<   2010年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

10月31日(日)のご案内

◆ 主日礼拝    午前10:30~11:45
   夕  拝    午後 6:30~ 7:10 
   
     
    説 教 主に愛された教会 

            黙示録3:7~13   小坂嘉嗣牧師

   ・ 一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。
     心の安息とリフレッシュのときとなります。
     信仰を強制するようなことは一切ありませんので
     初めての方もどうぞご安心してお出かけください。

   ・ 朝の主日礼拝では、並行して楽しい子どもチャペルがあります。
     お子さま連れの方も安心してお出かけください。

   ・ 夕礼拝の説教は、朝の礼拝の説教とほぼ同じ内容となります。

    ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

   ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
   ・ 朝の主日礼拝では車の送迎もしています。(入曽駅、武蔵藤沢駅、
     お体の不自由な方のお宅)詳しくは教会までお尋ねください。
     ℡04(2956)5973
[PR]
by sayama_church | 2010-10-29 23:39 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

孫東姫勧士をお迎えして

 今日の礼拝に韓国から孫東姫勧士をお迎えいたしました。孫東姫勧士のお父様の孫良源牧師は、愛と信仰に生き、殉教されたことで知られています。
 殉教はだれにでもできることではないでしょう。また主はだれにも求めておられることでもないと思います。備えられた人がいるのだと思います。黙示録には、「神のことばと、自分たちが立てたあかしとのために殺された人々のたましい」に対して神が「あなたがたと同じしもべ、また兄弟たちで、あなたがたと同じように殺されるはずの人々の数が満ちるまで、もうしばらくの間、休んでいなさい。」と言い渡されたと記されています。(黙示録6:9~11)「あなたがたと同じように殺されるはずの人々」とあるのですから、主が殉教と言う特別な使命と賜物を与えられた人がいるのだと思います。
 私たちの多くは、殉教するようには導かれてはいないでしょう。しかし、少なくとも2つの点では殉教者たちと同じ心を持ちたいものです。一つは、最後まで主イエスに対する愛と信仰を持ち続けることです。「死に至るまで忠実でありなさい。そうすれば、わたしはあなたにいのちの冠を与えよう。」(黙示録2:10)とあります。殉教でなくても私たちも自分の魂を主にゆだねる日がやってきます。最後まで信仰を全うしようではありませんか。もう一つは、自分に与えられた十字架を負って主に従うことです。「だれでもわたしについて来たいと思うなら、自分を捨て、自分の十字架を負い、そしてわたしについて来なさい。」(マタイ16:24)人は皆負うべき十字架は異なります。殉教ではなくても私たちにも負うべき十字架はあるのです。ある人にとっては、家族のための家事かもしれませんし、ある人にとっては隣人を愛することかもしれません。自分の十字架を負って主に従っていきましょう。
[PR]
by sayama_church | 2010-10-24 21:23 | 牧師の窓 | Comments(0)

10月24日(日)のご案内

◆ 主日礼拝 午前10:30~12:00 
 
  ~ 孫東姫女史をお迎えしての特別礼拝 ~
 
  孫東姫女史の父は、韓国教会に大きな影響を与えた故孫良源(ソン・ヤンウォン)師です。孫良源師は信仰と愛に生きた人として知られています。ハンセン氏病者の教会の牧師として仕え、戦時中は日本の神社参拝の強要に抗して投獄されました。共産軍によって2人の息子を銃殺されましたが後に犯人の青年を養子として迎え、愛の原子爆弾と言われました。そして最後は朝鮮動乱のときに共産軍によって殉教いたしました。
  今回、孫東姫女史は、父親の孫良源師のお証しをしてくださいます。どうぞどなた様でもお出かけください。

◆ 夕 拝 午後6:30~7:10

    説教 : 小坂嘉嗣師


  *******************************

   ・ どなた様でもどうぞお気軽にお出かけください。
     心から歓迎申し上げます。
     クリスチャンではない方も多くく見えられています。
     信仰を強制するようなことは一切ありません。
     
