<   2010年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

11月28日(日)のご案内

◆ 主日礼拝    午前10:30~11:45   (並行して子どもチャペル)       
   
    説 教  人間の幸い 
           
            黙示録4:1~11  小坂嘉嗣牧師

       

◆ 夕 拝       午後6:30~7:10

   ・ 一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。
     心の安息とリフレッシュのときとなります。
     信仰を強制するようなことは一切ありませんので
     初めての方もどうぞご安心してお出かけください。

   ・ 朝の主日礼拝では、並行して楽しい子どもチャペルがあります。
     お子さま連れの方も安心してお出かけください。

   ・ 夕礼拝の説教は、朝の礼拝の説教とほぼ同じ内容となります。

    ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

   ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
   ・ 朝の主日礼拝では車の送迎もしています。(入曽駅、武蔵藤沢駅、
     お体の不自由な方のお宅)詳しくは教会までお尋ねください。
     ℡04(2956)5973
[PR]
by sayama_church | 2010-11-27 20:51 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

駅頭に立って

 最近、久しぶりに、否、数年ぶりに入曽駅の前でチラシ配布をいたしました。クリスマスの案内をしたのです。それはとても楽しい、伝道者としての原点を感じる時でした。
 20年ほど前の修養生時代(当時、神学生は修養生と呼ばれていました。)は、日曜日の夕には必ず駅前でトラクト配ったり、行き交う人々に向かって地声を張り上げ、あるいはハンドマイクを用いて集会の案内や短い路傍説教をしたものでした。狭山での開拓伝道に遣わされて最初にしたことも教会案内の戸別配布と紙芝居を使っての子どもへの公園伝道、そして入曽駅での路傍伝道(チラシ配布)でした。感謝なことにそうしたことを通して何人もの人たちが教会に導かれました。
 聖書にはこうあります。「信仰は聞くことから始まり、聞くことは、キリストについてのみことばによるのです。」(ローマ10:17) 種を蒔かなければ刈り取りがないように、福音を伝えなければ救われる人は起りません。そして、福音を伝えることは、言葉によるのです。もちらんキリスト者の人格や無言の振る舞いも大切であり、それは無くてはならないものですが、最終的には言葉によって伝えなければ、伝わることはありません。
 今回、駅頭に立ち、印刷された言葉ではありますがチラシを配りながらそんなことを考えさせられました。これからは、時間がとれるときは、できるだけ駅頭に立ちたいと強く思いました。
[PR]
by sayama_church | 2010-11-26 23:39 | 牧師の窓 | Comments(0)

11月21日(日)のご案内

◆ 主日礼拝    午前10:30~11:45        
   
    説 教  キリスト教の入口 
           
            ルカ18:9~14   小坂嘉嗣牧師

   *礼拝の中で子ども祝福式があります。
    神様に子どもの成長の祝福をお祈りいたします。
    

◆ 夕 拝       午後6:30~7:10

   ・ 一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。
     心の安息とリフレッシュのときとなります。
     信仰を強制するようなことは一切ありませんので
     初めての方もどうぞご安心してお出かけください。

   ・ 朝の主日礼拝では、並行して楽しい子どもチャペルがあります。
     お子さま連れの方も安心してお出かけください。

   ・ 夕礼拝の説教は、朝の礼拝の説教とほぼ同じ内容となります。

    ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

   ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
   ・ 朝の主日礼拝では車の送迎もしています。(入曽駅、武蔵藤沢駅、
     お体の不自由な方のお宅)詳しくは教会までお尋ねください。
     ℡04(2956)5973
[PR]
by sayama_church | 2010-11-20 09:16 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

