<   2012年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

聖霊の働き

 最近、私たちの教会に毎週のように新しい方や求道者の方が見えられるようになりました。本当に感謝なことです。ある方が「聖霊が働いておられる。」と言われましたが、私もそのように思います。
 それは、教会の皆さんが良くお祈りをしておられる結果ではないでしょうか。このところ早天祈祷会に毎日のようにお出で下さる方がおられます。礼拝の前に祈りのチームがCSルームで祈って下さっています。木曜日の祈り会に出席される方が以前に比べて増えてきました。きっと毎朝、デボーションを守り、祈っている方が大勢いらっしゃることでしょう。こうしたことを通して主が働いて下さっているのではないでしょうか。
 教会の働きは、主の働きであります。聖霊の業です。人が主イエス様を受け入れ、救われて、新しく生まれ変わるのも聖霊の働きです。私たちは、このために引き続き祈り続けさせていただきましょう。
 同時にまた、主の働きは私たち一人一人を通してなされます。私たちは卑しい、土の器に過ぎませんが、そんな私たちを用いて、主は事をなさるのです。なんと驚くべき、光栄なことではないでしょうか。皆さん、お一人お一人を主は神の器として用いて下さるのです。ですが、業の主体はあくまで主です。ですから、どんな小さなことでも私たちが栄光をとってはなりません。このことさえ気をつけていれば、主は私たち一人一人を主の働きのために用いてくださいます。いつでも、すべての栄光を神に帰し、ささげて、私たちはへりくだって聖霊が働いてくださるように祈りつつ、主に仕えさせていただこうではありませんか。聖書を読み、聖書のことばに従い、祈りつつ、歩んでいきましょう。
   
           「こうして神のことばは、ますます広まって行き・・・」使徒6:7
[PR]
by sayama_church | 2012-08-28 18:54 | 牧師の窓 | Comments(0)

2012年8月26日(日)

◆ 主日礼拝   午前10:30~11:45


   
     
      説  教  私たちを救って下さるお方
                                 
                         ルカ19:1~10

                            小坂嘉嗣師     
 
 


◆ 夕   拝  午後6:30~7:10   

     
      説 教 : 小坂嘉嗣師  
     



  
   ・ どなた様でもお出かけください。 
     一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。
     また、心の安息とリフレッシュのときとなります。
     信仰を強制するようなことは一切ありませんので
     初めての方もどうぞご安心してお出かけください。

   ・ 朝の主日礼拝では、並行して楽しい子どもチャペルがあります。
     お子さま連れの方も安心してお出かけください。

   ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

   ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
   ・ 朝の主日礼拝では車の送迎もしています。(入曽駅、武蔵藤沢駅、
     お体の不自由な方のお宅)詳しくは教会までお尋ねください。
     ℡04(2956)597
[PR]
by sayama_church | 2012-08-25 13:44 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

ユースキャンプ

 先週は、COGのユースキャンプに行ってきました。前の週に体調を崩して寝込んでしまったために、十分な準備ができずに不安な気持ちで一杯でしたが、出発の朝のデボーションのときに「あなたのしようとすることを主にゆだねよ。」(箴言16:3)の御言葉が与えられて、聖霊の豊かな助けをいただいて5回のご奉仕を果たすことができました。教会の皆さまの背後の温かいお祈りのお陰です。本当にありがとうございました。
 キャンプには中高生を中心に大学生、社会人など50人ほどの青年たちが集まっていました。彼らはギターやドラム、キーボードなどでバンドを組み、ヴォーカルを立てて、力一杯、身体を動かしながら讃美していました。ゲームなどもふんだんにあり、楽しく、エネルギッシュな集会でした。それでいて、聖書の時間になると、打って変ったように静まり、真剣に聞き入っていました。ストレートに語られる聖書の御言葉を素直に受け入れ、心から応答しようとしていました。聖霊が働いてくださったのだと思いますが、救われる人、献身を表明する人、信仰を新たにする人が起こされ、私は青年の心の柔らかさに驚かされると共に、彼らに福音を語る恵みと可能性を深く感じました。私の娘たちも救いの信仰に立つことができ、本当に感謝いたしました。
 私たちの教団では、数年前まではユースキャンプを行なっていましたが、最近は中心となる青年たちが社会人となって忙しくなったためにできない状態が続いています。もう一度、私たちの教会、私たちの教団の青年たちのためにも何かをしてあげられないだろうか。そんな思いを強く抱かされました。
どうか私たちたちの教会、私たちの教団の青年のためにお祈り下さい。また教会に青年が溢れるように祈りましょう。
[PR]
by sayama_church | 2012-08-25 13:38 | 牧師の窓 | Comments(0)

2012年8月19日(日)

◆ ウェルカム礼拝   午前10:30~11:45


   
     
      説  教  教会って? 
                                  