   ・ 朝の主日礼拝では、並行して楽しい子どもチャペルもあります。
     どうぞお子さま連れの方も安心してお出かけください。

   
    ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

   ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
   ・ 朝の主日礼拝では車の送迎もしています。詳しくは教会までお尋ねください。
                           ℡04(2956)5973
[PR]
by sayama_church | 2010-10-23 00:17 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

オンギジャンイをお迎えして

 本日の礼拝に韓国からコーラスグループ≪オンギジャンイ≫をお迎えしましたことを感謝いたします。またお集いいただきました皆様に心から感謝いたします。
 かつて日本が韓国の人たちに与えた大きな痛みと苦しみを考えると、このように韓国の青年たちが時間的に経済的に大きな犠牲を払って日本人の魂の救いを願ってお出でくださることに頭が下がる思いです。
 私は、何人かの韓国からの宣教師の友人がいます。その一人のT師は日本にだけは宣教に行きたくはなかったそうです。身近な人にかつて日本から大きな悲しみを受けた人がいたからです。けれども宣教団体の理事長から何度もお願いされ、それを主の御心と受け止めて日本にやってきました。とても気さくで温かく、日本人を愛してよく働かれ、宣教の実も豊かに結ばれました。けれどもやがて息子が「日本の宣教のために献身をしたい。」と申し出てとき、言下に「ダメだ」と言ったのです。「日本宣教は、わたし一代で終わりだ。」と。それが彼の本音でした。心のどこかに日本に対するわだかまりが残っていたのです。しかし、主は彼に語りかけられました。キリストの愛は彼の心を溶かし始めたのです。そして、彼は涙をもって悔い改め、息子の日本宣教への献身を許したのです。日本の救いのためにこのように真実に主に向き合っている人たちがいることを覚えたいと思うのです。
 神なく、望みなく、虚しく、人生の行き着き所も分からずに、ただ目の前のことに汲汲としている日本は変わらなければなりません。創造者なる神を、私たちの罪の赦しのために御子なるキリストを十字架に架けられた愛ときよきの真の神を知らなければなりません。あなたはどうですか。
  
     「あなたの創造者を覚えよ。」(伝道者の書12:1)
[PR]
by sayama_church | 2010-10-18 20:28 | 牧師の窓 | Comments(0)

10月17日(日)のご案内

◆ さんび礼拝 朝10:30~12:00
   
  韓国からのゴスペルコーラスグループのコンサートとショートバイブルメッセージ
  があります。どだなたでもどうぞお気軽にお出かけください。    

  ゲ ス ト: オンギジャンイ(韓国のゴスペルコーラスグループ)
  ショートメッセージ: ここに愛がある。  小坂嘉嗣牧師
f0088629_20305819.jpg
 
 「オンギジャンイ」は、イエス・キリストの愛を必要としている人々に賛美を通し
 て伝えたいとの願いをもって韓国で結成された有名なコーラスグループです。
 団員は1期生から15期生までおり、厳しいオーデションの中から選ばれた彼らは、
 音楽的にも優れたクリスチャンのコーラスグループです。

              ≪お招きのことば》
 主イエス・キリストは、「すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。私があなたがたを休ませてあげます。」(マタイ11:28)と言われました。めまぐるしい生活の中で、あるいは仕事のこと、家庭のこと、人間関係からくるストレスによって私たちは疲れていないでしょうか。作家の三浦綾子さんは、「元気とは生きることへの意欲だ」と言っておられますが、そのような意味でお元気でしょうか。

 私たちの教会では、毎週日曜日の朝10:30と夕6:30から必ず礼拝を開いています。そしてこの度は、10月17日(日)朝10;30から、韓国の著名なコーラスグループのオンギジャンイをお迎えしてコンサート形式のさんび礼拝をもつことになりました。

