<   2010年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

子ども会サマースペシャル≪さよなら夏休み≫2010.8.29

f0088629_23282545.jpg 恒例の子ども会サマースペシャル≪さよなら夏休み≫をいたしました。教会の玄関前、裏の駐車場で、ヨーヨーつり、コイン落とし、水鉄砲による空き缶倒し、水風船キャッチ、カキ氷、スイカ割りなどをして楽しみました。f0088629_2330340.jpgf0088629_23312522.jpg
[PR]
by sayama_church | 2010-08-30 23:31 | 教会アルバム | Comments(0)

神に従う

 先日、アメリカのワシントンで伝道されている西郷純一先生からお電話があり、訪ねてこられました。日本での聖会の講師に招かれ、ちょうど日本にいらっしゃるとのことで、私たちの教会にもお立ち寄りくださいました。
 西郷先生は久我山宣教会でしばらく副牧師をされた時代があり、当時同教会で教会学校から青年時代を過ごしていた私は、色々とご指導をいただきました。その後、アメリカに渡られ、プリンストン大学の博士課程(旧約聖書学)にまで進んで研鑽を積み、以後はアメリカで開拓伝道を始めて、在米30年ほどになられますが、お話をしていると、昔とちっともお変りになられないとしみじみと感じました。
 「変わらない」とは、信仰の基盤、土台に関して、です。西郷先生も私も中原幸茂先生のご薫陶を受けて育ちました。中原先生は「神を畏れる」「神の細き声に従う」「狭い道を歩む」「認罪、悔い改め、信仰」「ささげ切った生活」「謙遜、従順、忍耐」「訓練」・・・などを繰り返して語られましたが、それは今の私の信仰生活の基礎となっていますが、西郷先生もそうなのだと感じました。
 今、アメリカの教会は、いわゆる「深みのないキリスト教」になっているとのことです。講壇からは「キリストに自分を捧げて生きる」ように勧めるメッセージはほとんど語られず、人間中心主義のキリスト教に堕しているとのことです。そのために教会に人が集まっても、その人の心と生き方は何にも変わらず、社会に何の変革、インパクトを与える力とはなっていないそうです。
 アメリカ云々ではなく、私たちはどうかと考えさせられました。私たちの群れが、主イエスを信じ、主イエスに従う教会であらせていただきたいと祈るばかりです。

 「神を恐れよ。神の命令を守れ。これが人間にとってすべてである。」(伝道者の書12:13)
[PR]
by sayama_church | 2010-08-30 22:26 | 牧師の窓 | Comments(0)

8月29日(日)のご案内

◆ 主日礼拝  午前10:30~11:45
   
   説 教  栄光のキリストと教会   ヨハネ黙示録1:9~20

             小坂嘉嗣牧師



◆ 子ども会  午後2:00~3:30

   夕涼み会~さよなら夏休み


   スイカ割り、ヨーヨーつり、空き缶たおし、かき氷、コイン落とし・・・

   夏休みの最後を楽しく!!!!   どなたでもどうぞ!!!!

   参加費:100円


                                             
◆ 夕礼拝  午後6:30~7:10                                     
   
    説教: 小坂嘉嗣牧師


   ・ どなた様でもどうぞお気軽にお出かけください。
     クリスチャンではない方も多くく見えられています。
     信仰を強制するようなことは一切ありません。
     初めての方を心から歓迎申し上げます。

   ・ 朝の主日礼拝では、並行して楽しい子どもチャペルもあります。
     どうぞお子さま連れの方も安心してお出かけください。

   ・ 夕礼拝の説教は、朝の礼拝の説教とほぼ同じ内容となります。

    ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

   ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
   ・ 朝の主日礼拝では車の送迎もしています。詳しくは教会までお尋ねください。
                           ℡04(2956)5973
[PR]
by sayama_church | 2010-08-28 18:43 | 今週/来週の案内 | Comments(0)

