<   2011年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

7月31日(日)のご案内

◆ 主日礼拝    午前10:30~11:45 


   
     
      説  教  幸福に生きる道

                    マタイ22:34~40
                             
                       小坂 嘉嗣師

 


◆ 夕 拝    午後6:30~7:10


     説教  : 小坂嘉嗣師




  
   ・ どなた様でもお気軽にお出かけください。 
     一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。
     また、心の安息とリフレッシュのときとなります。
     信仰を強制するようなことは一切ありませんので
     初めての方もどうぞご安心してお出かけください。

   ・ 朝の主日礼拝では、並行して楽しい子どもチャペルがあります。
     お子さま連れの方も安心してお出かけください。

   ・ 夕礼拝の説教は、朝の礼拝の説教とほぼ同じ内容となります。

    ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

   ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
   ・ 朝の主日礼拝では車の送迎もしています。(入曽駅、武蔵藤沢駅、
     お体の不自由な方のお宅)詳しくは教会までお尋ねください。
     ℡04(2956)5973
[PR]
by sayama_church | 2011-07-27 21:02 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

助け主なる聖霊

 梅雨が明けて、いよいよ本格的な夏の到来と思いきや、台風がやって来て、その後少し涼しい日々があり、ホッとしたことでした。けれども、これからまた暑い毎日となりそうです。肉体が弱ると、心も弱りやすいのが人間の弱さです。聖霊の助けと導きをいただきながら歩ませていただきましょう。
 主イエスは、「わたしは父にお願いします。そうすれば、父はもうひとりの助け主をあなたがたにお与えになります。その助け主がいつまでもあなたがたと、ともにおられるためにです。」(ヨハネ14:16)「しかし、聖霊があなたがたの上に臨まれるとき、あなたがたは力を受けます。そして、エルサレム、ユダヤとサマリヤの全土、および地の果てにまで、わたしの証人となります。」(使徒1:8)とお約束なされたのにも関わらず、普段私たちはどれほど助け主なる聖霊を意識して生活しているでしょうか。使徒の働きを読むと、初代の教会がいかに聖霊の臨在、導き、励ましの現実を歩んでいたかが分かります。今日の私たちの教会もそのようであらせていただきたいと心から願うものです。
 私は、ときどき疲れたり、行き詰まったり、途方にくれてしまうことがあります。でも、そのようなときはたいてい、自分がこれを、あれを、このことを、あのことをしなければならないと思っていることがほとんどです。私の人生の主は主イエスであり、すべてのことを支配しているのは主イエスであることを改めて思い、聖霊の導きを祈り求め、聖霊の導くままに歩んでいこうと願うとき、不思議と肩の力は抜け、道が開けていくことを経験しています。聖霊を意識し、聖霊の導きの中を歩んでいきましょう。
[PR]
by sayama_church | 2011-07-26 18:38 | 牧師の窓 | Comments(0)

7月24日(日)のご案内

◆ 主日礼拝    午前10:30~11:45 

   
     
      説  教  戦いに打ち勝った人々
                    
                    黙示録15:1~8
                             
                      小坂嘉嗣師


◆部会&愛餐会   午後12:00~1:00

      男性、女性、青年・・・のグループに分かれt、お食事を共にしながらの交わりのときです。
      会費(食事代)は、大人300円、小人100円です。どなた様も大歓迎!!!

 

◆ 夕 拝    午後6:30~7:10

     説教  : 小坂嘉嗣師




  
   ・ どなた様でもお気軽にお出かけください。 
     一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。
     また、心の安息とリフレッシュのときとなります。
     信仰を強制するようなことは一切ありませんので
     初めての方もどうぞご安心してお出かけください。

   ・ お子さまもご一緒にどうぞお出かけください。主日礼拝では、並行して子どもチャペルがあります。

   ・ 夕礼拝の説教は、朝の礼拝の説教とほぼ同じ内容となります。

    ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

   ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
   ・ 朝の主日礼拝では車の送迎もしています。(入曽駅、武蔵藤沢駅、
     お体の不自由な方のお宅)詳しくは教会までお尋ねください。
     ℡04(2956)5973
[PR]
by sayama_church | 2011-07-23 13:34 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

