<   2012年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2012年4月1日(日)

◆ 主日礼拝  午前10:30~11:45   /   夕   拝  午後6:30~7:10
   
     
      説  教  キリストの十字架             
                             

                            ヨハネ19:28~30   
                                  
                                小坂嘉嗣師  

  
   ・ どなた様でもお出かけください。 
     一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。
     また、心の安息とリフレッシュのときとなります。
     信仰を強制するようなことは一切ありませんので
     初めての方もどうぞご安心してお出かけください。

   ・ 朝の主日礼拝では、並行して楽しい子どもチャペルがあります。
     お子さま連れの方も安心してお出かけください。

   ・ 夕礼拝の説教は、朝の礼拝の説教とほぼ同じ内容となります。

    ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

   ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
   ・ 朝の主日礼拝では車の送迎もしています。(入曽駅、武蔵藤沢駅、
     お体の不自由な方のお宅)詳しくは教会までお尋ねください。
     ℡04(2956)597
[PR]
by sayama_church | 2012-03-31 12:21 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

真に生きる道

 今、私たちは教会暦においてはキリストの苦しみを思う受難節を過ごしています。主イエスは、私たちの罪のために多くの苦しみと辱めを受け、十字架に磔にされました。驚くべきことはこのキリストの十字架のゆえに私たちは救いを受けることができるということです。私たちが救われる根拠は、それ以外の何ものでもありません。
 ところで、主イエスは、十字架を前にして次のようなことをお語りになりました。「いのちを救おうと思う者はそれを失い、わたしのためにいのちを失う者は、それを見いだすのです。」マタイ16:25
 これは、十字架の途をたどることの幸いを教えたものです。どうしたら本当の意味で生きることができるのでしょうか。自分を捨て、自分の十字架を取ることです。この御言葉の意味はそういうことです。それにしても不思議な言葉です。自分のいのちを失うことによって持つことになり、持つことによって失うことになるというのです。大いなる逆説です。けれども、主イエスのご生涯そのものがこの御言葉の真理を明らかにしているのです。主イエスは、父なる神の御心に従い、自分を捨て、自分のいのちを私たちのために注ぎ出されました。その結果は、多くの魂を獲得したばかりか、復活と父なる神の右の座につく栄光を受けられたのです
 私たちは、自己主張、自己拡張、自己追及の文化の中に生きています。建て前では色々なことを言っても、結局は自分のためにのみ生きることを追い求めています。けれどもそれでは、本当の意味で生きることにつながらないのです。自分自身を与えるとき、主イエスに自分を捧げるとき、真に生きることになるのです。自分を捨て、十字架をとられたキリストを思いましょう!
[PR]
by sayama_church | 2012-03-25 20:51 | 牧師の窓 | Comments(0)

2012年3月25日(日)

◆ 主日礼拝  午前10:30~11:45   /   夕   拝  午後6:30~7:10
   
     
      説  教  あなたは何を求めているのか。             
                             

                            マルコ10:32~45   
                                  
                                小坂嘉嗣師  

  
   ・ どなた様でもお出かけください。 
     一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。
     また、心の安息とリフレッシュのときとなります。
     信仰を強制するようなことは一切ありませんので
     初めての方もどうぞご安心してお出かけください。

   ・ 朝の主日礼拝では、並行して楽しい子どもチャペルがあります。
     お子さま連れの方も安心してお出かけください。

   ・ 夕礼拝の説教は、朝の礼拝の説教とほぼ同じ内容となります。

    ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

   ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
   ・ 朝の主日礼拝では車の送迎もしています。(入曽駅、武蔵藤沢駅、
     お体の不自由な方のお宅)詳しくは教会までお尋ねください。
     ℡04(2956)597
[PR]
by sayama_church | 2012-03-24 13:38 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

