<   2010年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

賛美礼拝のご案内

 韓国から著名なゴスペル・コーラス・グループの《オンギジャンイ》を迎えて賛美礼拝をいたします。コンサート形式で、短い聖書からのメッセージもあります。もちろん、彼らは日本語で賛美しくださいます。どなた様でも、どうぞお気軽にお出かけください。

    とき :  10月17日(日)午前10:30~12:00

    ところ:  日本宣教会狭山キリスト教会 2階チャペル
f0088629_2048378.jpg


    入場無料。但し、席上自由献金あります。
[PR]
by sayama_church | 2010-09-29 20:49 | 特別行事 | Comments(0)

内に力をいただく

「どうか父が、その栄光の豊さに従い、御霊により、力をもって、あなたがたの内なる人を強くしてくださいますように」エペソ3:16 
 
 力の「源」について、ここでは「御霊により」ということばで表現されています。霊的な力をいただくことについて、二つの考え方があります。一つは内側にある力を伸ばしていくという考え方、もう一つは外側からそれをいただくという考え方です。前者はいわば自己実現です。「隠れた資質を目覚めさせ、内側の力を発揮させよ」というものです。しかしこの考え方には限界があります。自己から始まるので、自己が持つ資質以上にはならないということです。パウロがここで祈り求めた力は、内側から来るものではなく「与えられて自分のものになるもの」、「発達させるもの」ではなく「受け取るもの」です。ですから限界がありません。神さまが人に与えてくださるものだからです。
 この力の「領域」は、「内なる人」ということばで表現されています。この内なる人は外側に現れてきます。もし内なる生活が弱くて混乱していれば、その弱さと混乱は外側の生活に現れます。聖霊はまさに内なるところで働かれる力ある方です。御霊は私たちの内なる深いところに力を与えてくださる方です。
 聖霊に満たされた前と後で人がどのくらい違うかは、帆船と蒸気船ほどに違いがあると言ってよいと思います。帆船は環境や状況に左右されます。風が吹けば前に進みますが、風が止めば船は進みません。蒸気船は「内側の動力」で動きます。内側に力があり、風という助けなしでも前に進みます。帆船クリスチャンは「環境に追い立てられている」クリスチャンです。他方、蒸気船クリスチャンは、「御霊に動かされている」クリスチャンです。(ジョン・T・シーモンズ著「新しい朝に」から)
 
 私たちも御霊に満たされ御霊よって内なる人を強くしていただきましょう。
[PR]
by sayama_church | 2010-09-26 21:05 | 牧師の窓 | Comments(0)

9月26日(日)のご案内

◆ 主日礼拝 午前10:30~11:45
夕 拝 午後 6:30~ 7:10 
   
     
    説 教 この世に生きるキリスト者の戦い 

  黙示録2:12~17   小坂嘉嗣牧師

   ・ どなた様でもどうぞお気軽にお出かけください。
     クリスチャンではない方も多くく見えられています。
     信仰を強制するようなことは一切ありません。
     初めての方を心から歓迎申し上げます。

   ・ 朝の主日礼拝では、並行して楽しい子どもチャペルもあります。
     どうぞお子さま連れの方も安心してお出かけください。

   ・ 夕礼拝の説教は、朝の礼拝の説教とほぼ同じ内容となります。

    ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

   ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
   ・ 朝の主日礼拝では車の送迎もしています。詳しくは教会までお尋ねください。
                           ℡04(2956)5973
[PR]
by sayama_church | 2010-09-25 13:41 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

敬老祝福式

 9月19日(日)の朝の礼拝(午前10:30~)の中で、75歳以上の方々の祝福をお祈りし、お祝いする敬老祝福式がありました。おめでとうございます!!
 
