<   2012年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

聖書のみことば

 主イエスを救い主として信じて信仰生活を始めた人にとりまして、礼拝を守ること、聖書を読むこと、祈りをささげることはとても大切なことです。こうした営みを通して信仰は養われ、成長します。ことに、聖書を読み、聖書の御言葉に従うとき、今も生きて働いておられる神さまを経験することでしょう。
 聖書にはこうあります。「ですから、あなたがたは、すべての悪意、すべてのごまかし、いろいろな偽善やねたみ、すべての悪口を捨てて、生まれたばかりの乳飲み子のように、純粋な、みことばの乳を慕い求めなさい。それによって成長し、救いを得るためです。」(Ⅰペテロ2:1,2)聖書の御言葉は、信仰者を育むミルクのようなものです。ミルクを飲まなければ赤ちゃんが育たないように、聖書の御言葉に従って歩むことによって信仰と霊的な生命は成長します。
 けれども、聖書の御言葉を義務や律法として行うべきではありません。主イエスはそのようなことを願ってはいません。そのような信仰生活は自分を縛り、苦しくするだけですし、また自分のように歩んでいない人を裁いたり、批判したりします。実は、私たちが主イエスの御言葉に従うのは、主イエスを愛して、信頼しているからです。主イエスはこう言われました。「もしあなたがたがわたしを愛するなら、あなたがたはわたしの戒めを守るはずです。」(ヨハネ14:15)
 主イエスを愛し、信頼して、聖書の言葉を通して主イエスに従いましょう。
[PR]
by sayama_church | 2012-11-26 09:49 | 牧師の窓 | Comments(0)

2012年11月25日(日)

◆ 早朝礼拝   午前 7:00~7:30
                      
                   

◆ 主日礼拝   午前10:30~11:45

  
     
      説  教   エペソ人への手紙から⑤                                               
                    
                 パウロの祈り  
          
                              エぺソ1:15~19

                                 小坂嘉嗣師 



◆ 夕   拝   午後 6:30~7:10

     
        
     

  
   ・ どなた様でもお出かけください。 
     一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。
     また、心の安息とリフレッシュのときとなります。
     信仰を強制するようなことは一切ありませんので
     初めての方もどうぞご安心してお出かけください。

   ・ 朝の主日礼拝では、並行して楽しい子どもチャペルがあります。
     お子さま連れの方も安心してお出かけください。

   ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

   ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
   ・ 朝の主日礼拝では車の送迎もしています。(入曽駅、武蔵藤沢駅、
     お体の不自由な方のお宅)詳しくは教会までお尋ねください。
     ℡04(2956)597
[PR]
by sayama_church | 2012-11-24 09:24 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

弱さに神様の力

 ジョーレン兄が私たちの教会に見えられて半月が過ぎました。礼拝や祈り会、その他の色々な行事に参加して下さり、とても楽しいお交わりをいただいています。また英会話教室にも、地域の方々が沢山参加して下さっていて、喜ばれています。
 ところで、彼はある時こんなことを言いました。「弱さは、神様の力となります。」口にした当人は忘れているかもしれませんが、私には大変印象深く心に残りました。使徒パウロも、同じようなことを語っています。「しかし、主は『わたしの恵みは、あなたに十分である。というのは、わたしの力は、弱さのうちに完全に現れるからである。」と言われたのです。ですから、私は、キリストの力が私をおおうために、むしろ大いに喜んで私の弱さを誇りましょう。・・・私が弱いときにこそ、私は強いからです。」(Ⅱコリント12:9,10)
 一般に、弱さはマイナスであり、向き合いたくないものでしょう。取り去って、強くなりたいと思います。けれども、聖書は人間の弱さは神様の力が現われる場所になると言うのです。神様により頼むからです。
 私たちは、自分の弱さやマイナスを嘆いたり、悲しんだりしやすいですが、そこに現わされる神の力を信じて、ありのままで、目の前の人生にぶつかっていきましょう。必ず、道は開けます。
 私たちの教会に相応しい方を送って下さったことを感謝いたします。
[PR]
by sayama_church | 2012-11-24 09:15 | 牧師の窓 | Comments(0)

2012年11月18日(日)

◆ 早朝礼拝   午前 7:00~7:30
                      
                   

◆ ウェルカム拝   午前10:30~11:45

  
     
      説  教   チェンジさせる愛                                                 
                    
                   Ⅰヨハネ4:16

                              小坂由紀子師 



◆ 夕   拝   午後 6:30~7:10

     
        
     

  
   ・ どなた様でもお出かけください。 
     一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。
     また、心の安息とリフレッシュのときとなります。
     信仰を強制するようなことは一切ありませんので
     初めての方もどうぞご安心してお出かけください。

   ・ 朝の主日礼拝では、並行して楽しい子どもチャペルがあります。
     お子さま連れの方も安心してお出かけください。

   ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

   ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
   ・ 朝の主日礼拝では車の送迎もしています。(入曽駅、武蔵藤沢駅、
     お体の不自由な方のお宅)詳しくは教会までお尋ねください。
     ℡04(2956)597
[PR]
by sayama_church | 2012-11-17 16:45 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

