<   2012年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2012年7月29日(日)

◆ 主日礼拝   午前10:30~11:45


   
     
      説  教  美しい人生 

                    詩篇17篇

                   小坂由紀子師           

               
                             

 


◆ 夕   拝  午後6:30~7:10   

     
      説 教 : 小坂嘉嗣師  
     



  
   ・ どなた様でもお出かけください。 
     一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。
     また、心の安息とリフレッシュのときとなります。
     信仰を強制するようなことは一切ありませんので
     初めての方もどうぞご安心してお出かけください。

   ・ 朝の主日礼拝では、並行して楽しい子どもチャペルがあります。
     お子さま連れの方も安心してお出かけください。

   ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

   ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
   ・ 朝の主日礼拝では車の送迎もしています。(入曽駅、武蔵藤沢駅、
     お体の不自由な方のお宅)詳しくは教会までお尋ねください。
     ℡04(2956)597
[PR]
by sayama_church | 2012-07-28 09:12 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

結婚式 

 昨日、私たちの教会で結婚式が行われました。お二人とも未だクリスチャンではありません。新郎のお母様を知る教会員を通して依頼を受けまして、喜んで引き受けさせていただきました。
 新郎のお母様は、何度か教会に見えられたことがありますが、新郎と新婦、そして多くのご親族の方々にとっては、このようなことがない限り、聖書にも教会にも触れる機会はあまりなかったのではないかと思います。若いお二人には結婚カウンセリングも受けていただき、感謝でした。
 もしかしたら、教会によっては、ノンクリスチャンの結婚式を行わないところもあるかもしれません。それは、それで理由あってのことだと思います。けれども、私は、あらゆる機会を捉えて、一人でも多くの人に、神の愛とキリストの恵みに触れていただきたいと心から願って、執り行わせていただきました。使徒パウロは次のように言っています。「律法を持たない人々に対しては、・・・律法を持たない者のようになりました。それは律法を持たない人々を獲得するためです。弱い人々には、弱い者になりました。すべての人に、すべてのものとなりました。それは、何とかして、幾人かでも救うためです。私はすべてのことを、福音のためにしています。それは、私も福音の恵みをともに受ける者となるためなのです。」(Ⅰコリント9:21-23)
 「いつの日か、主イエス・キリストに出会ってほしい。そして本当に祝福された人生を歩んでほしい。」そんな心をもって、二人を送り出しました。「主よ、どうかこの若い二人を覚えて下さい。アーメン。」
[PR]
by sayama_church | 2012-07-24 18:05 | 牧師の窓 | Comments(0)

2012年7月22日(日)

◆ 主日礼拝   午前10:30~11:45


   
     
      説  教  黙示録講解説教(下) ⑩            

           「アーメン。主イエスよ、来てください。」           
                             

                     黙示録22:6~21  
                                  
                          小坂嘉嗣師     
 
 


◆ 夕   拝  午後6:30~7:10   

     
      説 教 : 小坂嘉嗣師  
     



  
   ・ どなた様でもお出かけください。 
     一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。
     また、心の安息とリフレッシュのときとなります。
     信仰を強制するようなことは一切ありませんので
     初めての方もどうぞご安心してお出かけください。

   ・ 朝の主日礼拝では、並行して楽しい子どもチャペルがあります。
     お子さま連れの方も安心してお出かけください。

   ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

   ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
   ・ 朝の主日礼拝では車の送迎もしています。(入曽駅、武蔵藤沢駅、
     お体の不自由な方のお宅)詳しくは教会までお尋ねください。
     ℡04(2956)597
[PR]
by sayama_church | 2012-07-21 17:52 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

一人ひとりが尊い存在 

 今、滋賀県の大津で起きた「いじめによる自殺」が大きな問題となっています。自殺の練習をさせられたという報道もあり、あまりにも痛ましい出来事に悲しみで一杯になります。
 以前、タレントの稲川淳二さんのこんな新聞記事を読んだことがあります。稲川さんの次男は重い障害をもって生まれました。生後4カ月で手術を受ける前日、思わず次男に死んでほしいと思ったそうです。この子が生きていたら女房も長男も大変だ。小さいから葬式も簡単だし。「鼻先をつまんだら死ぬだろうな」と思い、次男の鼻先にぐっと手を伸ばしましたが、どうしても手が震えてできませんでした。翌日、手術が終わって、次男が頭を包帯だらけにし、足と腕には何本ものチューブが刺さって手術室から出てくるのを見たとき、稲川さんはたまらなくなって叫んだそうです。「由輝!オレはお前の父ちゃんだぞ。由輝っ!」稲川さんは言います。「実は、次男の名前をこのとき、初めて呼んだのです。それまでは、名前を呼べなかった。自分の中から抹殺しようとしていたんです。心のどこかで拒絶していたんです。自分が望んだ子どもなのに、オレは命を否定した。最低です。本当に最低です。何て最低な父親なんだと。」さらにこう続けます。「私がね、今回、こんなみっともないことも、あえてお話ししたのは、みなさんに分かってほしいという一心、それだけなんです。世の中に要らない人、要らない命なんてないんですよ。それだけは、分かって下さい。」(5.24朝日新聞)
 聖書も言います。要らない人、要らないいのちは、この世にはない。一人一人が神さまによって創造された尊いいのちなのだと。私たちには、私たちを愛している魂の父親がいるのです。一人ひとりが大切な存在なのです。

  「わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。」(イザヤ43:3)
[PR]
by sayama_church | 2012-07-19 22:11 | 牧師の窓 | Comments(0)

2012年7月15日(日)

◆ ウェルカム礼拝   午前10:30~11:45


   
     
      説  教   「イエス様って? 」

                           ヨハネの福音書4章1節~26節                                     
                          小坂嘉嗣師 



