<   2010年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

8月1日(日)のご案内

 主日礼拝  午前10:30~11:45 / 夕礼拝  午後6:30~7:10    
     
    説 教  この宝を土の器の中に     Ⅱコリント4:7~18                                              
                                 小坂嘉嗣牧師

   ・ 初めての方、大歓迎! どなた様でもどうぞお気軽にお出かけください。
     クリスチャンではない方が多くく見えられています。
     信仰を強制するようなことは一切ありません。

   ・ 朝の主日礼拝では、並行して楽しい子どもチャペルもあります。
     どうぞお子さま連れの方も安心してお出かけください。

   ・ 夕礼拝の説教は、朝の礼拝の説教とほぼ同じ内容となります。

   ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

   ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
   ・ 朝の主日礼拝では車の送迎もしています。詳しくは教会までお尋ねください。
                           ℡04(2956)5973
[PR]
by sayama_church | 2010-07-31 17:44 | 今週/来週の案内 | Comments(0)

説教 

 以前から礼拝で黙示録からの講解説教を始めたいとの思いながらも、なかなか踏み出せないでいます。と申しますのはある種の恐れと戸惑いがあるからです。果たしてこの難解な書を一人一人の生活にあてはめて、生きる命、ちから、慰めに結び付けるように解き明かせるだろうかと言うものです。もちろん、それは神の御言葉である聖書に対する疑義ではなく、解き明かす説教者である私自身の力量に対するものであります。
 けれども「この預言のことばを朗読する者と、それを聞いて、そこに書かれていることを心に留める人々は幸いである。時が近づいているからである。」(黙示録1:3)との言葉を読むとやはり一度はこの書を礼拝で真正面から取り上げなければとの思いを抱きます。
 それにしても、私はこれまでに少なく数えても一千以上の説教をしてきました。ときには、何を伝えるべきなのか語るべきメッセージがつかめずに、またメッセージが与えられてもそれをどのように話したらよいか構想がまとまらずに少し大袈裟に言うと七転八倒の苦しみをすることがしばしばあります。
 そんな経験を通して、2つのことを学んだように思います。一つは、説教者は説教を通して神を礼拝しているのだということです。もう一つは、説教は自分の力ではなく神様の働きであるということです。説教原稿が整わずもうダメだと思い、ただ主にすがるような祈りだけを持って講壇に立つこともありますが、そのようなときこそは、不思議に主は力と言葉を与えて下さいます。
 できたら近いうちに黙示録からの説教を始めたいと準備をしています。どうかお祈りください。
[PR]
by sayama_church | 2010-07-25 22:14 | 牧師の窓 | Comments(0)

7月25日(日)のご案内

◆ 主日礼拝  午前10:30~11:45 / 夕礼拝  午後6:30~7:10    
     
    説 教  弱いときにこそ強い     Ⅱコリント12:1~10                                              
                                 小坂嘉嗣牧師

   ・ 初めての方、大歓迎! どなた様でもどうぞお気軽にお出かけください。
     クリスチャンではない方が多くく見えられています。
     信仰を強制するようなことは一切ありません。

   ・ 朝の主日礼拝では、並行して楽しい子どもチャペルもあります。
     どうぞお子さま連れの方も安心してお出かけください。

   ・ 夕礼拝の説教は、朝の礼拝の説教とほぼ同じ内容となります。

   ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

   ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
   ・ 朝の主日礼拝では車の送迎もしています。詳しくは教会までお尋ねください。
                           ℡04(2956)5973
[PR]
by sayama_church | 2010-07-24 08:48 | 今週/来週の案内 | Comments(0)

たんたんと 

 私は、「たんたん」という言葉が好きです。物事にすぐに熱くなったり、冷めたりせずに、変わることなく、たんたんと忠実に自分のなすべきことをしていくという生き方が好きです。実際、そのように歩んでいるかどうかは?ですが。
 パウロは、人生の途上に「私が自分の走るべき行程を走り尽くし、主イエスから受けた、神の恵みの福音をあかしする任務を果たし終えることができるなら、私のいのちは少しも惜しいとは思いません。」(使徒20:24)と言い、殉教を前にした晩年には「私が世を去る時はすでに来ました。私は勇敢に戦い、走るべき道のりを走り終え、信仰を守り通しました。今からは、義の栄冠が私のために用意されているだけです。」(Ⅱテモテ4:6-8)と語りました。
 注目すべきは、パウロが自分の人生を「走るべき行程」「走るべき道のり」と言っていることです。果たして私たちは、自分の人生において何をすべきか、どのように生きるべきかという確固たるものをもっているのでしょうか。
 主は、パウロだけではなく私たちにも「走るべき行程」「走るべき道のり」を備えているはずです。そこを、柔らかな春の日差しの降り注ぐような時にも、冷たい寒風の冬のような逆境の時も、うまくいっているように見えても見えなくても、喜びの日にも失望のときも、たんたんと歩み、日々自分のなすべきことを行っていく、私はそのような人生に憧れます。
[PR]
by sayama_church | 2010-07-22 21:20 | 牧師の窓 | Comments(0)