                         使徒2:37~47

                            小坂由紀子師     
 
 


◆ 夕   拝  午後6:30~7:10   

     
      説 教 : 小坂嘉嗣師  
     



  
   ・ どなた様でもお出かけください。 
     一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。
     また、心の安息とリフレッシュのときとなります。
     信仰を強制するようなことは一切ありませんので
     初めての方もどうぞご安心してお出かけください。

   ・ 朝の主日礼拝は、ウエルカム礼拝です。教会が初めての方に
     わかりやすいお話です。
     お子さま連れの方も安心してお出かけください。

   ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

   ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
   ・ 朝の主日礼拝では車の送迎もしています。(入曽駅、武蔵藤沢駅、
     お体の不自由な方のお宅)詳しくは教会までお尋ねください。
     ℡04(2956)597
[PR]
by sayama_church | 2012-08-18 16:39 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

病気になって

 先週は、完全にダウンしてしまいました。39℃を超える熱が出たり、下がったりが数日続き、頭は朦朧とし、眠ることもできずに、しんどいときを過ごしました。ここ数年は、寝込んだことがありませんでしたので、久しぶりのことでした。お医者さんからいただいた薬を祈りつつ飲み、ようやく回復いたしました。
 熱で寝込んでいるときに見る夢は、ロクなものではありません。来週のユースキャンプの奉仕の準備が散々なので主催者に責められている夢とか、教会活動のどうしようもないことを頭では分かっていながら何度でも繰り返している夢とか・・・。自分の潜在意識がどんなものであるか分かるようで、何とも気恥ずかしい限りです。
 しかし、そのような中でも神様は慰めをも与えて下さいました。御言葉を思い起こさせて下さったのです。「主が家を建てるのでなければ、建てる者の働きはむなしい。主が町を守るのでなければ、守る者の見張りはむなしい。あなたがたが早く起きるのも、おそく休むのも、辛苦の糧を食べるのも、それはむなしい。主はその愛する者には、眠っている間に、このように備えてくださる。」(詩篇127:1,2)
 主はその愛する者のためには、眠っている間に、すべての必要を備え、成し遂げて下さるというのです。何という、ありがたい、驚くべき約束でしょうか。「大丈夫だよ。安心して眠りなさい。すべてのことはわたしがするのだから。」と主が優しく語りかけて下さったように思えました。実際に、私が参加できなかったファミリーキャンプは、とっても楽しい、すばらしいときだったそうです。皆さんが、本当によくご奉仕をしてくださいました。子どもたちも大喜びだったようです。むしろ教会は、さらに前進したのではないかと思いました。
[PR]
by sayama_church | 2012-08-13 14:08 | 牧師の窓 | Comments(0)

2012年8月12日

◆ 主日礼拝   午前10:30~11:45


   
     
      説  教  主と共に生きる楽しさ 
                                  
                         詩篇127:1、2

                            小坂嘉嗣師     
 
 


◆ 夕   拝  午後6:30~7:10   

     
      説 教 : 小坂嘉嗣師  
     



  
   ・ どなた様でもお出かけください。 
     一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。
     また、心の安息とリフレッシュのときとなります。
     信仰を強制するようなことは一切ありませんので
     初めての方もどうぞご安心してお出かけください。

   ・ 朝の主日礼拝では、並行して楽しい子どもチャペルがあります。
     お子さま連れの方も安心してお出かけください。

   ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

   ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
   ・ 朝の主日礼拝では車の送迎もしています。(入曽駅、武蔵藤沢駅、
     お体の不自由な方のお宅)詳しくは教会までお尋ねください。
     ℡04(2956)597
[PR]
by sayama_church | 2012-08-11 14:58 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

