<   2011年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

いかに生きるか

 猛暑と思われた夏も盛りが過ぎて、まだ8月とは言え何となく秋の気配を感じる日々です。月日は、確実に過ぎていることを覚えます。そんなことを思うと、またしても限られた人生をいかに生きるべきかを考えさせられます。
 主イエスの語られた大変有名な御言葉があります。「すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。わたしは心優しく、へりくだっているから、あなたがたもわたしのくびきを負って、わたしから学びなさい。そうすればたましいに安らぎが来ます。わたしのくびきは負いやすく、わたしの荷は軽いからです。」マタイ11:28,29
 私たちは、主イエスのもとにやって来て、様々な荷を下ろします。主イエスは、疲れた私たちをそのまま、ありのまま、まるごと受け入れて下さいます。私たちは、安息を得、癒されます。主イエスは、いつでもこのように迎えて下さるのです。それはクリスチャンになるときも、なった後でも同じです。
 しかし、主イエスは、休みと癒しを受けた私たちに、次にこう言われるのです。「私のもとで休みを得たか。さあ、立ち上がって、今度はわたしに従って来なさい。わたしのように生きのだ。わたしのくびきを一緒に負わないか。」
 私たちは、どのように生きたらよいのでしょうか。それは、キリストに従って生きるのです。キリストが生きたように生きるのです。キリストのくびきを負って、キリストと共に生きるのです。キリストのくびきとは何でしょうか。それは自己犠牲です。もしかしたら自己犠牲は、少し誤解を招きやすい言葉かもしれません。「自分を捨てて、神の御心に生きる」と言った方がよいかもしれません。自己中心から神中心に生きることです。自分を捨てて、神の御心に生きるとき、本当にたましいの安らぎを持つのです。しかも、主のくびきは、思ったより軽いのです。主が共に担っていてくださるからです。アーメン。
[PR]
by sayama_church | 2011-08-30 16:56 | 牧師の窓 | Comments(0)

8月28日(日)のご案内

◆ 主日礼拝    午前10:30~11:45 


   
     
      説  教  十字架を負う祝福

                      マタイ16:24~27
                             
                       小坂 嘉嗣師

 


◆ 夕 拝    午後6:30~7:10


     説教  : 小坂嘉嗣師




  
   ・ どなた様でもお気軽にお出かけください。 
     一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。
     また、心の安息とリフレッシュのときとなります。
     信仰を強制するようなことは一切ありませんので
     初めての方もどうぞご安心してお出かけください。

   ・ 朝の主日礼拝では、並行して楽しい子どもチャペルがあります。
     お子さま連れの方も安心してお出かけください。

   ・ 夕礼拝の説教は、朝の礼拝の説教とほぼ同じ内容となります。

    ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

   ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
   ・ 朝の主日礼拝では車の送迎もしています。(入曽駅、武蔵藤沢駅、
     お体の不自由な方のお宅)詳しくは教会までお尋ねください。
     ℡04(2956)5973
[PR]
by sayama_church | 2011-08-27 09:39 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

被災地ボランティア

 東日本被災地へのボランティアチームのためにお祈りをいただきまして、本当にありがとうございました。無事に行って帰ることができました。車で朝の8時に出発して午後の2時に到着するつもりが、結局は、4時近く。実に片道8時間の旅でした。
 私たちを受け入れて下さったボランティア団体は、アメイジング・グレイス・ネットワーク・ミッションと言います。代表者は、イエス・キリスト栗原聖書バプテスト教会の岸波先生で、とても懐が深く、魅力的な人物でした。宿泊場所の同教会には、様々な宣教団体、教会からのボランティアが入れ替わり立ち替わり、常に20人~30人くらい宿泊していました。国内だけではなく、海外からの人も多く、あちらこちらで英語が飛び交っています。
 私たちが足を踏み入れた地域は、石巻、東松島、そして主に奥松島の月浜と呼ばれる所でした。未だ津波の爪痕が生々しく、あちらこちらで倒壊した家屋、崩れた家、瓦礫の山がありました。お寺の墓地の墓石が軒並み水に押し流されて、倒れているのも目にしました。海から何百メートルも離れた場所に未だに流された小舟が放置されていました。
 私たちがさせていただいた奉仕は、仮設住宅を回って、よしずやペットボトルを配ることでした。私は、「県からの救援物資を持ってまいりました。よろしかったらお使いください。」と言うのがせいぜいでしたが、3ヶ月間常駐してボランティアをしている指導役の青年は、ときどきお年寄りとしばらく座り込んで話をしたりしていました。物を渡すことも大事だけれども、話をする、話を聞くということはもっと大切なのだと教えられました。
 参加者は、また行きたいと言っています。来年は、もっと多くの青年たちを連れて行きたいものだと思いました。
        「主のあわれみは尽きないからだ。」哀3:22