「日本宣教会」 

 今日は、私は代田教会での奉仕ですので、代田から狭山の礼拝の祝福をお祈りさせていただきます。
 神学校を卒業して狭山での開拓に遣わされて19年になります。主は、よくもこんな愚かで未熟な足りない人間をお捨てにならずに、主の働き人としてお支えくださったかと思うと感謝な思いで心が一杯になります。まさに、聖書に「しかし神は、知恵ある者をはずかしめるために、この世の愚かな者を選び、強い者をはずかしめるために、この世の弱い者を選ばれたのです。また、この世の取るに足りない者や見下されている者を、神は選ばれました。すなわち、有るものをない者のようにするため、無に等しいものを選ばれたのです。」(Ⅰコリント1:27,28)
とある通りです。
 ところで、私が信仰をもったときの一番の喜びは、「罪が赦されていつ死んでも天国にゆけるとの確信」と「神さまが私と一緒にいてくださるという平安」を得たことでした。この二つが私の信仰の原点であります。私にとりましては、主イエスは「いのち」であり「宝」であります。このキリストにある平安なくしては、生きていくことができないとものとなりました。
 私が味わっているような心の平安と喜びを一人でも多くの方々に知っていただきたいと願い、これからも伝道したいと思います。「日本宣教会」です。北は北海道から南は沖縄まで伝道する使命が与えられているのです。否、日本から世界の果てにまで宣教する使命があるのではないでしょうか。このような名を冠する群に導かれていることを感謝いたします。

「地の果てのすべての者よ。わたしを仰ぎ見て救われよ。わたしが神である。ほかにはいない。」(イザヤ45:22)
[PR]
by sayama_church | 2012-03-22 18:37 | 牧師の窓 | Comments(0)

2012年3月18日(日)

◆ 主日礼拝   午前10:30~11:45


   
     
      説  教  運命を決する3つの質問             
                             

                            ローマ11:36   
                                  
                 日本宣教会監督  小坂禮輔師     
 
 


◆ 夕   拝  午後6:30~7:10   

     
      説 教 : 小坂嘉嗣師  
     



  
   ・ どなた様でもお出かけください。 
     一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。
     また、心の安息とリフレッシュのときとなります。
     信仰を強制するようなことは一切ありませんので
     初めての方もどうぞご安心してお出かけください。

   ・ 朝の主日礼拝では、並行して楽しい子どもチャペルがあります。
     お子さま連れの方も安心してお出かけください。

   ・ 夕礼拝の説教は、朝の礼拝の説教とほぼ同じ内容となります。

    ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

   ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
   ・ 朝の主日礼拝では車の送迎もしています。(入曽駅、武蔵藤沢駅、
     お体の不自由な方のお宅)詳しくは教会までお尋ねください。
     ℡04(2956)597
[PR]
by sayama_church | 2012-03-17 20:29 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

3.11の日に

 今日は3月11日、東日本大震災から丸一年が経ちました。あの日、確か金曜日だったと思います。教会で仕事をしていましたが、これまでにないあまりにも激しい揺れのために、外に飛び出したところ、電柱が大きく振れ、大地が震えていました。しばらくは、家族、親族の安否を確認する電話も通じません。始め、何が、どのようなことが起っているのか全く分かりませんでしたが、やがて、東北沿岸を飲み込む津波、福島の原発事故の凄惨なニュースが入ってきました。
 この1年、私たちの教会が、否、私自身が被災者の痛みにどれだけ寄り添ったかと思うと恥ずかしい気持ちで一杯となります。わずかに祈祷会で祈り、義援金を捧げ、1度だけボラティアで被災地に行かせていただいた・・・・。被災者の悲しみに比したら心苦しい気持ちになります。
 けれども、主は今、東北地方で力強く働いておられます。多くのクリスチャンが支援のために被災地に入りました。現地の教会も踏みとどまって救済活動の拠点となって労苦を惜しまずに働いています。そうしたニュースが私の耳にも入ってきます。そして、先日ある会合で、宮城の牧師がこんな報告をして下さいました。「宮城でフランクリン・グラハムの<希望の祭典>というクルーセードが開かれた。延べで1万人以上の人たちが集まり、多くの人たちが信仰を求めて前に進み出た。これまで考えられない光景だった。」
 一番被災者のために心を痛め、目を留めておられるは主イエス様なのかもしれません。被災地のために続けて祈らせていただきましょう。

「まことに、御怒りはつかの間、いのちは恩寵のうちにある。夕暮れには涙が宿っても、朝明けには喜びの叫びがある。」詩篇30:5
[PR]
by sayama_church | 2012-03-14 22:08 | 牧師の窓 | Comments(0)

2012年3月11日(日)

◆ 主日礼拝   午前10:30~11:45


   
     
