<   2011年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

どのように生きるか、何をすべきか

 このところ月日の経つことの早さを実感しています。10年ひと昔とは言われますが、その10年があまりにも短く感じられるのです。そう思うと、「どのように生きるか」「何をなすべきか」という問題は、とても切実に感じられます。
 「どのように生きるか」に関しては、主イエスはこのように語っています。「だれでもわたしについて来たいと思うなら、自分を捨て、自分の十字架を負い、そしてわたしについて来なさい。いのちを救おうと思う者はそれを失い、わたしのためにいのちを失う者は、それを見出すのです。」(マタイ16:24,25)自分を捨て、自分の十字架を負って私に従えを主イエスは招いています。そこにいのちがあると主イエスは語っています。神と人のために何の犠牲も払わずに、ただ自己実現のために生きても私たちを生かすいのちは見いだせません。自分も周りの人も生きません。むしろ、自分を捨て、例え自分にとって好ましく思えいなこと、十字架であっても、それを自分が取るべきものであると主にあって気づいたらそれを負って歩むときにむしろいのちを見出すのです。
 「何をなすべきか」は、聖書は私たち一人一人に聖霊の賜物が与えられていることを教えています。先週の聖書の通読箇所に次のような御言葉がありました。「見よ。わたしは、ユダ部族のフルの子であるウリの子ベツァルエルを名ざしで召し、彼に知恵と英知と知識とあらゆる仕事において、神の霊を満たした。それは、彼が、金や銀や青銅の細工を巧みに設計し、はめ込みの宝石を彫り、木を彫刻し、あらゆる仕事をするためである。」(出エジプト31:1-4) 
 主はベツァルエルを幕屋建設のための職人として召し、その仕事を成し遂げるための知恵と力を聖霊によって与えられました。同じように私たち一人一人にも神と人に仕えるための、主の身体なる教会を建て上げるための仕事、奉仕、使命とそれを遂行するための聖霊の賜物が与えられています。自分にいかなる賜物が与えられているかを知るとき、自分が何をすべきかが分かります。
[PR]
by sayama_church | 2011-05-30 18:56 | 牧師の窓 | Comments(0)

5月29日(日)のご案内

◆ 主日礼拝    午前10:30~11:45
  
    説  教  主につながる者の幸い
                      
                  ハネ黙示録14:1~13
                
                        小坂 嘉嗣牧師

  *子どもチャペルが別室において並行して行われます。



◆ 夕 拝    午後6:30~7:10

    説教: 小坂  嘉嗣牧師



   ・ どなた様でもお気軽にお出かけください。 
     一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。
     また、心の安息とリフレッシュのときとなります。
     信仰を強制するようなことは一切ありませんので
     初めての方もどうぞご安心してお出かけください。

   ・ 朝の主日礼拝では、並行して楽しい子どもチャペルがあります。
     お子さま連れの方も安心してお出かけください。

   ・ 夕礼拝の説教は、朝の礼拝の説教とほぼ同じ内容となります。

    ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

   ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
   ・ 朝の主日礼拝では車の送迎もしています。(入曽駅、武蔵藤沢駅、
     お体の不自由な方のお宅)詳しくは教会までお尋ねください。
     ℡04(2956)5973
[PR]
by sayama_church | 2011-05-28 08:51 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

「イエスさま」

 日本宣教会の前監督の相田望師は、長い間、都立立川高校の英語教諭をされていました。先日、牧師会のおりにいただいた代田教会の週報に大変心温まる文章が載せられていましたので、そのまま転載させていただきます。
 先週、今から48年前の教え子から嬉しいニュースを貰いました。立高16期生の情報誌「泰山木」に『主が私の手を取って』と言う見出しで、一文を書いていました。その中に「私が初めて聖書の言葉に出会ったのは立高の英文法の相田望先生の時間でした。英文法の『同格』の説明をする為例文とされた「山上の垂訓」のイエス様の言葉「心の貧し者は幸いです」でした。それは私の心の奥底にとまりました。「なぜ心の貧しい者が幸いなのだろうか」この説明をされたとき、どうして先生の顔が輝いていたのだろうか・・・と思いながら大学受験に突入して行きました。大学を経て大学院で学び多くの本を読み哲学の講義も受けました。思い悩んでいる私にゼミの先生が聖書を読むように勧めてくれました。苦しんでいる時、夢で「わたしの名前を呼びなさい」と語りかける声を聞き、私は押し出されるようにただ一言「イエス様」と言いました。不思議な事に心の重荷が取り除かれ心が軽くなりました。それから一日も休まず、渇いた者が水を求めるように教会に行き始めました。(代田教会週報より)
 今この方は、日本キリスト改革長老武庫乃荘教会の牧師夫人をされているそうです。私たちも、苦しい時一言「イエス様」と呼んでみませんか。