 
[PR]
by sayama_church | 2011-08-21 17:51 | 牧師の窓 | Comments(0)

8月21日(日)のご案内

◆ 主日礼拝    午前10:30~11:45 


   
     
      説  教  ゆるぎない人生

                      詩篇46:1~11
                             
                       小坂 嘉嗣師

 


◆ 夕 拝    午後6:30~7:10


     説教  : 小坂嘉嗣師




  
   ・ どなた様でもお気軽にお出かけください。 
     一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。
     また、心の安息とリフレッシュのときとなります。
     信仰を強制するようなことは一切ありませんので
     初めての方もどうぞご安心してお出かけください。

   ・ 朝の主日礼拝では、並行して楽しい子どもチャペルがあります。
     お子さま連れの方も安心してお出かけください。

   ・ 夕礼拝の説教は、朝の礼拝の説教とほぼ同じ内容となります。

    ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

   ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
   ・ 朝の主日礼拝では車の送迎もしています。(入曽駅、武蔵藤沢駅、
     お体の不自由な方のお宅)詳しくは教会までお尋ねください。
     ℡04(2956)5973
[PR]
by sayama_church | 2011-08-20 18:28 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

夏期聖会の恵み

 今年の夏期聖会も大変恵まれました。講師の須郷進師は、ご自分の信仰生活を振り返り、転機なった経験を正直に語りながら、説教下さいました。
 その内の一つにこんなお証がありました。須郷先生は、罪も十字架もあまりよく分からずに勧められるままに洗礼を受けたそうです。そのためか、クリスマスやイースターなどの特別な時以外はあまり教会には行きませんでした。ある時、大病を患って床に伏せていたときに、隣の部屋から奥さんや小さな子どもたちが「パパの病気を癒してください。」と祈る声が聞こえてきました。それを耳にした時に、何と心の奥底から「何がキリストだ。何が神さまだ。神が生きているならば、どうして俺はこんな所を通らなければならないのか。」という神への怒り、憎しみのようなどす黒いものがふつふつと湧き出てきました。それには自分でも驚いたそうです。やがて「もうダメだ。」と死を意識して、このままでは、地獄にいかなければならないと感じた最後のとき、残った一息、二息で、「イエスさま!」と呼んだそうです。その時に、天からの光が自分を刺し貫くように感じ、滅びから永遠のいのちへと救われたことを感じたそうです。心は喜びに溢れ、涙の悔い改めと感謝の祈りが湧きでて、数日間家族には天使が横たわっているようにさえ見えたそうです。病も癒されました。
 聖書には、「主の御名を呼び求める者は、だれでも救われる。」(ローマ10:13)とあります。人間の心の深い所には、神への怒り、反逆、反抗する心、不信仰、神に背を向けて我を通そうとする心・・・等々があります。それらは罪であり、その行き着くところは滅びです。しかし、そんな私たちでも、心から主を求め、主の御名を呼び求めるときに、救われるのです。行き着くところは永遠いのちに変えられるのです。滅びから永遠のいのちへ。何たる恵みでしょうか。
 
[PR]
by sayama_church | 2011-08-14 21:40 | 牧師の窓 | Comments(0)

8月14日(日)のご案内

◆ 主日礼拝    午前10:30~11:45 


   
     
      説  教  主のことばのとおりに

                      Ⅰ列17:1~16
                             
                       小坂 嘉嗣師

 


◆ 夕 拝    午後6:30~7:10


     説教  : 小坂嘉嗣師




  
   ・ どなた様でもお気軽にお出かけください。 
     一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。
     また、心の安息とリフレッシュのときとなります。
     信仰を強制するようなことは一切ありませんので
     初めての方もどうぞご安心してお出かけください。

   ・ 朝の主日礼拝では、並行して楽しい子どもチャペルがあります。
     お子さま連れの方も安心してお出かけください。

   ・ 夕礼拝の説教は、朝の礼拝の説教とほぼ同じ内容となります。

    ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

   ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
   ・ 朝の主日礼拝では車の送迎もしています。(入曽駅、武蔵藤沢駅、
     お体の不自由な方のお宅)詳しくは教会までお尋ねください。
     ℡04(2956)5973
[PR]
by sayama_church | 2011-08-13 13:41 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