人生の幸福

 主イエスは、ある日「律法の中で、たいせつな戒めはどれですか。」と尋ねられたとき、次のように答えられました。「『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ。』これがたいせつな第一の戒めです。『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。』という第二の戒めも、それと同じようにたいせつです。律法全体と預言者とが、この二つの戒めにかかっているのです。」マタイ22:37~40 
 「律法全体と預言者」とは聖書のことを指しますので、ここで主イエスが語っていることは、神を愛することと隣人を愛することを究極的に聖書は教えているのだと言うのです。人間のあるべき姿は、神を愛することと隣人を愛することなのです。人はどのように生きたらよいのでしょうか。神を愛し、隣人を愛して生きたら良いのです。そこにこそ人生の幸福と喜びがあります。
 しかし、現実の私たちの姿は何とギャップがあることでしょうか。ちょっと考えればそのような生き方を可能にするものは、生来の私たちの内側にはないことがわかります。私たちはどうしようもない罪人だからです。自分のことばかりを考え、その自分すら受け入れることができないような者です。
 ところが、そうした生き方を可能にして下さるお方がいるのです。聖霊です。ああ、何とありがたいことか!!私たちはこの事実を忘れてはなりません。人は、主イエスの十字架のゆえに罪が赦されるばかりか、主の十字架のゆえに注がれる聖霊によって、神を愛し、隣人を愛する人に造り変えられるのです。これこそ福音です。惨めな憐れなそのままの姿で主イエスの御許に行き、罪の赦しと聖霊の注ぎかけを受け、聖霊のご支配に自分自身を明け渡そうではありませんか。
[PR]
by sayama_church | 2011-07-19 18:52 | Comments(0)

7月17日(日)のご案内

◆ 主日礼拝    午前10:30~11:45 

   
     
      説  教  みことばの力
                    
                    ヤコブ1:19~25
                             
                      小坂由紀子師

 

◆ 夕 拝    午後6:30~7:10

     説教  : 小坂由紀子師




  
   ・ どなた様でもお気軽にお出かけください。 
     一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。
     また、心の安息とリフレッシュのときとなります。
     信仰を強制するようなことは一切ありませんので
     初めての方もどうぞご安心してお出かけください。

   ・ お子さまもご一緒にどうぞお出かけください。

   ・ 夕礼拝の説教は、朝の礼拝の説教とほぼ同じ内容となります。

    ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

   ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
   ・ 朝の主日礼拝では車の送迎もしています。(入曽駅、武蔵藤沢駅、
     お体の不自由な方のお宅)詳しくは教会までお尋ねください。
     ℡04(2956)5973
[PR]
by sayama_church | 2011-07-15 21:26 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

父、母 

 父も母も今年は80歳の身となりました。80は一つの節目なのでしょうか、二人ともここ数年は入退院を繰り返し、80という峠を越えるのに苦労しています。
 昨日は自宅で療養中の母と入院中の父を、それぞれ子どもたちを連れて家族で見舞いました。父も母も青年時代に主イエスに出会い、救われて、本当に主イエスを信じて歩んできました。その人生と生活の中心に主イエスを置いていました。そのことは、子どもたちもよく分かっていたので、私を含めて3人ともクリ
スチャンになったのだと思います。
 最初に母を見舞いましたが、帰り際にこのように言いました。「小坂家は、神さまが愛であることをどこまでも信じていきましょう。私は、神さまが愛であると信じて守られてきたよ。」次に訪ねた父は、私たちのためにこのように祈ってくれました。「小坂家が狭い道を歩むクリスチャンであるように。この世の何かに頼んだりするのではなく・・・」例えどんな試練に会うことがあっても神さまが愛であられ、最善に為して下さると信じるのが母の信仰であり、この世と妥協するのではなく、純粋に神に従って歩むと言うのが父の信仰だったのかもしれません。
 このような信仰を伝えてくれた両親に心から感謝するとともに、少しでも長生きをしてほしいと心から願ったことでした。

「あなたの上にあるわたしの霊、わたしがあなたの口に置いたわたしのことばは、あなたの口からも、あなたの子孫の口からも、すえのすえの口からも、今よりとこしえに離れない。」イザヤ59:21
[PR]
by sayama_church | 2011-07-12 21:33 | 牧師の窓 | Comments(0)

7月10日(日)のご案内

◆ 主日礼拝    午前10:30~11:45 


   
     
      説  教  幸せに生きる人

                    詩編1:1~3
                             
              聖書キリスト教会グレースホーム   岡野 俊之師

 


◆ 分科会    午後0:00~1:30

     岡野俊之師、めぐみ師を囲んで昼食をとりながら、自由な交わりと語らい。




◆ 修養会    午後2:00~3:30

     
      テーマ : あなたにもできる生活伝道 ~ やさしく、楽しく、喜んで!