心が満たされて

 蒸し暑い日々が続いておりますが、皆さんの体調はいかがでしょうか。猛暑に加えて、寒暖の変化も大きくて、身体が大変なのではないでしょうか。私も、幾分バテ気味です。
 けれども、今日もこのように主の日の礼拝に共に集まることができ、主を拝することができますことを感謝いたします。主イエスの十字架の血潮によって、私たちの一切のすべての罪を赦していただき、またきよめていただき、神さまとの深い交わりの中を歩むことが許されていることは、大きな恵みと力であります。
 人間は、本来、神と交わりを持ち、神と共に歩むように創造されています。けれども、人類はその歴史の始まりから神に背を向け、自己中心に生きてきました。今日も多くの人たちがそのように生きています。その結果、本来、神と交わりをもち、神と共に歩むことによって満たされる魂の奥底が渇き、干からびてしまっているのです。何と多くの方が、虚しい心、飢え渇いた心、満たされない心を抱えて生きていることでしょうか。ですから聖書はこのように言います。「ああ。渇いている者はみな、水を求めて出て来い。金のない者も。さあ、穀物を買って食べよ。さあ、金を払わないで、穀物を買い、代価を払わないで、ぶどう酒と乳を買え。なぜ、あなたがたは、食糧にもならない物のために金を払い、腹を満たさない物のために労するのか。わたしに聞き従い、良い物を食べよ。そうすれば、あなたがたは脂肪で元気づこう。耳を傾け、わたしのところに出て来い。聞け。そうすれば、あなたがたは生きる。わたしはあなたがたととこしえの契約、ダビデへの変わらない愛の契約を結ぶ。」(イザヤ55:1-3)
 主イエスによって、私たちはもう渇くことのない神との関係に入れられたのです。
[PR]
by sayama_church | 2012-08-11 14:55 | 牧師の窓 | Comments(0)

2012年8月5日(日)

◆ 主日礼拝   午前10:30~11:45


   
     
      説  教  黙示録講解説教(下) ⑪            

   「アーメン。主イエスよ、来てください。」(2)          
                             

                     黙示録22:6~21  
                                  
                          小坂嘉嗣師     
 
 


◆ 夕   拝  午後6:30~7:10   

     
      説 教 : 小坂嘉嗣師  
     



  
   ・ どなた様でもお出かけください。 
     一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。
     また、心の安息とリフレッシュのときとなります。
     信仰を強制するようなことは一切ありませんので
     初めての方もどうぞご安心してお出かけください。

   ・ 朝の主日礼拝では、並行して楽しい子どもチャペルがあります。
     お子さま連れの方も安心してお出かけください。

   ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

   ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
   ・ 朝の主日礼拝では車の送迎もしています。(入曽駅、武蔵藤沢駅、
     お体の不自由な方のお宅)詳しくは教会までお尋ねください。
     ℡04(2956)597
[PR]
by sayama_church | 2012-08-04 08:12 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

ジョン・ラスク

 もう随分前の話しになります。高校生の頃だったでしょうか、夏休みなどになるとある親しかった宣教師がよく山形に連れていってくれました。
 その宣教師の名前はジョン・ラスク、聾唖者や先天的に手足が伸びないコビト(彼はそのように言っていました。)に福音を伝えることを使命としていました。山形に聾唖者の学校があり、ジョンはそこの生徒さんに伝道したいと思って、所沢から山形に移り住むようになりました。はるかに年下の私に、どういうわけか「ヨシツグさん、あなたは私の友だち!」と言って、山形からよく訪ねて下さり蔵王や上山に連れて行ってくれました。懐かしい思い出です。何年も前に、ジョンは癌のために天に召されました。
 ところが、最近、私は思わぬところでジョンの話を聞いたのです。ある会合で山形の牧師にお会いしました。私は「ジョンを知っていますか?」尋ねてみると、彼は良く知っており、ジョンの働きから聾唖者教会が誕生したことや今もその働きの実が豊かにあることを教えてくれました。
 ジョンは、とても風変わりの宣教師で、いつもボロボロのサンダルとポンコツの軽自動車で、聾唖者とコビトを訪ね回っていました。教会の看板を掲げて伝道していなかったので、周りの人も理解できず、もしかしたら遊んでいるようにしか見えなかったかもしれません。人に誤解されたり、裏切られたり、とても悲しいところも通られたようです。けれども、主はその働きを豊かに祝福してくださったのです。私は本当に驚き、感謝いたしました。

  「あなたがたは自分たちの労苦が、主にあってむだでないことを知っている」 Ⅰコリント15:58
[PR]
by sayama_church | 2012-08-04 08:09 | 牧師の窓 | Comments(0)