 主イエスは「休ませてあげます。」と言われています。これはリフレッシュする、元気を回復するという意味があります。ぜひ、皆様もお出でになられて、人生の疲れを取り去り、生きる力で心が満たされる機会となさってください。

 教会は、いつでも、どなたでも(クリスチャンでない方も、しばらく教会から離れている方も)お気軽においいただける所です。

                    日本宣教会 狭山キリスト教会   牧師 小坂嘉嗣 

◆ 夕 拝  夕6:30~7:10

    説教 : 堀口伝道師   
     
   


   


  
  
[PR]
by sayama_church | 2010-10-11 20:33 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

二つの大切な転機 その2

 キリスト者は、罪を悔い改めて主イエスを信じた後に、やがて己を支配する罪の深刻さに気がついてきます。それは主イエスを受け入れながら、依然己を主として歩もうとする自我性です。主イエスを信じている事実には変わりはないのですが、主イエスにいつでも喜んで従うことはできません。また従って歩んではいません。いつも罪にまみれ、敗北しています。聖霊に満たされるどころか、聖霊の力も助けも臨在も喜びもほとんど知りません。こうしたキリスト者は多いのではないでしょうか。あなたはいかがですか。
 こうしたキリスト者に聖書は言います。「そういうわけですから、兄弟たち。私は、神のあわれみのゆえに、あなたがたにお願いします。あなたがたのからだを、神に受け入れられる、聖い、生きた供え物としてささげなさい。それこそ、あなたがたの霊的な礼拝です。」ローマ12:1 これは「自分自身を主にささげなさい。」との勧めです。しかも有無を言わせない強制的な命令ではなく、神のあわれみと愛に対しての私たちの自発的な応答としてなされるものです。「あなたがたにお願いします。」とある通りです。
 キリスト者が、いざという時に主イエスを否認して涙したペテロのように「心を尽くして、思いを尽くし、知性を尽くし、力を尽くして」主を愛することができない己の罪深さに悲しみ、絶望するとき、自分の力を頼り、主を無視して自己中心に生きることを悲しみ、放棄したいと願うとき、そして自分自身を全く主にささげ、主イエスの十字架の血潮が心の深みまできよめて下さると信じるとき、私たちは聖霊の臨在、聖霊の満たしを経験し、新しくされるのです。
 実は、これが聖書の語るキリスト者のあるべき姿です。自分自身を主にささげるとき、私たちは主のものであることが分かり、主の慕わしい愛を深く感じるのです。
[PR]
by sayama_church | 2010-10-10 22:50 | 牧師の窓 | Comments(0)

10月10日(日)のご案内

◆ 主日礼拝    午前10:30~11:45
  夕  拝    午後 6:30~ 7:10    
     
    説 教 目をさましなさい。 

            黙示録3:1~6   小坂嘉嗣牧師

   ・ どなた様でもどうぞお気軽にお出かけください。
     クリスチャンではない方も多くく見えられています。
     信仰を強制するようなことは一切ありません。
     初めての方を心から歓迎申し上げます。

   ・ 朝の主日礼拝では、並行して楽しい子どもチャペルもあります。
     どうぞお子さま連れの方も安心してお出かけください。

   ・ 夕礼拝の説教は、朝の礼拝の説教とほぼ同じ内容となります。

    ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

   ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
   ・ 朝の主日礼拝では車の送迎もしています。詳しくは教会までお尋ねください。
                           ℡04(2956)5973
[PR]
by sayama_church | 2010-10-09 08:24 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