 クリスチャンにとりましては、年を重ねることは、喜びであり、希望です。「ですから、私たちは勇気を失いません。たとい私たちの外なる人は衰えても、内なる人は日々新たにされています。」(Ⅱコリント4:16)とあるからです。

 子ども聖歌隊も賛美いたしました。f0088629_218324.jpgf0088629_2192868.jpg
[PR]
by sayama_church | 2010-09-20 20:58 | 教会アルバム | Comments(0)

敬老の日

 明日は敬老の日ですので、今日の礼拝では敬老祝福式を行います。私たちの教会では75歳以上の方々が対象となります。
 ところで高齢者と言うと聖書の中ではニコデモを思い起こします。彼は、律法を厳格に守ろうとするパリサイ人であり、ユダヤ人の指導者であり、人々に道を説く教師でありましたが、人生の終わりを目前にして天国に行くことのできる確信がありませんでした。
 このニコデモに対して主イエスが語られた言葉は有名です。「まことに、まことに、あなたに告げます。人は、新しく生まれなければ、神の国を見ることはできません。」(ヨハネ3:3)人は新しく生まれなければ、神の国に入るどころか、見ることすらできないと言われたのです。
 ニコデモは、主イエスの言われたことがよく分かりませんでした。もう一度母の胎に入って生まれることだと思ったのです。けれども、主イエスが言われたのは人間の心、霊、魂のことでした。私たちを私たちたらしめている内なる人のことです。もし私たちが自分の罪を神に言い表して悔い改め、主イエスが私の罪のために十字架を架かられたと信じるならば、神の御霊は私たちの心、内面、魂を全く新しく造り変えてしまうのです。そして新しく造りかえられた内なる人は、主イエスと共に歩むときに日々に新たにされていくのです。「ですから、私たちは勇気を失いません。たとい私たちの外なる人は衰えても、内なる人は日々に新たにされています。」(Ⅱコリント4:16)とある通りです。
 何と驚くべき福音でしょうか。あなたは新しく生まれましたか。日々に新たにされていますか。今年は、お二人のご高齢の方が主イエスを信じられたことを感謝いたします。
[PR]
by sayama_church | 2010-09-19 22:00 | 牧師の窓 | Comments(0)

9月19日(日)のご案内

◆ ウエルカム礼拝  午前10:30~11:45 
  夕 拝  午後 6:30~ 7:10     
   説 教  バルテマイ  マルコ10:46~52                                   
                    小坂嘉嗣師               
               


   ・ どなた様でもどうぞお気軽にお出かけください。
     クリスチャンではない方も多くく見えられています。
     信仰を強制するようなことは一切ありません。
     初めての方を心から歓迎申し上げます。

   ・ 朝の主日礼拝では、並行して楽しい子どもチャペルもあります。
     どうぞお子さま連れの方も安心してお出かけください。

   ・ 夕礼拝の説教は、朝の礼拝の説教とほぼ同じ内容となります。

    ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

   ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
   ・ 朝の主日礼拝では車の送迎もしています。詳しくは教会までお尋ねください。
                           ℡04(2956)5973
[PR]
by sayama_church | 2010-09-17 20:45 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

聖霊に満たされなさい。

 私たちは、新約すなわち惠の時代に生かされています。旧約の時代は、文字としての律法を行うことを通して神に近づくことができましたが、新約においては、ただ一度「キリストが傷のないご自身を、とこしえの御霊によって神におささげになったその血」(ヘブル9:14)によって、すなわち主イエスが十字架によって流された血によってすべての罪が赦され、きよめられ、神に近づくことができるとの約束に生きています。
 しかし、実は新約の惠はそれだけではないのです。旧約においては、聖霊は、特別のときに、特別の人にしか注がれませんでしたが、新約においては、すべての人に注がれるのです。主イエスはこう言われました。「祭りの終わりの大いなる日に、イエスは立って、大声で言われた。『だれでも渇いているなら、わたしのもとに来て飲みなさい。わたしを信じる者は、聖書が言っているとおりに、その人の心の奥底から、生ける水の川が流れ出るようになる。』これは、イエスを信じる者が後になってから受ける御霊のことを言われたのである。イエスはまだ栄光を受けておられなかったので、御霊はまだ注がれていなかったからである。」(ヨハネ7:37-39)ここにある「イエスの栄光」とは、主イエスの十字架、復活、昇天のことを指しています。私たちは主イエスの贖いのゆえに、主イエスを信じる者に御霊がだれにでも与えられるとの約束の時代に生きているのです。このことは、前者同様に、極めて大切な真理ですが、果たしてどれだけのクリスチャンがこのことを自覚し、自分のものとして生きていのでしょうか。
 「御霊に満たされなさい。」(エペソ5:18)との御言葉を真剣に受け止めようではありませんか。
[PR]
by sayama_church | 2010-09-14 16:06 | 牧師の窓 | Comments(0)