  「主の御名を呼び求める者は、だれでも救われる。」ローマ10:13
[PR]
by sayama_church | 2011-05-25 16:51 | 牧師の窓 | Comments(0)

5月22日(日)のご案内

◆ 主日礼拝    午前10:30~11:45
  
    説  教  いのちの書に名を記された者として生きる。
                      
                  ハネ黙示録13:1~18
                
                        小坂 嘉嗣牧師

  *子どもチャペルが別室において並行して行われます。



◆ 夕 拝    午後6:30~7:10               

    説教: 小坂  嘉嗣牧師



   ・ どなた様でもお気軽にお出かけください。 
     一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。
     また、心の安息とリフレッシュのときとなります。
     信仰を強制するようなことは一切ありませんので
     初めての方もどうぞご安心してお出かけください。

   ・ 朝の主日礼拝では、並行して楽しい子どもチャペルがあります。
     お子さま連れの方も安心してお出かけください。

   ・ 夕礼拝の説教は、朝の礼拝の説教とほぼ同じ内容となります。

    ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

   ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
   ・ 朝の主日礼拝では車の送迎もしています。(入曽駅、武蔵藤沢駅、
     お体の不自由な方のお宅)詳しくは教会までお尋ねください。
     ℡04(2956)5973
[PR]
by sayama_church | 2011-05-21 13:28 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

主に求める

 昨日のJOYプラ(高校生以上の会)で見たビデオで、元劇団四季のビュン・ホギルさがん証しをしていました。心筋梗塞で倒れ、死を意識したもうろうとした苦しみの中で、「もし、もう一度元気にしていただけるならば、有名な舞台俳優ではなく、神さまを賛美する人にしてください。」と祈ったそうです。すると重石を置いたような胸の痛みと圧迫感が引き、周囲のワッーと言う声を聞こえきて、意識が戻ったそうです。回復したのです。今、彼は主を賛美するご奉仕をしています。
 聖書にこうあります。「わたしは彼を、その求める救いに入れよう。」詩篇12:5
主は、私たちの魂の奥底からの求めと叫びに答えてくださる方です。ザアカイは、取税人の頭でしたが、不正の金袋にしがみつくことがもう耐えられなくなって、主イエスのもとに走り寄りましたが、主イエスは「きょう、救いがこの家に来ました。」(ルカ19:9)と宣しました。マグダラのマリヤは、7つの悪霊のとりことなっていましたが、自分の悲惨を主イエスに持ち運び、自由にされました。
 もしかしたら「主はまだ私を助けない!」と心の中で考えている人がおられるかもしれません?もしそうであるなら、逆に主は尋ねると思います。「では、あなたはわたしに一度でも、切に願ったことがあるか?わたしの助けを待ち望んだことがあるか?」と。
 主よ!お赦しください。私は自分ひとりでやっていこうとしていました。
                   (ヴィルヘルム著 岸本紘訳『365日の主』から引用、参照)
[PR]
by sayama_church | 2011-05-15 18:13 | 牧師の窓 | Comments(0)

5月15日(日)のご案内

◆ ウェルカム礼拝    午前10:30~11:45    
     
       説  教  「神にはできる。」
                    マルコ10:13~27                             
                        小坂 嘉嗣牧師

   * ウェルカム礼拝は、教会が初めての方や久しぶりの方をことに歓迎して
     開かれる礼拝です。どなた様でもどうぞお気軽にお出かけください。    

  


◆ 夕 拝    午後6:30~7:10               
     
       説教: 小坂  嘉嗣牧師



   ・ どなた様でもお気軽にお出かけください。 
     一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。
     また、心の安息とリフレッシュのときとなります。
     信仰を強制するようなことは一切ありませんので
     初めての方もどうぞご安心してお出かけください。

   ・ お子さま連れの方も安心してお出かけください。

   ・ 夕礼拝の説教は、朝の礼拝の説教とほぼ同じ内容となります。

    ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

   ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
   ・ 朝の主日礼拝では車の送迎もしています。(入曽駅、武蔵藤沢駅、
     お体の不自由な方のお宅)詳しくは教会までお尋ねください。
     ℡04(2956)5973
[PR]
by sayama_church | 2011-05-14 13:54 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