電子ドラム

 これまで、時々話題になっていた電子ドラムを、思い切って購入いたしました。あるリサイクルショップに、新品なのにかなり安い品物が置いてあったので、お祈りして、買い求めました。すぐに賛美に用いられるようには、中々ならないでしょうが、子どもや青年たちに、また壮年でも好きな方に、どんどんいじって、練習してもらいたいものです。
 旧約聖書を読むと、昔の人々は様々な楽器、踊りをもって主をほめたたえていたようです。「ハレルヤ。主に新しい歌を歌え。聖徒の集まりで主への賛美を。・・・踊りをもって、御名を賛美せよ。タンバリンと立琴をかなでて、主をほめ歌え。」(詩篇149:1,3)「角笛を吹き鳴らして、神をほめたたえよ。十弦の琴と立琴をかなでて、神をほめたたえよ。タンバリンと踊りをもって、神をほめたたえよ。諸琴と笛とで、神をほめたたえよ。音の高いシンバルで、神をほめたたえよ。鳴り響くシンバルで、神をほめたたえよ。息のあるものはみな、主をほめたたえよ。ハレルヤ。」(詩篇150:3‐6)ここには、タンバリン、立琴、諸琴、笛、シンバルなどが出てきます。
 ところで、どんな楽器を用いても、大切なことは主をほめたたえることです。主を賛美することです。楽器はそのための手段で、私たちの主への愛と賛美を乗せる道具です。私自身は、ドラムもギターも何にもできない音楽音痴ですが、色々な集会で奉仕させていただいたり、参加したりしながら、これまでのピアノやオルガンなどの伝統的な楽器だけではなく、ドラムやギターなどもすばらしいと感じるようになりました。
 あらゆるものをもって主を賛美させていただきましょう。何よりも主への賛美の心をいつも持つ人にならせていただこうではありませんか。ハレルヤ!
[PR]
by sayama_church | 2011-08-09 21:38 | 牧師の窓 | Comments(0)

8月7日(日)のご案内

◆ 主日礼拝    午前10:30~11:45 


   
     
      説  教  魅力ある人

                      Ⅱコリント5:17
                             
                       小坂 嘉嗣師

 


◆ 夕 拝    午後6:30~7:10


     説教  : 小坂嘉嗣師




  
   ・ どなた様でもお気軽にお出かけください。 
     一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。
     また、心の安息とリフレッシュのときとなります。
     信仰を強制するようなことは一切ありませんので
     初めての方もどうぞご安心してお出かけください。

   ・ 朝の主日礼拝では、並行して楽しい子どもチャペルがあります。
     お子さま連れの方も安心してお出かけください。

   ・ 夕礼拝の説教は、朝の礼拝の説教とほぼ同じ内容となります。

    ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

   ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
   ・ 朝の主日礼拝では車の送迎もしています。(入曽駅、武蔵藤沢駅、
     お体の不自由な方のお宅)詳しくは教会までお尋ねください。
     ℡04(2956)5973
[PR]
by sayama_church | 2011-08-06 11:07 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

CSキャンプで教えられたこと

今年のCSキャンプは、東京若枝教会のキャンプに加えていただきました。皆様の背後の尊いお祈りおかげで、天候も守られ、子どもたちも主イエス様を救い主として心に迎え、本当に恵まれたキャンプでした。
今回のキャンプを通して、東京若枝教会と交わりをもたせていただいて、教えられたことを3つほど記してみたいと思います。これからの私たちの教会の形成のために大いに参考となるかと思います。
1.同教会から15名ほどのスタッフが参加していましたが、多くの人がCS上がりでした。子どもときから教会に通い、救われて、今は奉仕者という人たちです。中には四十数年前の小学校の時から今年のキャンプに至るまで、初めは生徒として、そして後には奉仕者として毎年参加している人もいました。CSには大きな可能性があることを見させていただきました。私たちの教会も児童伝道に力を注ぎましょう。今年の参加した子どもたちが、やがてCSスタッフになることを夢見ましょう。
2.キャンプは、子どもたちが楽しく過ごせように、サファリーパークへ行ったり、ゲーム、キャンプファイヤーなど様々な工夫がなされていましたが、キャンプの目的は明確に子どもたちの魂の救いに置いてありました。集会後の分級では、スタッフが子どもたち一人一人を主イエスに対する信仰による救いに導いていました。魂を救いに導くこと、これこそ私たちのなすべき第一のことです。
3.キャンプの準備、運営、恐らく講師の選任以外はすべてを、信徒スタッフがしていました。信徒が牧師から責任を委ねられて、活発に奉仕していました。私たちの教会も良い意味で「信徒の教会」とならせていただきましょう。
  「わたしはこの岩の上にわたしの教会を建てます。」マタイ16:18
[PR]
by sayama_church | 2011-08-03 20:04 | 牧師の窓 | Comments(0)