◆ 夕 拝  午後6:30~7:10    
 

 

   ・ どなた様でもお出かけください。 
     一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。
     また、心の安息とリフレッシュのときとなります。
     信仰を強制するようなことは一切ありませんので
     初めての方もどうぞご安心してお出かけください。

   ・ 朝の主日礼拝では、ウエルカム礼拝です。教会が初めての方にも
     わかりやすいお話です。
     お子さま連れの方も安心してお出かけください。

   ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

   ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
   ・ 朝の主日礼拝では車の送迎もしています。(入曽駅、武蔵藤沢駅、
     お体の不自由な方のお宅)詳しくは教会までお尋ねください。
     ℡04(2956)597
[PR]
by sayama_church | 2012-07-13 21:59 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

キリストのための苦しみ

 主の御名を賛美いたします!私は、ときどき「人生とは何か」と考え、思いを巡らすことがあります。そして、その度に「人生とは神の国を目当てに歩むこと、そして神がこの地上で与えて下さったもの、備えて下さったもの(家族、友人、賜物、時間、財・・・・等々)を、感謝し、尊び、満足して、何よりも神と共にあること、神との交わりを喜び、楽しむことである。」と思わされます。皆さんは、いかがでしょうか。
 私は、男性だからか、あるいは気質から来るのか、「自分は何ができたか。何ができそうか。」「どんな働きの実を残せたか。残せるだろうか。」ということに目が行きやすいのです。こうしたことも大切であり、意味あることだとは思いますが、だからこそ主は本質的なことを見失わないようにと、上記のようなことを私に語りかけて下さるのではないかと思います。「信仰の戦いを勇敢に戦い、永遠のいのちを獲得しなさい。あなたはこのために召され、また、多くの証人たちの前でりっぱな告白をしました。」(Ⅰテモテ6:12)これは、私の人生の節目、節目に主が与えて下さる生涯的な御言葉です。
 ところが最近、デボーションで聖書を読んでいて、もう一つの御言葉に心が留まりました。「あなたがたは、キリストのために、キリストを信じる信仰だけではなく、キリストのための苦しみをも賜ったのです。」(ピリピ1:29)ここには「キリストのために苦しみ」と書かれています。一体、私は、キリストのためにどれだけの痛み、苦しみ、犠牲を払ったことがあるのだろうか、と考えさせられました。これまでに何のキリストのための痛みも苦しみも犠牲も無かった訳ではありません。けれども、主が私に与えて下さった恵みといつくしみを思うと、「無きが如し」です。
 キリストのために苦しむ人生を幾分かでも歩むことが許されたとしたら何と幸いなことでしょうか。 
[PR]
by sayama_church | 2012-07-10 19:01 | 牧師の窓 | Comments(0)

2012年7月8日(日)

◆ 主日礼拝   午前10:30~11:45


   
     
      説  教  黙示録講解説教(下) ⑨
             

              「栄光の都」           
                             

                     黙示録21:9~22:5  
                                  
                          小坂嘉嗣師     
 
 


◆ 夕   拝  午後6:30~7:10   

     
      説 教 : 小坂嘉嗣師  
     



  
   ・ どなた様でもお出かけください。 
     一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。
     また、心の安息とリフレッシュのときとなります。
     信仰を強制するようなことは一切ありませんので
     初めての方もどうぞご安心してお出かけください。

   ・ 朝の主日礼拝では、並行して楽しい子どもチャペルがあります。
     お子さま連れの方も安心してお出かけください。

   ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

   ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
   ・ 朝の主日礼拝では車の送迎もしています。(入曽駅、武蔵藤沢駅、
     お体の不自由な方のお宅)詳しくは教会までお尋ねください。
     ℡04(2956)597
[PR]
by sayama_church | 2012-07-07 13:33 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

私たちの地域

 私たちの教会は、今、主が私たちの教会に与えているヴィジョンは何かを知るために、祈り、そして作業をしています。先日は、世話役の方々が狭山、入間、所沢の市役所に赴き、地域の人口などを調べて下さいました。
 その結果、分かったことを少し紹介させていただきますと・・・。
1.教会のある地域および近接地域(入曽地区、東狭山ヶ丘地区、藤沢地区)に
は、約78,000人、約27,000世帯が住んでいる。
2.団塊の世代と言われる60代の人たちが一番多い。
3.予想以上に子どもたちが多くいる。5歳~14歳では、水野だけでも1300人。
4.子どもが結構いるのは、第二次ベビーブームの人たち(35歳~44歳)が団
塊の世代に次いで多く住んでいるから。
 この地域の状況を見るときに、これまでの私たちの教会の歩みが少し頷けるように思われました。どちらかと言うと年配者と子どもたちが多く出入りしている教会でした。地域状況と少々似通っています。
 今後、私たちはこの地にあってどのように地域の人々に仕え、主イエス様の愛と福音を分かち合ったらよいのでしょうか。祈り、考えさせられます。これから色々なアイデアを主は与えてくださることでしょう。アルファ・コース(食事、ビデオ、分かち合いの会)を始めたらどうかとの意見も出ています。また、趣味や関心によるスモールグループ(例えば、ゴスペルフラの会、コーラスの会)を有志で作るのも良いでしょう。私は、早速来週の日曜午後に、教会学校と英会話の子どもたちに声を掛けて、児童館で卓球をすることにしました。
 焦ったり、力んだりすることはありません。与えられている賜物に従って、楽しみながら主の福音を人々と分かち合っていけたら良いのではないでしょうか。

  「まことに、あなたは喜びをもって出て行き、安らかに導かれて行く。」イザヤ55:12
[PR]
by sayama_church | 2012-07-03 15:28 | 牧師の窓 | Comments(0)