母の日に

 母の日を迎えました。私は、「母の日」と言っても、独身の頃は取り立てて何かをするということはあまりありませんでしたが、結婚してからは毎年、家内が何かプレゼントを準備してくれるようになり、いくらか「母の日」らしいことをするようになりました。そんな不肖な息子ですが、やはり母には、感謝の思いで一杯です。
 間もなく80歳になろうとする母は、若い頃の輸血が原因でC型肝炎から肝臓癌となり、今は病院で闘病中です。残された命がどれくらいなのかは分かりませんが、母には悲壮感はありません。「自分は一生懸命に生きてきた。」「この最後の時にこのような病気になって感謝だ。これまでを振り返り、毎日、主の前に悔い改めている。」と言う母の顔は美しく、輝いて見えます。
 数日前に見舞ったときには、お医者さんの名前を上げながら「本当によくしてもらっている。聖書の話をすることもあるけれども嫌な顔もせずによく聞いてくださる。先生のためにもお祈りしているのよ。」と語っているときに、当の若い先生が見えられ、「私も小坂さんに励まされています。」と半分お世辞?のようなことを真顔で言われていました。周囲に何らかの影響を与えているのだなと感じました。
 母は、本当に主イエスを信じて、歩んできました。長い人生には、困難、試みも多かったと思いますが、本気で神の愛を信じ、主イエスに信頼して生きていました。だから、3人の子はそれぞれ、それなりに信仰をもったのだと思います。私たちは父母を見ていて、欠点は色々あっても、その信仰が真実であることだけは分かったからです。またその生活から主イエスが生きていることも感じました。主イエスを信じることは、本当にすばらしいことです。 Ⅱテモテ1:5
[PR]
by sayama_church | 2011-05-09 22:50 | 牧師の窓 | Comments(0)

5月8日(日)の案内

◆ 主日礼拝    午前10:30~11:45   
    
     説  教  「母の愛、神の愛」
                    イザヤ49:15,16                             
                        小坂 嘉嗣牧師

  *子どもチャペルが別室において並行して行われます。



◆ 夕 拝    午後6:30~7:10    
               
     説教: 小坂  嘉嗣牧師



   ・ どなた様でもお気軽にお出かけください。 
     一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。
     また、心の安息とリフレッシュのときとなります。
     信仰を強制するようなことは一切ありませんので
     初めての方もどうぞご安心してお出かけください。

   ・ 朝の主日礼拝では、並行して楽しい子どもチャペルがあります。
     お子さま連れの方も安心してお出かけください。

   ・ 夕礼拝の説教は、朝の礼拝の説教とほぼ同じ内容となります。

    ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

   ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
   ・ 朝の主日礼拝では車の送迎もしています。(入曽駅、武蔵藤沢駅、
     お体の不自由な方のお宅)詳しくは教会までお尋ねください。
     ℡04(2956)5973
[PR]
by sayama_church | 2011-05-07 09:04 | 今週/来週の案内 | Comments(0)

働きをゆだねる

 ある著名な牧師が、こんな話をされたことが私の心に深く残っています。「牧師は、なすべきことをしっかりと、たんたんと、やっていればそれで良い。」1993年に牧師としての人生を狭山での開拓をもって始めさせていただいて17年が経過してそろそろ牧師人生の折り返し地点が間近となり、これから私が牧師として何をなすべきかをしばしば考えさせられています。
 牧師の働きに関しては、使徒パウロはいみじくもこのように語っています。「私たちは、このキリストを宣べ伝え、知恵を尽くして、あらゆる人を戒め、あらゆる人を教えています。それは、すべての人を、キリストにある成人として立たせるためです。」(コロサイ1:28)つまり牧師の働きは、キリストを宣べ伝えて人を救いに導き、神の御言葉を教えてキリストにある成人として立たせることです。パウロは、「このために、私もまた、自分のうちに力強く働くキリストの力によって、労苦しながら奮闘しています。」(コロサイ1:29)と言っています。
 私もこの二つのためにこれまで以上にパウロのように奮闘したいと願うのですが、同時にもう一つのことに心を砕いていかなければならないと思わされています。それは「働きを人にゆだねる」ことです。パウロはこうも言っています。「多くの証人の前で私から聞いたことを、他の人にも教える力のある忠実な人たちにゆだねなさい。」(テモテ2:2) 
 私にも多くの先輩を通して主から委ねられたメッセージ、宣教のスピリット、重荷、働きがあります。それを自分だけでとどめてしまうのではなくて、一人でも多くの人に委ねることに心を注ぎたいと願うことです。
[PR]
by sayama_church | 2011-05-01 22:01 | 牧師の窓 | Comments(0)