初めて車で行く場所でしたので、散々道に迷ってしまいましたが、どうにかこうにか出棺に間に合うことができました。棺に納められたお顔は、やつれた様子もなく穏やかで眠っているようでした。
 64歳での死は少し早すぎるようには見えます。けれども永遠の神様の目から見たら90歳も64歳も変わりのないものなのではとフッと感じました。みぎは師は、主の前の人生を全うされたのだと思います。
 人の死に出会うとき、永遠ということを考えさせられます。やがて自分も神の前に立つときがくるのだという厳粛な気持ちにさせられます。人生は短いです。罪を赦してくださった主イエスの十字架を仰ぎながら、御霊に導かれた悔いのない人生を歩みたいものです。  

「私は勇敢に戦い、走るべき道のりを走り終え、信仰を守り通しました。今からは、義の栄冠が私のために用意されているだけです。かの日には、正しい審判者である主が、それを私に授けてくださるのです。」Ⅱテモテ4:7
[PR]
by sayama_church | 2010-06-25 08:32 | 牧師の窓 | Comments(0)

6月27日(日)のご案内

◆ 主日礼拝  午前10:30~11:45 / 夕礼拝  午後6:30~7:10    
     
    説 教  もうひとりの父 
                              マタイ6:6~9                                                
                                 小坂嘉嗣牧師

   ・ どなた様でもどうぞお気軽にお出かけください。心から歓迎申し上げます。
     クリスチャンではない方も多く見えられています。信仰を強制するような
     ことは一切ありませんのでご安心ください。

   ・ 朝の主日礼拝では、並行して楽しい子どもチャペルもありますので小さな
     お子さまも一緒に参加できます。

   ・ 夕礼拝の説教は、朝の礼拝の説教とほぼ同じ内容となります。

   ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、あくまで自由献金ですので
     お心のないときはそのままスルーしていただいて結構です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

   ・ 教会の裏に広い駐車場がありますのでお車でお越しいただくこと
     もできます。
   
   ・ 朝の主日礼拝では車の送迎をしています。詳しくは教会までお尋ねください。
                           ℡04(2956)5973
[PR]
by sayama_church | 2010-06-19 12:47 | 今週/来週の案内 | Comments(0)

自分を神に捧げる

 私は、ある時から毎朝のように一つの祈りを主に捧げるようになりました。それは「主よ。今日もあなたの僕として私自身をお捧げいたします。」という祈りです。イエスを主として仰ぎ、自分を捧げ、イエスのご支配の中に生きることは、すばらしい恵みです。
 さて、聖書にはこんな御言葉があります。「そういうわけですから、兄弟たち。私は、神のあわれみのゆえに、あなたがたにお願いします。あなたがたのからだを、神に受け入れられる、聖い、生きた供え物としてささげなさい。それこそ、あなたがたの霊的な礼拝です。」ローマ12:1
 私たちは、罪を悔い改め、十字架に架かられた主イエスを救い主として信じることによって救われました。罪が赦され、神の子とされました。神の御霊が与えられました。けれども、その後の歩みにおいては、キリストを心と生活の隅に追いやり、相変わらず自分本位に生きてはいないでしょうか。イエスを主と告白しながら、実は自分を主として、イエスを自分の願いをかなえてくれる僕のようにしてはいなでしょうか。そこには祝福はありません。キリストの命の輝きはありません。 
 自分自身を神に捧げ、イエスを主と崇めませんか。イエスに従いませんか。それは自由と喜びと平安な人生です。
[PR]
by sayama_church | 2010-06-17 21:03 | 牧師の窓 | Comments(0)

6月13日(日)のご案内

◆ 主日礼拝  午前10:30~11:45 / 夕礼拝  午後6:30~7:10    
     
    説 教  魂の安らぐとき 
                         詩篇131篇                                                
                                 小坂嘉嗣牧師

   ・ どなた様でもどうぞお気軽にお出かけください。心から歓迎申し上げます。
     クリスチャンではない方も多く見えられています。信仰を強制するような
     ことは一切ありませんのでご安心ください。

   ・ 朝の主日礼拝では、並行して楽しい子どもチャペルもありますので小さな
     お子さまも一緒に参加できます。

   ・ 夕礼拝の説教は、朝の礼拝の説教とほぼ同じ内容となります。

   ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、あくまで自由献金ですので
     お心のないときはそのままスルーしていただいて結構です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

   ・ 教会の裏に広い駐車場がありますのでお車でお越しいただくこと
     もできます。
   
   ・ 朝の主日礼拝では車の送迎をしています。詳しくは教会までお尋ねください。
                           ℡04(2956)5973
[PR]
by sayama_church | 2010-06-11 18:54 | 今週/来週の案内 | Comments(0)

年を重ねる

 父が入院いたしました。もともと不整脈という心臓に持病があるのですが、今回はそれが原因で血栓が生じて脳梗塞を引き起こしたようです。今のところは、症状は軽く、言語に問題が出ていますが、リハビリで回復するだろうと医者から言われています。それにしても、若い頃から鍛え上げた息子たちよりも逞しい体をベットに横たえている姿を見たとき、年を重ねることは一つの試練だなと感じました。
 私たちはだれもが、やがては老いていかなければなりません。これは悲しい現実です。しかし、聖書はこうした私たちに慰めと励まし、希望を語っています。詩聖は「年老いた時も、私を見放さないでください。私の力の衰え果てたとき、私を見捨てないでください。」(詩篇71:9)と祈り、イザヤ書には「あなたがたがしらがになっても、わたしは背負う。わたしはそうしてきたのだ。なお、わたしは運ぼう。わたしは背負って、救い出そう。」(イザヤ46:4)と約束されています。またパウロは希望に満ちて叫びます。「ですから、私たちは勇気を失いません。たとい私たちの外なる人は衰えても、内なる人は日々新たにされています。」(Ⅱコリント4:16)
 年を重ね、肉体的に衰えや弱さを感じる私たちを主は心に留めて下さいます。弱さを感じる私たちをだれよりも顧みてくださるは主なのです。
[PR]
by sayama_church | 2010-06-08 16:39 | 牧師の窓 | Comments(0)

6月6日(日)のご案内

◆ 主日礼拝  午前10:30~11:45 / 夕礼拝  午後6:30~7:10    
     
    説 教  深い淵から主を呼ぶ                                              
                          小坂嘉嗣牧師

   ・ どなた様でもどうぞお気軽にお出かけください。心から歓迎申し上げます。
     クリスチャンではない方も多く見えられています。信仰を強制するような
     ことは一切ありませんのでご安心ください。

   ・ 朝の主日礼拝では、並行して楽しい子どもチャペルもありますので小さな
     お子さまも一緒に参加できます。

   ・ 夕礼拝の説教は、朝の礼拝の説教とほぼ同じ内容となります。

   ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、あくまで自由献金ですので
     お心のないときはそのままスルーしていただいて結構です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

   ・ 教会の裏に広い駐車場がありますのでお車でお越しいただくこと
     もできます。
   
   ・ 朝の主日礼拝では車の送迎をしています。詳しくは教会にお電話をください。
                       ℡04(2956)5973
[PR]
by sayama_church | 2010-06-04 22:21 | 今週/来週の案内 | Comments(0)