<   2011年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 先週は父方の祖父母の記念会のために、久しぶりに父の実家に行ってきました。愛知県の新城市で、私の生まれ故郷でもあります。
 父は東京の大学を出て、故郷に戻ったときに手製の看板に導かれて初めて教会を訪ねました。20代のときです。そこは、後に大衆伝道者として活躍する滝本明師が開拓伝道していた小さな田舎の教会でした。父は、導かれるままに主イエスを信じ、受け入れました。特攻隊となるために少年航空兵に志願して入隊直前に終戦を迎えた父は、今度はキリストに自分の人生を賭けてみようと思ったのです。
 主イエスを信じた父の変貌ぶりは驚くべきものでした。子どものころから相当な腕白で、学校の先生には目を付けられ、思い余った祖母が「一緒に死んでくれ!」と言ったほどの子でしたが、「だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者です。古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新しくなりました。」(Ⅱコリント5:17)と御言葉にあるように、全く生まれ変わってしまったのです。何とか自分を変えたいと、金光教に入って修業をしたこともありましたが、得ることができなかった平安を、主イエスによって与えられたのでした。
 父が救われて、妹たちや祖母も教会に通うようになり、救われました。そして、最後に祖父も信仰を持ったのです。田舎においてクリスチャンになることは、村八分になることを覚悟しなければなりませんでしたが、父をこのように変えたイエスさまならばわたしも信じると言って、祖母は入信したそうです。
 聖書には、「主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたもあなたの家族も救われます。」(使徒16:31)と約束されています。記念会に出ながら、あらためて主の恵みを覚えたことでした。主の御名を崇めます。
[PR]
by sayama_church | 2011-10-30 20:50 | 牧師の窓 | Comments(0)

10月30日(日)のご案内

◆ 主日礼拝    午前10:30~11:45


   
     
      説  教  黙示録講解(下)②
              
               世に勝つ者               

                             黙示17:1~181
                             
                              小坂 嘉嗣師

 


◆ 夕 拝    午後6:30~7:10


     説教  : 小坂 嘉嗣師




  
   ・ どなた様でもお気軽にお出かけください。 
     一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。
     また、心の安息とリフレッシュのときとなります。
     信仰を強制するようなことは一切ありませんので
     初めての方もどうぞご安心してお出かけください。

   ・ 朝の主日礼拝では、並行して楽しい子どもチャペルがあります。
     お子さま連れの方も安心してお出かけください。

   ・ 夕礼拝の説教は、朝の礼拝の説教とほぼ同じ内容となります。

    ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

   ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
   ・ 朝の主日礼拝では車の送迎もしています。(入曽駅、武蔵藤沢駅、
     お体の不自由な方のお宅)詳しくは教会までお尋ねください。
     ℡04(2956)5973
[PR]
by sayama_church | 2011-10-29 14:07 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

 母は、現在、自宅で療養生活をしています。先日に意識不明となり、幸い意識は戻りましたが、それ以来はドクターの往診は週に1日と変わりませんが、訪問看護は毎日となってしまいました。C型肝炎と恐らく過労も重なってだと思うのですが肝臓を相当悪くしていて、どうしても毎日の点滴が欠かせないようです。
 しかし、不思議なほどに母の表情は明るく輝いています。口から出てくる言葉は、周りの人への気遣いと愛だけです。これには、息子の私も少々驚かされています。そして主イエスにある人の幸いと主イエスの救いのすばらしさを実感しています。
 思うに母の人生は、いつも自分のために生きるのではなく人のために生き、受けるのではなく人に与える人生だったように思います。愛されることを求めるよりも人を愛する人生でした。ことに、家族や困っている人、弱い人、貧しい人に心を寄せる人でした。
 聖書の中に「受けるよりも与えるほうが幸いである。」(使徒20:35)とあります。この御言葉は、祖母からも母からも、そして父からも小さいときから幾度も聞かされた言葉でした。もうひとつ「与えなさい。そうすれば、自分も与えられます。」(ルカ6:28)もよく聞かされました。
 母の晩年を身近に見ながら、祖母のときもそう思いましたが、この聖書の御言葉の確かさを感じています。家族を愛したから、家族に愛されて療養しているのだと思います。神と人に惜しみなく与えたから、何不自由なく手厚い看護を受けているのだと思います。
 人は、自分が生きたように死んでいきます。願わくは、私も母のように生きてみたいと思うことです。
[PR]
by sayama_church | 2011-10-23 19:51 | 牧師の窓 | Comments(0)

10月23日(日)のご案内

◆ 主日礼拝    午前10:30~11:45


   
     
      説  教  黙示録講解(下)①
              
               7つの災害と神の愛               

                             黙示16:1~21
                             
                              小坂 嘉嗣師

 


◆ 夕 拝    午後6:30~7:10


     説教  : 小坂 嘉嗣師




  
   ・ どなた様でもお気軽にお出かけください。 
     一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。
     また、心の安息とリフレッシュのときとなります。
     信仰を強制するようなことは一切ありませんので
     初めての方もどうぞご安心してお出かけください。

