<   2012年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

祈りのチーム

 2012年度の「祈りのしおり」の作成のあたり、祈りのリクエストをご提出下さり、ありがとうございました。5月中にはお手元にお届けできるかと思います。
 祈りは、「炉」のようなものです。昔の蒸気機関車は炉に石炭をくべることによって力強く走ったように、教会も祈りの炎が燃えることによって、主のみ心の道を歩み、主が為してほしいと願っておれることを成し遂げていくことができるのです。
 ところで、私たちの教会には、「受付」「食事作り」「ワープロ」・・・など10ほどの奉仕チームがあります。皆さんの一つ一つのご奉仕に感謝し、主の豊かな報いと祝福ありますように祈らせていただきます。
この奉仕チームに「祈りのチーム」を新たに起こしたらどうでしょうか。現在は、名前としてはあるのですが、実際は機能していないようです。もちろん、祈りはすべてのキリスト者が毎日捧げるものですが、格別に「とりなしの祈り」に重荷を持つ人がチームを作り、祈りのリクエストのために「とりなしの祈り」を捧げるようにするのです。
 具体的には次のようなことをしていただけましたら感謝です。1.「祈りのしおり」を用いて毎日とりなしの祈りを捧げる。2.礼拝前に集まって礼拝の祝福のために祈りを捧げる。3.牧師と連絡を取り合い、祈りの要請があったらそのために祈る。4.祈りのリクエストを呼び掛け、定期的に「祈りのしおり」を更新する。
  教会にとりまして、祈りは強調しても強調しすぎることはありません。教会の働きは「祈りと御言葉」が土台であり、それによって働かれる「聖霊」が原動力なのです。 

 「モーセが手を上げているときは、イスラエルが優勢になり、手を降ろしているときは、アマレクが優勢になった。」出エジプト17:11
[PR]
by sayama_church | 2012-04-30 22:03 | 牧師の窓 | Comments(0)

2012年4月29日(日)

◆ 主日礼拝   午前10:30~11:45


   
     
      説  教  心の貧しい者とその祝福            
                             

                               マタイ5:3   
                                  
                   日本宣教会監督 小坂禮輔師     
 
 


◆ 夕   拝  午後6:30~7:10   

     
      説 教 : 小坂由紀子伝道師  
     



  
   ・ どなた様でもお出かけください。 
     一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。
     また、心の安息とリフレッシュのときとなります。
     信仰を強制するようなことは一切ありませんので
     初めての方もどうぞご安心してお出かけください。

   ・ 朝の主日礼拝では、並行して楽しい子どもチャペルがあります。
     お子さま連れの方も安心してお出かけください。

   ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

   ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
   ・ 朝の主日礼拝では車の送迎もしています。(入曽駅、武蔵藤沢駅、
     お体の不自由な方のお宅)詳しくは教会までお尋ねください。
     ℡04(2956)597
[PR]
by sayama_church | 2012-04-27 20:04 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

JCGI研修

 先週は、教会の皆さまのお祈りに送られてJCGIの研修に行って参りました。来年の2013年度に教会開拓20周年の節目を迎えます。この研修は、これまでの教会の歩みを振り返り、整理して、これからのヴィジョンを天から明確にいただいて、飛躍的な成長への新しい段階に進むための主の備えであると感じています。これから1年半に渡り、教会として進むべき方向をはっきりとさせ、そのための計画を立てる作業を行い、新しい一歩を踏み出させていただきます。このことのために教会を挙げて心を注ぎ出してお祈りを致しましょう。
 さて、今回の集中講義で教えられたことを2つご紹介させていただきます。
第一は、祈りの大切さです。開拓以来、私は祈りを重要視してきたつもりですが、十分とは言えませんでした。個人的にも、教会の営みにおいても一層そのことを励み、深めて行く必要があります。祈りは奇跡を生み、物事を成し遂げ、状況を作り変えます。祈り会にさらに多く方々が集われますように。また各人が、毎日、信仰をもって教会のために、人々の救いのために祈っていただきたいと思います。鍵は「信仰をもって」祈ることです。
 第二は、神さまの大きな期待が私たちの教会にあることです。主は私たちの教会がどのようにして主に仕えるべきかご計画とご期待をもっています。私は、その一つが「地域に根差し」、「日本および世界の果てを見据え」て「宣教する」ことだと信じています。これまでの過去を振り返り、現状を踏まえて、私たちの教会が「地域に根差す」ために何をしたらよいのか、「日本さらに地の果てを見据えた宣教をする」ためにどのようなことをすべきなのか、祈りつつ、ご一緒に主からの導きを受けたいと思います。
 私たちの教会には主による大きな可能性があるのではないでしょうか。 