天の故郷

 今日は召天者記念礼拝です。私の祖母は、亡くなる前に「何か言い遺すことはありませんか?」との家族の問い掛けに、「ときどき思い出してくれればそれで良い。」と言いました。年に一度ではありますが、教会として主にあって召された方々を思い起こし、記念して、彼らに命を与え、彼らを愛し、彼らの地上での生涯を導かれ、今なお彼らと共におられる主に礼拝を捧げることは、意味のあることだと思います。
 振り返ってみますと、私の信仰の原点は、子供の頃にサマーキャンプでルか16:19~31から「乞食のラザロと金持ち」のお話を聞いたことでした。例えどんなに貧しくても良いからラザロのようにいつ死んでも天国に行ける人になりたいと思いました。それで、心に浮かぶ罪をお詫びして、主イエス様が私の罪のために十字架に架かり、三日目によみがえられた救い主であると信じますとお祈りいたしました。それ以来、私は神が共にいてくださる平安と天国への希望をもつようになりました。私にとりましては大きな喜びです。
 この朝、天にある愛する方々を偲びつつ、人生の短さと永遠に対する思いを持たせていただきましょう。
 「これらの人々はみな、信仰の人々として死にました。約束のものを手に入れることはありませんでしたが、はるかにそれを見て喜び迎え、地上では旅人であり寄留者であることを告白していたのです。・・・しかし、事実、彼らは、さらにすぐれた故郷、すなわち天の故郷にあこがれていたのです。それゆえ、神は彼らの神と呼ばれることを恥となさいませんでした。事実、神は彼らのために都を用意しておられました。」ヘブル11:13~16
[PR]
by sayama_church | 2010-11-16 18:22 | 牧師の窓 | Comments(0)

11月14日(日)のご案内

◆ 召天者記念礼拝    午前10:30~11:45        
    説 教  神に対して生きている。 
           
            マルコ12:18~27   小坂嘉嗣牧師

◆ 夕 拝       午後6:30~7:10


   ・ 一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。
     心の安息とリフレッシュのときとなります。
     信仰を強制するようなことは一切ありませんので
     初めての方もどうぞご安心してお出かけください。

   ・ 朝の主日礼拝では、並行して楽しい子どもチャペルがあります。
     お子さま連れの方も安心してお出かけください。

   ・ 夕礼拝の説教は、朝の礼拝の説教とほぼ同じ内容となります。

    ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

   ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
   ・ 朝の主日礼拝では車の送迎もしています。(入曽駅、武蔵藤沢駅、
     お体の不自由な方のお宅)詳しくは教会までお尋ねください。
     ℡04(2956)5973
[PR]
by sayama_church | 2010-11-13 17:13 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

お知らせ

 狭山キリスト教会がお贈りするクリスマスの特別行事

   いずれも入場無料。とだなた様もどうぞお出かけください。

◆ 東後勝明氏「ほっとトーク」~ありのままを生きる~
   
   NHKラジオ「英会話」の講師として長年活躍された早稲田大学名誉教授、
   YMCAインターナショナル・スクール校長の東後勝明氏の講演会です。

   とき:11月27日(土)午後2:00~3:30


◆ クリスマス・コンサート
 
   ゲスト:元劇団四季 佐渡寧子&ビュン・ホギル夫妻
   
   とき :12月5日(日)午後2:00~3:30
f0088629_2243731.jpg
  

 佐渡寧子(ソプラノ)
  フェリス女学院短期大学音楽科声楽専攻首席卒業、同大学ディプロマコース修 了。
  卒業時に三宅賞・優秀賞を受賞。二期会研究所37期修了。
  1992年ミュージカル『ファンタステックス』のヒロイン・ルイザ役でデビ ュー。
  その後、 東宝の舞台『レ・ミゼラブル』コゼット役、『回転木馬』キャ リー役、
  『王様と私』タプチム役などに抜擢された。
  その他、小椋佳さんの『歌談の会』にゲストとして全国を巡り、
  ラジオ番組では相手役のパーソナリティー を務めるなど様々な分野で活躍。
  コンサートの企画・主演, また舞台の歌唱指導などの経験も多い。
  2002年からは劇団四季に参加。主な主演作に『異国の丘』宋愛玲、
  『オペラ座の怪人』 クリスティーヌ、『CATS』グリザベラなどがある。
  日本初演の『アイーダ』ではアムネリス役に抜擢され好評を博した。
  2008年末に劇団四季を退団、現在フリー。

 ビョン・ホギル(テノール)
  ソウル出身。韓国・中央大学音楽学部声楽専攻首席卒業。
  2004年ハンジョンオペラコンクール第2位入賞。
  朝鮮日報主催、また国民日報主催の新人演奏会に出演、
  国立・世宗文化会館で歌う。
  恩師の薦めで2005年に来日、劇団四季に入団。
 『CATS』の長老猫・オールドデュトロノミー役でデビューした。(以後200回に渡り出演)。
  また2008年には『ジーザス・クライスト=スーパースター』では
  歴代最年少でピラト役に抜擢、全国公演を果たす。
  その他『オペラ座の怪人』ではヘアドレッサー役などに出演し、
  2009年7月に退団。四季に入団する以前にも、
  韓流ドラマの主題歌や、チェ・ジウ出演のCMソングを歌うなど、
  様々なジャンルで活躍。
  また日韓両国で積極的に後進の指導にもあたっている。