      説  教  嘆きを踊りに変えてくださる神様。             
                             

                                   詩篇30篇   
                                  
                                  小坂嘉嗣師     
 
 


◆ 夕   拝  午後6:30~7:10   

     
      説 教 : 小坂嘉嗣師  
     



  
   ・ どなた様でもお出かけください。 
     一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。
     また、心の安息とリフレッシュのときとなります。
     信仰を強制するようなことは一切ありませんので
     初めての方もどうぞご安心してお出かけください。

   ・ 朝の主日礼拝では、並行して楽しい子どもチャペルがあります。
     お子さま連れの方も安心してお出かけください。

   ・ 夕礼拝の説教は、朝の礼拝の説教とほぼ同じ内容となります。

    ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

   ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
   ・ 朝の主日礼拝では車の送迎もしています。(入曽駅、武蔵藤沢駅、
     お体の不自由な方のお宅)詳しくは教会
[PR]
by sayama_church | 2012-03-10 14:35 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

いかなるときにも

 車を走らせて、狭い路地にカーブを切って入ったときです。例によって車がエンストしてしまいました。古い車なので、寒い日は減速すると、決まってエンストしてしまうのです。急いでいたので「またか!」と忌々しく思っていると、突然、前方から車が飛び出してきました。お年寄りの運転の高級車で、車庫から出てきたのでした。追突を免れて、フッと思いました。「あれ?神さまに守られたのかな。」
 同じく、先週の出来事です。お茶の水クリスチャンセンターで会議があるので、ぎりぎりの電車に飛び乗りました。ところが途中で信号トラブルが起きて、乗り換えの所沢駅で電車はやってきません。私は書記でしたので、焦りました。遅刻する訳にはいかないのです。次の乗り換えの池袋で走り、お茶の水駅を降りて走りました。パソコンの入った重いバックを手にしながら「何でこんなことが起るのだろう!」と呟いていました。「ハアハア」と息せききって、10分遅れで会議室に走り込み、「すみません。すみません。」と小さな声で頭を下げながら、席に着いて驚きました。いつもなら定刻に始まっているはずの会議がまだ始まっていないです。他に到着していない方が多く、何と10分遅れのスタートでした。ああ、助かった!そして思いました。「神さまに守られた。」
 日常の何気ない出来事ですが、この二つの出来事を通して主は私に一つのことを語って下さいました。「わたしは、どんなときにも共にいるのだよ。」
 人生には、私がここに記したような些細なことではなくて、もっと深刻で、辛い、悲しい、苦しいと、大変な、思いがけないことがいくらでも起きて来きます。そんなとき、私たちは思います。「ああ、もうダメだ。」「何でこんなことになったのか。」「どうしてこんなことが起きるのか。」けれども、主は言われます。「いつでも、どんなときでも、わたしは共にいる。わたしの支配と見守りを信じなさい。」いつでもどこでも逃れの途が備えられ、主の私たちに対する最善が隠されているのです。感謝なことです。

  「神は真実な方ですから・・・耐えることのできるように、試練とともに、脱出の道も備えてくださいます。」 Ⅰコリント10:13
[PR]
by sayama_church | 2012-03-07 00:02 | 牧師の窓 | Comments(0)

2012年3月4日(日)

◆ 主日礼拝   午前10:30~11:45


   
     
      説  教  出て行く。             
                             

               マルコ16:15  マタイ28:19,20   
                                  
                                  小坂嘉嗣師     
 
 


◆ 夕   拝  午後6:30~7:10   

     
      説 教 : 小坂嘉嗣師  
     



  
   ・ どなた様でもお出かけください。 
     一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。
     また、心の安息とリフレッシュのときとなります。
     信仰を強制するようなことは一切ありませんので
     初めての方もどうぞご安心してお出かけください。

   ・ 朝の主日礼拝では、並行して楽しい子どもチャペルがあります。
     お子さま連れの方も安心してお出かけください。

   ・ 夕礼拝の説教は、朝の礼拝の説教とほぼ同じ内容となります。

    ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

   ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
   ・ 朝の主日礼拝では車の送迎もしています。(入曽駅、武蔵藤沢駅、
     お体の不自由な方のお宅)詳しくは教会までお尋ねください。
     ℡04(2956)597
[PR]
by sayama_church | 2012-03-02 23:10 | 礼拝のご案内 | Comments(0)