7月18日(日)のご案内

◆ ウエルカム礼拝  午前10:30~11:45 / 夕礼拝  午後6:30~7:10    
     
    説 教  婚礼の礼服     マタイ22:1~14                                               
                                 小坂嘉嗣牧師

   ・ 初めての方、大歓迎! どなた様でもどうぞお気軽にお出かけください。
     クリスチャンではない方が多くく見えられています。
     信仰を強制するようなことは一切ありません。

   ・ 朝の主日礼拝では、並行して楽しい子どもチャペルもあります。
     どうぞお子さま連れの方も安心してお出かけください。

   ・ 夕礼拝の説教は、朝の礼拝の説教とほぼ同じ内容となります。

   ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

   ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
   ・ 朝の主日礼拝では車の送迎もしています。詳しくは教会までお尋ねください。
                           ℡04(2956)5973
[PR]
by sayama_church | 2010-07-16 22:29 | 今週/来週の案内 | Comments(0)

世の光たれ!

 今日は、参議院選挙の日です。民主党が政権を取ってからの初めての選挙で、国民がどのような評価が下すのか注目されます。
 ところで、昔、片山哲(1887~1978年)というクリスチャン宰相がいました。清廉潔白で、平和を愛し、民主化政策を推進しました。彼は1947年(昭和22年)5月24日、片山内閣を組閣する前夜に自分の所属する富士見町教会の島村亀鶴牧師を招いて祈祷を捧げてもらいました。後にも先にも主に祈りを捧げ、主を讃美しつつ組閣した首相は、彼一人だったでしょう。
 1978年(昭和53年)5月30日に90歳で召されましたが、葬儀では彼の愛唱の賛美歌「わが罪を洗いて、雪よりも白く、したまえ」(旧賛美歌521)が歌われました。夫人の話によると、召される1週間ほど前には少年の頃に覚えた子ども賛美歌の「主われを愛す」を蒲団の中で、ひとりで歌っていたそうです。(高野勝夫著 日毎の糧としての逸話365から)
 片山哲のように神を畏れ、神に祈りを捧げる敬虔なクリスチャンの政治家が増えたらどんなにすばらしいことでしょうか。私の使命は、教会そして教会の外にいる人々に神の言葉を語ること、福音を伝えることです。直接的にこの世の産業に携わり、この世を動かすことではありません。けれども、私の仕える教会からこの世の教育、福祉、医療、実業、政治・・・などあらゆる分野で主のしもべとして、地の塩、世の光として活躍する人が大勢起こされるようにと心から祈るものです。 
   「あなたがたは、世界の光です。」マタイ5:14
[PR]
by sayama_church | 2010-07-11 17:33 | 牧師の窓 | Comments(0)

7月11日(日)のご案内

◆ 主日礼拝  午前10:30~11:45 / 夕礼拝  午後6:30~7:10    
     
    説 教  礼拝の喜び                        詩篇134篇                                                
                                 小坂嘉嗣牧師

   ・ どなた様でもどうぞお気軽にお出かけください。クリスチャンではない方も
     多く見えられています。信仰を強制するようなことは一切ありません。

   ・ 朝の主日礼拝では、並行して楽しい子どもチャペルもあります。
     どうぞお子さま連れの方も安心してお出かけください。

   ・ 夕礼拝の説教は、朝の礼拝の説教とほぼ同じ内容となります。

   ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

   ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
   ・ 朝の主日礼拝では車の送迎もしています。詳しくは教会までお尋ねください。
                           ℡04(2956)5973
[PR]
by sayama_church | 2010-07-08 22:18 | 今週/来週の案内 | Comments(0)

祈りは応えられた

こんな詩に出会いました。
  
私は神に 強さを求めた 何事かを成し遂げるために 
  すると私は弱くされた 従うことを謙虚に学ぶようにと
  私は神に 健康を求めた もっと偉大な仕事をするために
  すると私には病が与えられた 恵み深い仕事をするようにと
  私は神に 富を求めた 幸福になるために 
  すると私は貧しくされた 知恵ある者となるようにと
  私は神に 力を求めた 人々の称賛を得ようと すると私には弱さが与えられた 
自分には 神が必要であることを自覚するために
  私は神に あらゆるものを求めた 人生を楽しむために
  すると私には いのちが与えられた あらゆるものを楽しむように
  求めたものは何一つ手に入らなかったが 望んでいたものは すべて与えられた
  的外れの私の祈りにもかかわらず 神はことばにならない私の
  ほんとうの願いを聴いてくださった
  私はだれよりも 豊かな祝福を受けている 
(南北戦争時代の一兵士による)
 
 祈っても応えられないと思う人はいませんか。いいえ、神に真実に捧げられた祈りは、すべて聞かれているのです。私たちの思うところを豊かに超えて。

「私たちの願うところ、思うところのすべてを超えて豊かに施すことのできる方に・・・栄光が、世々にわたって、とこしえまでありますように」エペソ3:20
[PR]
by sayama_church | 2010-07-06 08:39 | 牧師の窓 | Comments(0)