              
       お話 : 岡野俊之師、めぐみ師



◆ 夕 拝    午後6:30~7:10


     説教  : 小坂嘉嗣師




  
   ・ どなた様でもお気軽にお出かけください。 
     一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。
     また、心の安息とリフレッシュのときとなります。
     信仰を強制するようなことは一切ありませんので
     初めての方もどうぞご安心してお出かけください。

   ・ 朝の主日礼拝では、並行して楽しい子どもチャペルがあります。
     お子さま連れの方も安心してお出かけください。

   ・ 夕礼拝の説教は、朝の礼拝の説教とほぼ同じ内容となります。

    ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

   ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
   ・ 朝の主日礼拝では車の送迎もしています。(入曽駅、武蔵藤沢駅、
     お体の不自由な方のお宅)詳しくは教会までお尋ねください。
     ℡04(2956)5973
[PR]
by sayama_church | 2011-07-09 10:43 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

チーム

 私たちの教会では、新しい試みとして奉仕ごとの「チーム」を作ろうとしています。願わくは、主がこのことを豊かに祝福してくださり、主の働き、宣教の業が益々力強く前進していきますように心からお祈りするものです。
 実は、聖書を読むと、チームで奉仕をする例が沢山出てきます。モーセはアロンと助け合ってイスラエルを導きましたし、主イエスは弟子たちを一人ではなく必ずふたりずつチームで遣わしました。パウロはバルナバやシラスなどと必ずチームで宣教しました。一人で、単独で主に仕えた例もないわけではありませんが、ほとんどの場合に聖書は、他と連携をもちながら、互いに支え、補い合うチームで奉仕する例を示しています。チームでの奉仕は聖書的な在り方なのです。
 けれども、一人で奉仕するのに比べ、チームでの奉仕は、ある面難しいこともあります。お互いの意見、考え方、やり方、感じ方などの違いを超えて、主のために一致し、調和する必要があるからです。しかし、そこでこそ本当の意味でキリスト者としての成熟が試されるのかもしれません。相手の弱さは欠点が見えたら、それを批判し、忠告して直そうとするのではなく、むしろ全体を見ながらその弱さ、欠点を補い、助けようとする、それがチームプレーなのではないでしょうか。
 主イエスを信じ、受け入れた一人一人には、必ず主のからだなる教会の益となるための御霊の賜物が与えられています。それを心から喜んで主のために用いさせていただきましょう。

 「しかし、みなの益となるために、おのおのに御霊の現われが与えられているのです。ある人には・・・」Ⅰコリント12:7
[PR]
by sayama_church | 2011-07-05 22:26 | 牧師の窓 | Comments(0)

7月3日(日)のご案内

◆ 主日礼拝    午前10:30~11:45 


   
     
      説  教  御霊によって歩む

                    ガラテヤ5:13~26
                             
                        小坂 嘉嗣牧師


  *子どもチャペルが別室において並行して行われます。




◆ 夕 拝    午後6:30~7:10 


              
     説教: 小坂  嘉嗣牧師



   ・ どなた様でもお気軽にお出かけください。 
     一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。
     また、心の安息とリフレッシュのときとなります。
     信仰を強制するようなことは一切ありませんので
     初めての方もどうぞご安心してお出かけください。

   ・ 朝の主日礼拝では、並行して楽しい子どもチャペルがあります。
     お子さま連れの方も安心してお出かけください。

   ・ 夕礼拝の説教は、朝の礼拝の説教とほぼ同じ内容となります。

    ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

   ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
   ・ 朝の主日礼拝では車の送迎もしています。(入曽駅、武蔵藤沢駅、
     お体の不自由な方のお宅)詳しくは教会までお尋ねください。
     ℡04(2956)5973
[PR]
by sayama_church | 2011-07-02 12:57 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

愛が目標

 東日本大震災から3ヶ月が過ぎました。多くの方々が復興支援のために懸命に努力をされていますことに頭が下がります。キリスト教会もこのために多くの労を捧げ、被災者の助けとなっているようです。私たちの教会もできる愛の業をこれからも少しでもさせていただけましたら感謝なことだと思います。
 ところで、現地の多くのキリスト教会は自ら被災したにも関わらず、支援の拠点となって被災者に仕えていますが、ドイツから来たある異端のキリスト教グループは、この震災は神の裁きであると言って振れ回っているそうです。彼らは、教会の集まりにもぐりこんで、途中で一方的に自分の主張を延々と語り続けて集会を混乱させたりすることもあるそうです。心が痛むことです。
 聖書は、次のように言っています。「この命令は、きよい心と正しい良心と偽りのない信仰から出てくる愛を、目標としています。ある人たちはこの目当てを見失い、わき道にそれて無益な議論に走り、律法の教師でありたいと望みながら、自分の言っていることも、また強く主張していることについても理解していません。」Ⅰテモテ1:5~7 
 聖書の御言葉は、愛を目標としています。人を悔い改めに導き、立ち上がらせ、築き、建て上げることを目標としているのです。ですから聖書を、単に裁きと断罪のために用いるならば、目当てを見失い、わき道にそれてしまうことになります。
 しかし、こうしたことは、他人事ではなく私たちも犯しやすい過ちです。くれぐれも心したいものです。神学校時代の恩師が言われた言葉がまだ心に残っています。「裁きのメッセージは、涙なくしては語れないものです。」
[PR]
by sayama_church | 2011-07-02 08:15 | 牧師の窓 | Comments(0)