      「幻がなければ、民はほしいままにふるまう。」(箴言29:18)
 
[PR]
by sayama_church | 2012-04-26 22:58 | 牧師の窓 | Comments(0)

2012年4月22日(日)

◆ 主日礼拝  午前10:30~11:45   /   夕   拝  午後6:30~7:10
   
     
      説  教  神さまの期待

                      使徒13:1~3
     
                               小坂 嘉嗣師                     
                                 

  
   ・ どなた様でもお出かけください。 
     一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。
     また、心の安息とリフレッシュのときとなります。
     信仰を強制するようなことは一切ありませんので
     初めての方もどうぞご安心してお出かけください。

   ・ 朝の主日礼拝では、並行して楽しい子どもチャペルがあります。
     お子さま連れの方も安心してお出かけください。

   ・ 夕礼拝の説教は、朝の礼拝の説教とほぼ同じ内容となります。

    ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

   ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
   ・ 朝の主日礼拝では車の送迎もしています。(入曽駅、武蔵藤沢駅、
     お体の不自由な方のお宅)詳しくは教会までお尋ねください。
     ℡04(2956)597
[PR]
by sayama_church | 2012-04-21 14:14 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

とりなしの祈り

 先週は、イースターの喜びをともにお祝いしました。礼拝後に、初めて「もちつき」をいたしましたが、とても好評で、CSと英会話のお友だちや、保護者の方なども参加して下さり、イースターを喜び、楽しく過ごすことができました。
 さて、4月から私たちの教会は2年間に亘ってJCGI(日本教会成長研修所)の研修を受けることになりました。教会形成のコーチングを受けます。今週、私は集中研修に参加します。今後、私たちの教会は、世話役会、責任役員会を中心に教会をあげて主によって与えられているヴィジョンをつかみ、明確にすることや、ヴィジョンに向けての計画を立て、変えるべきことは変え、新しく取り組むべきことは取り組む新しい一歩を踏み出すことになります。
早速、私たちの教会に与えられた課題があります。それは、牧師のための「とりなし手チーム」と作ることです。これは、牧師のために心を定めて、毎日祈りを捧げる人のチームです。
 教会の力は、祈りであります。祈りなくしては、主の働きを進めることも、成し遂げることもできません。そして、最も祈られなければならないのは、牧師のためです。牧師は、主によって立てられた教会のリーダーであり、鍵であります。牧師が過ちを起こし、道を踏み外すと教会は計り知れないダメージを受けます。また、牧師の牧会、伝道、説教に力を与えるのは聖霊ですが、それを可能にするのは多くの人の祈りです。また牧師は絶えず霊的な戦いを強いられますが、それに勝利させるのも「とりなしの祈り」です。
 どうか、私のためにお祈りくださるようによろしくお願いいたします。

「また、私が口を開くとき、語るべきことばが与えられ、福音の奥義を大胆に知らせることができるように私のためにも祈ってください。」エペソ6:19
[PR]
by sayama_church | 2012-04-21 14:09 | 牧師の窓 | Comments(0)

2012年4月15日(日)

◆ 主日礼拝   午前10:30~11:4


   
     
      説  教  イースターのあとに思うこと            
                             

                            Ⅰテサロニケ4:16~18   
                                  
                               小坂由紀子伝道師     
 
 


◆ 夕   拝  午後6:30~7:10   

     
      説 教 : 夜明けの岸辺に立たれるイエス
                           
                             ヨハネ21:1~13
                                
                                 小坂嘉嗣師  
     



  
   ・ どなた様でもお出かけください。 
     一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。
     また、心の安息とリフレッシュのときとなります。
     信仰を強制するようなことは一切ありませんので
     初めての方もどうぞご安心してお出かけください。

   ・ 朝の主日礼拝では、並行して楽しい子どもチャペルがあります。
     お子さま連れの方も安心してお出かけください。

   ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

   ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
   ・ 朝の主日礼拝では車の送迎もしています。(入曽駅、武蔵藤沢駅、
     お体の不自由な方のお宅)詳しくは教会までお尋ねください。
     ℡04(2956)597
[PR]
by sayama_church | 2012-04-14 11:28 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