   ・ 朝の主日礼拝では、並行して楽しい子どもチャペルがあります。
     お子さま連れの方も安心してお出かけください。

   ・ 夕礼拝の説教は、朝の礼拝の説教とほぼ同じ内容となります。

    ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

   ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
   ・ 朝の主日礼拝では車の送迎もしています。(入曽駅、武蔵藤沢駅、
     お体の不自由な方のお宅)詳しくは教会までお尋ねください。
     ℡04(2956)5973
[PR]
by sayama_church | 2011-10-22 08:54 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

リバイバルへの導火線

 先週の札幌での奉仕のためにお祈りをいただき、本当にありがとうございました。昨年の聖化大会の青年大会での奉仕を除くと「聖会」とか「クルセード」などの重たい名前のつく集まりでの奉仕は初めての経験でした。にもかかわらず、落ち着いて、自由に、主の御霊の助けをひしひしと感じて、御用をさせていただけたのは、SSK(札幌宣教交友会)の先生方、皆さまのお祈りと何よりも狭山キリスト教会のお祈りがあったおかげだと感謝しております。
 使徒の働きを読むと、宣教は聖霊の働きであり、祈りによって成し遂げられるものであることがわかります。今の日本の状況は、霊的にはパウロをはじめ使徒たちが伝道していた時代や社会と何ら変わりがありません。日本の社会を覆う異教的な様相はますます強くなり、人々の心は真理に対して頑なになっています。けれども同時に、その心は渇いており、迷っています。魂の奥底では救いを求めて叫んでいます。ですから、どうしても人にいのちを与える聖書の真理がまっすぐに語られ、救い主イエス・キリストが宣べ伝えられなければなりません。主イエス・キリストにこそ救いがあるのです。
 狭山キリスト教会は、日本のリバイバルへの導火線とならせていただこうではありませんか。この狭山の地から霊的に死んでいる人々が次々によみがえるリバイバルを見せていただこうではありませんか。そのためには祈らなければなりません。主の働きは、聖霊によって成し遂げられるものだからです。隠れた罪は告白して捨て去らなければなりません。罪は聖霊の働きを止めます。主を信じ、信頼し、あらゆる道で主に従わなければなりません。聖霊は従う者に注がれるのです。
 私自身も心燃やされて北海道から戻ってきました。
  
 「聖霊があなたがたの上に臨まれるとき、・・・地の果てにまで、わたしの証人となります。」(使徒1:8)
[PR]
by sayama_church | 2011-10-21 11:46 | 牧師の窓 | Comments(0)

10月16日(日)のご案内

◆ ウェルカム礼拝   午前10:30~11:45          
   
    説  教  主の御衣に触れた女
           
                     マルコ5:25~34  
                    
                          小坂 嘉嗣牧師

   *教会が初めての方々、久しぶりの方々、大歓迎です!!!
    ぜひ、お出かけください。どなたにもわかりやすい聖書のお話です。

       

◆ 夕 拝    午後6:30~7:10                                      
                          小坂  嘉嗣牧師



   ・ 一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。
     心の安息とリフレッシュのときとなります。
     信仰を強制するようなことは一切ありませんので
     初めての方もどうぞご安心してお出かけください。

   ・ 小さなお友だちも出席しています。
     お子さま連れの方も安心してお出かけください。

   ・ 夕礼拝の説教は、朝の礼拝の説教とほぼ同じ内容となります。

    ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

   ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
   ・ 朝の主日礼拝では車の送迎もしています。(入曽駅、武蔵藤沢駅、
     お体の不自由な方のお宅)詳しくは教会までお尋ねください。
     ℡04(2956)5973
[PR]
by sayama_church | 2011-10-14 09:59 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

心の安息

 先週、ある会合に出ていました。会議の終わりにひとりの牧師が祈りを捧げられました。「東日本を襲った大地震、津波、原発事故・・・。復興が少しずつ進められつつありますが、人は建物など外側を整えることができても、内側を癒すことはできません。・・・」本当にその通りだと思いつつ、祈りに心を合わせたことです。人の内面を癒し、回復させ、そして立たせることのできるのは、やはり主イエスであり、聖霊の働きだと思うのです。
 主イエスはこう言われました。「わたしは、あなたがたに平安を残します。わたしは、あなたがたにわたしの平安を与えます。わたしがあなたがたに与えるのは、世が与えるのとは違います。あなたがたは心を騒がしてはなりません。恐れてはなりません。」(ヨハネ14:27)
 アメリカの有名な伝道者のビリーグラハム博士が、カリブ海に浮かぶ島を訪ねた時のことです。その島に住む世界的に有名な大富豪に大邸宅での昼食に招かれました。しかし、その大富豪は、食事の間も楽しむことなく、嘆き悲しんでいるように見え、ビリーグラハムにこう言いました。「私は世界一みじめで悲惨な人間だ」ところが同じ日の午後、ビリーグラハムを地元の牧師が訪ねてきました。たまたま年は先ほどの大富豪と同い年の75歳で、妻を亡くしたひとり者でした。多くの時間を教会や社会奉仕のために、また体の不自由な二人の姉妹の世話に費やしていました。彼は、「自分は一文無しです」と笑い、「けれど、この島でいちばんの幸せ者です」と言いました。(ビリー・グラハム著「ほんとうの安息」から)
 私たちは、主イエスにあってほんとうの安息を得ることができるのです。主イエスの十字架による罪の赦し、神との和解を得ることによって、そして聖霊による神との交わりを通して、心がいやされ、平安と喜びといのちを持つのです。
[PR]
by sayama_church | 2011-10-12 20:19 | 牧師の窓 | Comments(0)