特別礼拝のご案内

  孫東姫女史を迎えての特別礼拝のご案内


 日 時 :  10月24日(日)午前10:30~12:00

 証 者 :  孫東姫女史


 10月24日(日)の主日礼拝に韓国の孫東姫(ソン・ドンヒ)女史をお迎えしてお証をしていただくことになりました。お父様の故孫良源(ソン・ヤンウォン)師は、「愛の原子爆弾」と言われ、信仰と愛に生きた人として韓国で最も尊敬されている牧師です。ハンセン氏病者の教会の牧師として仕え、戦時中は日本の神社参拝の強要に抗して投獄され、共産軍によって2人の息子を銃殺されましたが、後に銃殺した青年を自分の養子として迎えた人でした。最後は朝鮮動乱のときに殉教されました。
 今回は、娘さんの孫東姫(ソン・ドンヒ)女史が来日され、日本の教会、神学校を巡回されることになりましたが、感謝なことに当教会にもおいでいただけることになりました。どうぞお出かけください。日本では孫東姫著、朴永基訳「わが父、孫良源」(いのちのことば者)が出版されています。
 
[PR]
by sayama_church | 2010-10-05 21:44 | 特別行事 | Comments(0)

2つの大切な転機 その1

 伝道者、牧会者としてこれまで小さな歩みをさせていただきながら、人間にとって2つのことが非常に大切だとつくづくと感じます。それは、「悔い改め」と「神に自分を捧げる」ということです。クリスチャンと言われる人は、この2つの転機を明確に経験する必要があります。
 この「悔い改め」と「神に自分を捧げる」ということは、主の私たちに対する愛と光に応答して私たちが主に対して為すべきことですが、その結果主が私たちにもたらされる惠みは、「悔い改め」対しては「救い(罪の赦し、永遠のいのち、新生、神の子とされる)」であり、「神に自分を捧げる」ことに対しては「きよめ、聖霊の満たし、全き愛、全き安息」です。
 悔い改めとは、人生の方向転換です。神の前にへりくだり、心砕かれる経験です。自分のこれまでの歩みを振り返り、神の前には罪人であったことを認め、聖霊の光によって示された罪を一つ一つ告白し、お詫びし、私たちの罪のために立てられた主イエスの十字架を感謝して信仰をもって受けいれることです。そこから新しいキリスト者としての人生が始まります。その後の歩みにおいても、失敗したり、罪を犯したりすることもあるでしょうが、その度に罪を悔い改め、「罪びとなる私を憐れんで下さい。」と祈り、主イエスの十字架を仰ぐことです。自分の罪を知り、神の前に罪を悔い改める経験なくしてクリスチャンであるということはあり得ません。こんな話を聞いたことがあります。悔い改めなくして信仰を持つと人を傲慢にする。
 あなたは主の前に心砕かれた経験をお持ちですか。謙遜になったことがありますか。神の前に砕かれたことのある人は、人に対しても柔和で謙ることのできる人です。「神に自分を捧げる」に関しては次回に触れたいと思います。

「時が満ち、神の国は近くなった。悔い改めて福音を信じなさい。」マルコ1:15 
[PR]
by sayama_church | 2010-10-05 14:59 | 牧師の窓 | Comments(0)

10月3日(日)のご案内

◆ 主日礼拝  午前10:30~11:45 / 夕礼拝  午後6:30~7:10    
     
    説 教  人の思いと心を探る者   黙示録2:18~29                                             
                        
                                   小坂嘉嗣牧師

   ・ どなた様でもどうぞお気軽にお出かけください。
     クリスチャンではない方も多くく見えられています。
     信仰を強制するようなことは一切ありません。
     初めての方を心から歓迎申し上げます。

   ・ 朝の主日礼拝では、並行して楽しい子どもチャペルもあります。
     どうぞお子さま連れの方も安心してお出かけください。

   ・ 夕礼拝の説教は、朝の礼拝の説教とほぼ同じ内容となります。

    ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

   ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
   ・ 朝の主日礼拝では車の送迎もしています。詳しくは教会までお尋ねください。
                           ℡04(2956)5973
[PR]
by sayama_church | 2010-10-01 22:58 | 礼拝のご案内 | Comments(0)