感謝したこと

 今週、感謝に思ったことが幾つかありました。一つは、何人かの方が、礼拝や祈祷会後の暑い中を自発的に草むしりして下さったことです。わずかの時間でも、自分たちの教会という心を持って、自発的にして下さったことに感謝いたしました。二つ目は、祈祷会でのことです。ある方が、「今年のCSキャンプは市内のキャンプ場で持ったために、暑さをとても心配しましたが、主は祈りに答えて下さり、前後は猛暑でしたがキャンプの二日間だけは不思議なように涼しくして下さいました。」と証されました。鈍感で忘れっぽい私は、確かにそうだったと思い起こしながら、その証に頷く人の姿を見つつ、このように真実に祈ってご奉仕にあたって下さる方いること、また直接的にご奉仕はできなくても祈って下さった方がいたことに、感謝いたしました。三つ目は、ある方と立ち話をしていたときです。その方が、しばらく休みが続いている求道者に「どうしていますか。」とメールをして下さったというのです。小さなことかもしれませんが、他の人に対する愛の心遣いを見て、感謝いたしました。
 実は、他にも感謝したことが幾つかあるのですが書ききれないので、止めにします。いずれにしろ、牧師の足りない、行き届かないところを家内や教会員の皆さんが補って下さっていることに感謝いたします。
 教会建設は、主の業です。牧師は、一人ひとりが主に個人的に出会い、主と交わりを持ち、主の御言葉に応答して生きるように励ますことが大きな使命です。私たちの教会が、いつも主イエスを頭として仰ぎ、祈り、愛、謙遜、互いに仕え合うことを大切にする群れでありたいものです。

   「あなたがたはキリストのからだであって、ひとりひとりは各器官なのです。」
                            Ⅰコリント12:27

[PR]
by sayama_church | 2010-08-24 22:17 | 牧師の窓 | Comments(0)

8月22日(日)のご案内

 主日礼拝  午前10:30~11:45 
     
    説 教  キリスト再臨の備え   使徒1:8~11                                             
                        日本宣教会監督 小坂禮輔牧師


◆ 夕  拝  午後6:30~7:10

    説教   幸せって何ですか?       ヨハネ14:27
                               小坂嘉嗣牧師


   ・ どなた様でもどうぞお気軽にお出かけください。
     クリスチャンではない方も多くく見えられています。
     信仰を強制するようなことは一切ありません。
     初めての方を心から歓迎申し上げます。

   ・ 朝の主日礼拝では、並行して楽しい子どもチャペルもあります。
     どうぞお子さま連れの方も安心してお出かけください。

   ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

   ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
   ・ 朝の主日礼拝では車の送迎もしています。詳しくは教会までお尋ねください。
                           ℡04(2956)5973
[PR]
by sayama_church | 2010-08-21 09:34 | 今週/来週の案内 | Comments(0)

終戦記念日 

 今日は終戦記念日です。終戦と言っても、65年も経ており、若い人にはあまり実感が湧かないかもしれません。かく言う私もその一人ですが。
 戦後の日本は、ご承知のようにアメリカの圧倒的な軍事力の傘の下に平和を享受してきました。しかし、悲しいことにその平和は必ずしも日本の精神性を高めることはせず、むしろ文化、政治、社会は爛熟、退廃して、平和ぼけだと言われる始末です。さらに悲しいことは、こうした精神性の退廃を戦後の自由主義、民主主義、平和主義のせいにして、戦前の精神、国家主義の復活を説く声が大きくなってきたことです。
 何が間違っていたのでしょか。もしかしたら過去の過ちを悔い改め、けじめをつけることをしないできたご都合主義があるのではないでしょうか。妹尾河童著の「少年H」という本があります。この本は妹尾氏の自叙伝的小説です。Hは旧制中学のときに終戦を迎えます。彼は、教師たちが軍国主義から何事もなかったかのように民主主義に変わるのに反発します。本当は民主主義こそが彼の願いなのですが、何のけじめもつけずに.転向する教師に違和感を持つのです。彼は思います。「自分の今までの考えを訂正し、私は間違っていたと生徒の前で言うべきだ。それができない教師はやっぱりダメだ。」
 もしかしたら日本全体が、過去の過ちを直視して、悔い改め、けじめをつけることなく、戦勝国のアメリカが言うことだからとのご都合主義で民主主義、平和主義を受け入れてきたのではないでしょうか。悔い改めは、新しく出発するために大切なことです。もし、日本がこの点に明確に立つならば、平和を造り出す国になることができるのではないでしょうか。

    「平和をつくる者は幸いです。その人は神の子と呼ばれるからです。」マタイ5:9
[PR]
by sayama_church | 2010-08-15 20:55 | 牧師の窓 | Comments(0)

8月15日(日)のご案内

◆ 主日礼拝  午前10:30~11:45 / 夕礼拝  午後6:30~7:10    
     
    説 教  キリストこそ私たちの平和    エペソ2:12~16                                             
                                 小坂嘉嗣牧師

   ・ どなた様でもどうぞお気軽にお出かけください。
     クリスチャンではない方も多くく見えられています。
     信仰を強制するようなことは一切ありません。
     初めての方を心から歓迎申し上げます。

   ・ 朝の主日礼拝では、並行して楽しい子どもチャペルもあります。
     どうぞお子さま連れの方も安心してお出かけください。

   ・ 夕礼拝の説教は、朝の礼拝の説教とほぼ同じ内容となります。

    ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

   ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
   ・ 朝の主日礼拝では車の送迎もしています。詳しくは教会までお尋ねください。
                           ℡04(2956)5973
[PR]
by sayama_church | 2010-08-14 17:28 | 今週/来週の案内 | Comments(0)

主はいかなる状況にも働いている! 