10月9日(日)のご案内

◆ 主日礼拝    午前10:30~11:45 


   
     
      説  教  契約の血の秘密                 

                             ヘブル9:7、11,12
                             
          日本宣教会監督 代田教会牧師   小坂 礼輔師

 


◆ 夕 拝    午後6:30~7:10


     説教  : 小坂由紀子師




  
   ・ どなた様でもお気軽にお出かけください。 
     一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。
     また、心の安息とリフレッシュのときとなります。
     信仰を強制するようなことは一切ありませんので
     初めての方もどうぞご安心してお出かけください。

   ・ 朝の主日礼拝では、並行して楽しい子どもチャペルがあります。
     お子さま連れの方も安心してお出かけください。

   ・ 夕礼拝の説教は、朝の礼拝の説教とほぼ同じ内容となります。

    ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

   ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
   ・ 朝の主日礼拝では車の送迎もしています。(入曽駅、武蔵藤沢駅、
     お体の不自由な方のお宅)詳しくは教会までお尋ねください。
     ℡04(2956)5973
[PR]
by sayama_church | 2011-10-06 23:16 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

苦しみ

 私は、自分が苦しみについて何かを語れるような人間ではないと思っています。これまでの短い(?)人生において、悲しいこと、辛いこと、苦しみを経験してきましたが、私以上に大きな痛みを乗り越えてこられた、あるいは今なお戦っておられる方々が多くおれるからです。
 先日、福島第一聖書バブテスト教会の佐藤彰師が著されたトラクトを読みました。この教会は、福島第一原子力発電所のすぐ近くにあるために、3.11の大震災のために起った原発事故の被害をもろに受けました。教会は閉鎖、信徒は離散、60人ほどの一部の信徒と牧師は集団で流浪の避難生活を続けています。そうした苦しみの中からの一文です。「私はある日、避難所から他の避難所に物資を届けようとしました。けれども、突如自分の心が耐えられなくなり、思わず避難所から飛び出してしまいました。その時、自分の心が傷ついていることを知りました。自らおぼれながら、他のおぼれる人を助けることができないことを知りました。」(佐藤彰著「闇に輝く光」から)
 心は痛み、呻き、傷つきます。その痛さは、同じような苦しみの中を通った人しか分かりません。どうして苦しみがあるのでしょうか。その答えを見つけることは簡単ではありません。しかし、聖書の中にこのような言葉があります。「彼らが苦しむときには、いつも主も苦しみ、ご自身の使いが彼らを救った。その愛とあわれみによって主は彼らを贖い、昔からずっと、彼らを背負い、抱いて来られた。」(イザヤ63:9,10)
 私たちが苦しむとき主も共に苦しんでおられます。その胸に抱いておられるのです。そして、救って下さるのです。私たちは祈ろうではありませんか。「主よ、私たちの不信仰の罪を赦して下さい。そして、私たちを顧みて下さい。」
[PR]
by sayama_church | 2011-10-05 13:03 | 牧師の窓 | Comments(0)

10月2日(日)のご案内

◆ 主日礼拝    午前10:30~11:45 


   
     
      説  教  いのちに溢れて生きるために
                 

                             Ⅰヨハネ1:1~10
                             
                       小坂 嘉嗣師

 


◆ 夕 拝    午後6:30~7:10


     説教  : 小坂嘉嗣師




  
   ・ どなた様でもお気軽にお出かけください。 
     一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。
     また、心の安息とリフレッシュのときとなります。
     信仰を強制するようなことは一切ありませんので
     初めての方もどうぞご安心してお出かけください。

   ・ 朝の主日礼拝では、並行して楽しい子どもチャペルがあります。
     お子さま連れの方も安心してお出かけください。

   ・ 夕礼拝の説教は、朝の礼拝の説教とほぼ同じ内容となります。

    ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

   ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
   ・ 朝の主日礼拝では車の送迎もしています。(入曽駅、武蔵藤沢駅、
     お体の不自由な方のお宅)詳しくは教会までお尋ねください。
     ℡04(2956)5973
[PR]
by sayama_church | 2011-10-01 08:18 | 礼拝のご案内 | Comments(0)