  
[PR]
by sayama_church | 2010-11-10 22:07 | 特別行事 | Comments(0)

兄弟愛

 私は、聖書の中でも使徒ヨハネを通して記された文書が好きです。もちろん、パウロもペテロもヤコブも、また旧約聖書も大好きですが、使徒ヨハネには何となく親近感を持ちます。聖書は、執筆者の人格を通して聖霊によって記された文書ですが、そこには当然記者の人格、個性、特性などが反映します。私は、ヨハネの個性が好きなのかもしれません。
 さて、ヨハネが繰り返し語っている一つのメッセージがあります。それは兄弟愛です。すなわち、主イエスの十字架の贖いを受け入れて救われ、新生した者たちは、主にあって兄弟姉妹であり、互いに愛し合うようにと勧めているのです。ヨハネは福音書の中で主イエスの言葉として次のように記します。「あなたがたに新しい戒めを与えましょう。あなたがたは互いに愛し合いなさい。わたしがあなたがたを愛したように、そのように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。もしあなたがたの互いの間に愛があるなら、それによって、あなたがたがわたしの弟子であることを、すべての人が認めるのです。」(ヨハネ13:34,35)また、信者に宛てた手紙では「私たちは愛しています。神がまず私たちを愛してくださったからです。神を愛すると言いながら兄弟を憎んでいるなら、その人は偽り者です。目に見えぬ兄弟を愛していない者に、目に見えない神を愛することはできません。神を愛する者は、兄弟をも愛すべきです。私たちはこの命令をキリストから受けています。」(Ⅰヨハネ4:19-21) 
 兄弟愛は、ペテロも記しているように(Ⅱペテロ1:5-7)信仰の成熟を表します。教会が兄弟愛に溢れていますように。
[PR]
by sayama_church | 2010-11-10 21:46 | 牧師の窓 | Comments(0)

11月7日(日)のご案内

◆ 主日礼拝    午前10:30~11:45 
  夕   拝     午後 6:30~ 7:10    
     
    説 教 戸の外に立つキリスト 
            黙示録3:14~22   小坂嘉嗣牧師

   ・ 一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。
     心の安息とリフレッシュのときとなります。
     信仰を強制するようなことは一切ありませんので
     初めての方もどうぞご安心してお出かけください。

   ・ 朝の主日礼拝では、並行して楽しい子どもチャペルがあります。
     お子さま連れの方も安心してお出かけください。

   ・ 夕礼拝の説教は、朝の礼拝の説教とほぼ同じ内容となります。

    ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

   ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
   ・ 朝の主日礼拝では車の送迎もしています。(入曽駅、武蔵藤沢駅、
     お体の不自由な方のお宅)詳しくは教会までお尋ねください。
     ℡04(2956)5973
[PR]
by sayama_church | 2010-11-06 10:14 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

道は開かれる。

 人生には、ときどき、門が閉ざされ、これ以上前に進むことができないような困難、不可能に出くわすことがあるでしょう。また、袋小路にはいってしまったような行き詰まりを感じることもあるでしょう。
 けれども、たとえ見えるところはどうであっても、主に信頼し、主に自分自身を明け渡し、主に従っていこうとするときに、主は必ず私たちの前に道を開き、導いて下さいます。
 私がまだ20代の若かりし頃、献身のことで悩み、考えていた時がありました。「献身したら結婚はどうなるのだろうか?」「経済的にはやっていけるのだろうか?」・・・・・。そんなある日、代田教会の旧館の小さな壁掛けに記されていた聖句に目が留まり、大変励まされた経験があります。そこには「あなたが歩む一歩一歩、わたしはあなたの前に道を開く。」と書かれていました。実際に、献身して22年になりますが、主はこんな小さな私の人生をも顧みて下さり、一歩一歩導いてくださいました。
 ここ最近、何人かの若い人と会って、話をする機会が与えられました。それぞれ、私が悩み、苦しんでいた若い頃と同じように、迷い、戦っていることを感じました。聖書にはこうあります。「苦難の日にはわたしを呼び求めよ。わたしはあなたを助け出そう。あなたはわたしをあがめよう。」(詩篇50:15)
 若い人だけではなく、すべての世代の人にいえることかもしれません。主を求めましょう、主は必ず道を開いてくださいます。
[PR]
by sayama_church | 2010-11-05 18:14 | 牧師の窓 | Comments(0)