9月12日(日)

◆ 主日礼拝  午前10:30~11:45 / 夕礼拝  午後6:30~7:10    
     
    説 教  主の前に真実に生き続ける。   黙示録2:8~11                                             
                                 小坂嘉嗣牧師

   ・ どなた様でもどうぞお気軽にお出かけください。
     クリスチャンではない方も多くく見えられています。
     信仰を強制するようなことは一切ありません。
     初めての方を心から歓迎申し上げます。

   ・ 朝の主日礼拝では、並行して楽しい子どもチャペルもあります。
     どうぞお子さま連れの方も安心してお出かけください。

   ・ 夕礼拝の説教は、朝の礼拝の説教とほぼ同じ内容となります。

    ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

   ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
   ・ 朝の主日礼拝では車の送迎もしています。詳しくは教会までお尋ねください。
                           ℡04(2956)5973
[PR]
by sayama_church | 2010-09-11 10:04 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

祈り

 キリスト者にとって大きな祝福は、祈ることができる、祈りを聞いて下さる方を知っていることでしょう。どんなに問題、課題に囲まれても天の窓だけはいつでも開いているのです。
 先日の子ども会スペシャルで、一人の子が自転車の鍵を失くしてしまいました。いくら探しても見つかりません。しかたがないので、私が車にその子の自転車を積んで、家まで送ってあげることになりました。そのとき、ふと「鍵が出てくるようにお祈りをしたらどうか。」との思いが心をよぎったのですが、不信仰な私は、「待てよ。もしもお祈りをして、鍵が出てこなかったらどうしよう。まだ信仰を持っていないこの子は、どう思うだろうか。こんなに探して出てこないのだから。」との別の思いが湧いてきて、口にすることができませんでした。
 しかし、いよいよ自転車を車に積んで、出発する段階になり、私はどうしても祈らずにはいられなくなりました。それで、手伝って下さったMさんとその子と3人で「鍵が無事に出てきますように」と心を合わせてお祈りいたしました。最後のアーメンでは、その子もはっきりとアーメンと言ってくれました。
 けれども鍵はその後も出てきませんでした。ところが数日後に、私も忘れかけていた頃、ある方から「エプロンの中から自転車の鍵がでてきたのですが・・・」との電話があって、無事に見つかったのです。やはり、祈りは聞かれたのです。
 あまりにも、小さなことかもしれませんが、「アーメン」と心を合わせてくれたその子の祈りのことを考えると、私には大きなことでした。そして、初めにすぐに何の躊躇なく祈ることができなかった自分を恥じたことでした。どんな小さな問題でも、私たちは主を信じて祈りましょう。
  「祈りを聞かれる方よ。みもとにすべての肉なる者が参ります。」詩65:2
[PR]
by sayama_church | 2010-09-09 16:03 | 牧師の窓 | Comments(0)

9月5日(日)のご案内

 主日礼拝  午前10:30~11:45 / 夕礼拝  午後6:30~7:10    
     
    説 教  初めの愛に帰れ。   黙示録2:1~7                                             
                                 小坂嘉嗣牧師

   ・ どなた様でもどうぞお気軽にお出かけください。
     クリスチャンではない方も多くく見えられています。
     信仰を強制するようなことは一切ありません。
     初めての方を心から歓迎申し上げます。

   ・ 朝の主日礼拝では、並行して楽しい子どもチャペルもあります。
     どうぞお子さま連れの方も安心してお出かけください。

   ・ 夕礼拝の説教は、朝の礼拝の説教とほぼ同じ内容となります。

    ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

   ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
   ・ 朝の主日礼拝では車の送迎もしています。詳しくは教会までお尋ねください。
                           ℡04(2956)5973
[PR]
by sayama_church | 2010-09-04 08:34 | 礼拝のご案内 | Comments(0)