 私たちは、失望、悲しみ、暗黒を経験します。けれどもどんな暗闇にでも主は働いておられます。そんなことを最近感じています。
 先日、M姉のお母様が急逝しました。あまりの突然にご家族も私も大変驚き、悲しみました。けれども、記念会を教会で持つことができ、今はご主人が主イエスに心を開きつつあります。
 昨日、入院中のO姉をお見舞いいたしました。何度も大きな病を乗り越えてこられた方ですのでとても心配していました。病室に入るとご主人が、それは、それは献身的な介護をされていました。一時は大変心配の病状でしたが、感謝なことに回復に向かいつつあります。しかし、もうひとつ感謝なことは、この出来事を通して初めてご主人にお会いすることができ、言葉を交わすことができたことでした。O姉のために祈りをお捧げしたときも心を合わせてくださいました。帰り際にはこのように言われました。「これまで家内から何度か、一緒に教会に行こうよと誘われたのですが、どうしてもその気にはなれませんでした。けれども、家内が退院して元気になったら、今度は・・・」主は、O姉の病という辛いできごとの中にあって働いておられるのだと思いました。
 主はいかなる状況にあっても働いておられます。失望しないで歩んでいきましょう。

 「神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。」ローマ8:28
[PR]
by sayama_church | 2010-08-13 08:15 | 牧師の窓 | Comments(0)

8月8日(日)

◆ 主日礼拝  午前10:30~11:45 / 夕礼拝  午後6:30~7:10    
     
    説 教  イエス・キリストの黙示   黙示録1:1~8                                             
                                 小坂嘉嗣牧師

   ・ どなた様でもどうぞお気軽にお出かけください。
     クリスチャンではない方も多くく見えられています。
     信仰を強制するようなことは一切ありません。
     初めての方を心から歓迎申し上げます。

   ・ 朝の主日礼拝では、並行して楽しい子どもチャペルもあります。
     どうぞお子さま連れの方も安心してお出かけください。

   ・ 夕礼拝の説教は、朝の礼拝の説教とほぼ同じ内容となります。

   ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

   ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
   ・ 朝の主日礼拝では車の送迎もしています。詳しくは教会までお尋ねください。
                           ℡04(2956)5973
[PR]
by sayama_church | 2010-08-07 17:09 | 今週/来週の案内 | Comments(0)

 CSキャンプ

 今年のCSサマーキャンプは、韓国語、英語、フィリッピン語(タガログ語?)、日本語の飛び交う、大変国際色豊かなものとなりました。
 アメリカ人のマイケル(私たちの教会のキッズ・キングリッシュの先生)が、韓国人青年たちが明るく、元気よく、ラフで、歌ったり、踊ったりしている様子を見て、「韓国人は、アメリカ人と似ているなあ。」と言うので、そのことを韓国人宣教師に伝えると「世界中を見ても、変わっているのは日本人だけだよ。日本人だけは自己主張をしない。」と言うなど、国民性の違いなどについても考えさせられました。
 ところで、今は海外に行って、そこで教会に通い、信仰を持つ人が多いそうです。確かなデータは手もとにないので定かではないのですが、海外で洗礼を受ける日本人の数は、国内で洗礼を受ける人数とほぼ同数だという話を聞いたことがあります。恐らく、海外にいると目に見えないさまざまな束縛から解き放たれ自由になるのでしょう。問題は、そうした人が日本に戻って来ると、多くが日本の教会になじめずに、信仰から離れてしまうことです。
 私たちの教会が、どのような人にもオープンで、自由で、闊達で、神の言葉である聖書に自覚的に、自主的に応答していく気風に溢れた教会であるようにと心から願うことです。
 
「もしあなたがたが、わたしのことばにとどまるなら、あなたがたはほんとうにわたしの弟子です。そして、あなたがたは真理を知り、真理はあなたがたを自由にします。」ヨハネ8:31,32
[PR]
by sayama_church | 2010-08-02 14:40 | 牧師の窓 | Comments(0)