栄光のからだ

 イースターおめでとうございます。この日は、すべての人にとって真に喜ばしい祝いであり、祭りです。それは、罪の結果人類にもたらされた死が主イエスによって滅ぼされ、主イエスを信じる者が永遠のいのちを受けることのできるしるしなのですから。
 完全に死んだ人が、よみがえることなど、これまでの歴史にはありませんでした。蘇生ならばいくらでもありました。主イエスも、12才の少女やラザロを生き返らせました。けれども蘇生です。ですから、やがてその人たちはまた亡くなりました。しかし、主イエスは、栄光のからだによみがえったのです。御霊に属するからだ、朽ちないからだに。神の国を相続するからだです。復活の主イエスは、手には釘跡、脇には槍の跡があったのですから、以前の体と無関係ではありません。けれども血肉のからだではありません。死なないからだです。変えられた栄光のからだです。
 主イエスの十字架と復活は、神に背き、神を排除し、神ならぬ物を神として、自分の情と欲のままに生きる人間の罪と罪の結果である死に対する解決でした。
主イエスの十字架と復活のよって、信じる者は罪が赦され、神との関係が回復し、神の子となり、そして永遠のいのちを受けるのです。
 主イエスにある人よ。もはや死を恐れる必要はありませ。死んでも生きるのです。人の思い出の中にでもなく、子孫の血肉の中にでもありません。あなた自身が神の御手のなかに生き続けるのです。そして、主のご再臨のときに栄光のからだに復活するのです。主イエスのように。

 「わたしは、よみがえりです。いのちです。わたしを信じる者は、死んでも生きるのです。」ヨハネ11:25

[PR]
by sayama_church | 2012-04-10 21:51 | 牧師の窓 | Comments(0)

2012年4月8日(日)

◆ イースター礼拝  午前10:30~11:45  
   
     
      説  教  私の主。私の神。             
                             

                            ヨハネ20:24~31   
                                  
                                小坂嘉嗣師 

◆ イースター「もちつき大会」  正午0:00~午後2:00

      子どもも大人もどなたもどうぞ。 大歓迎!!!
   
      あんこ、きなこ、大根からみでいただきます。
      
      参加費:無料


◆ 夕 拝      午後6:30~7:10

      説  教 :小坂嘉嗣師



  
   ・ どなた様でもお出かけください。 
     一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。
     また、心の安息とリフレッシュのときとなります。
     信仰を強制するようなことは一切ありませんので
     初めての方もどうぞご安心してお出かけください。

   ・ 朝の主日礼拝では、並行して楽しい子どもチャペルがあります。
     お子さま連れの方も安心してお出かけください。

   ・ 夕礼拝の説教は、朝の礼拝の説教とほぼ同じ内容となります。

    ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

   ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
   ・ 朝の主日礼拝では車の送迎もしています。(入曽駅、武蔵藤沢駅、
     お体の不自由な方のお宅)詳しくは教会までお尋ねください。
     ℡04(2956)597
[PR]
by sayama_church | 2012-04-07 10:29 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

十字架

 いよいよ受難週に入ります。今日は「棕櫚の聖日」です。主イエスは十字架に磔にされる最後の週の初めにロバの子に乗ってエルサレムにお入りになりましたが、そのとき人々は上着を道に敷き、棕櫚の枝を振って、「ホサナ。祝福あれ。主の御名によって来られる方に。」と歓呼の声を上げて迎えました。このことから受難週に入る最初の日曜日を「棕櫚の聖日」と呼びます。
 人間の心とは変わり易いものです。この日に主イエスを賛美して迎えた群衆は、数日後には「十字架につけろ!」と叫びます。主イエスを妬む祭司長、律法学者に扇動させられたとは言え、主イエスが彼らの期待したような政治的、現世的は利益や欲望を満足させる方ではないと分かったからです。まことにおぞましいかな。主イエスの十字架を廻って、人間の罪、汚れ、醜さがこれでもかとばかりに表に現れてきます。
 そのような中にあって、主イエスは不思議なほど必要なこと以外は沈黙を守り、十字架への道を進んでいきます。人間の妬み、利己心、罪、汚れが主イエスを十字架に追いやりますが、実はその一方で主イエスはその上に立って支配される父なる神に御心に従って、自ら十字架を取られたのです。私たちの罪の贖いのために。聖書はこう言います。「キリストは罪を犯したことがなく、その口に何の偽りも見いだされませんでした。ののしられても、ののしり返さず、苦しめられても、おどすことをせず、正しくさばかれる方にお任せになりました。そして自分から十字架の上で、私たちの罪をその身に負われました。それは、私たちが罪を離れ、義のために生きるためです。キリストの打ち傷のゆえに、あなたがたは、いやされたのです。」(Ⅰペテロ2:22-24)
 主イエスの十字架の故に救い、赦し、癒しがあるのです。今の私達があるのです。
[PR]
by sayama_church | 2012-04-05 21:24 | 牧師の窓 | Comments(0)