召天者記念礼拝

 召天者記念礼拝にようこそお出かけ下さいました。私たちの教会では、毎年11月の第二日曜日に主イエス・キリストにあって召された方々を記念して行っています。今年は私にとりましても、母を昨年天に送りましたので意義深いときです。
 母は、大連で生まれ育ちました。父親が満州の国策会社に勤めていたからです。幼くして父親を亡くし、戦後日本に引き揚げてから後も母親をよく助け、しっかり者で、怠けることが嫌いで、絶えず何かをしていました。その母が、肝臓癌のために死期が近いことを悟ったときに、私を何度か枕辺に呼び、自分の召された後のことをアレコレと指示して、「天国からあなたがどうするか見ているわ。」と言ったことをときどき思い出します。母には、死への恐れや悲壮感はありませんでした。あったのは、遺していく家族への愛と心遣い、そして天国への希望でした。
 ところで私たちもやがてこの地上を去るときが来ます。主イエスは言われました。「あなたがたは心を騒がしてはなりません。神を信じ、またわたしを信じなさい。」(ヨハネ14:1)「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもと(天国)に来ることはありません。」(同14:6)
 私たちは死を恐れます。しかし、恐れることはありません。主イエス・キリストにあるとき、私たちは天国に行くことができます。愛する人たちが神の御許にあることを覚え、私たちもそこを目当てに歩ませていただきましょう。
[PR]
by sayama_church | 2012-11-11 21:41 | 牧師の窓 | Comments(0)

2012年11月11日(日)

◆ 早朝礼拝   午前 7:00~7:30
                      
                   

◆ 召天者記念礼拝   午前10:30~11:45

  
     
      説  教   幸いの道                                                 
                    
                   エレミヤ6:16  ヨハネ14:6

                              小坂嘉嗣師 



◆ 夕   拝   午後 6:30~7:10

     
        
     

  
   ・ どなた様でもお出かけください。 
     一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。
     また、心の安息とリフレッシュのときとなります。
     信仰を強制するようなことは一切ありませんので
     初めての方もどうぞご安心してお出かけください。

   ・ 朝の主日礼拝では、並行して楽しい子どもチャペルがあります。
     お子さま連れの方も安心してお出かけください。

   ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

   ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
   ・ 朝の主日礼拝では車の送迎もしています。(入曽駅、武蔵藤沢駅、
     お体の不自由な方のお宅)詳しくは教会までお尋ねください。
     ℡04(2956)597
[PR]
by sayama_church | 2012-11-10 19:28 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

ジョーレン・コームズ兄

 ジョーレン・コームズ兄をアメリカのワシントンから迎えました。これからおよそ1カ月に亘って、私たちの教会で共に過ごし、交わり、奉仕することになります。主のお導きを感謝いたします。
 ジョーレン兄は、高校生のときにイエス・キリストを救い主と信じて救われました。そして、大学ではコンピュータサイエンスを専攻して、現在はソフトウエアの技師をしています。けれども、イエス・キリストの福音を日本の私たちと分かち合いたいと願い、殊に未だイエス・キリストを知らない方々と分かち合いたいと思って、会社から休暇をもらって来日されました。
 人は、本当に良い物に出会い、受けると、それを他の人にも伝えたくなるものです。キリストの福音もそうです。主イエス・キリストに出会い、救われて、心に喜びと平安をいただくと、どうしてもそれを他の人にも知らせたくなるのです。そして人に伝えると心に喜びと平安がまた満ちてくるのです。神の恵みは人に分け与えれば分け与えるほど溢れてきます。
 ジョーレン兄との交わりと奉仕が、彼にとっても、私たちの教会にとっても、大きな祝福となるでしょう。西調布の地から狭山の礼拝と集われるお一人お一人に心を馳せつつ。
 
「わたしを信じる者は、聖書が言っているとおりに、その人の心の奥底から、生ける水の川が流れ出るようになる。」ヨハネ7:38
[PR]
by sayama_church | 2012-11-09 19:07 | 牧師の窓 | Comments(0)

2012年11月4日(日)

◆ 早朝礼拝   午前 7:00~7:30
                      
                   

◆ 主日礼拝   午前10:30~11:45

  
     
      説  教   悔い改めと罪の赦し                                                 
                    
                   Ⅰヨハネ1:9~10

                            小坂禮輔師 



◆ 夕   拝   午後 6:30~7:10

     
        
     

  
   ・ どなた様でもお出かけください。 
     一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。
     また、心の安息とリフレッシュのときとなります。
     信仰を強制するようなことは一切ありませんので
     初めての方もどうぞご安心してお出かけください。

   ・ 朝の主日礼拝では、並行して楽しい子どもチャペルがあります。
     お子さま連れの方も安心してお出かけください。

   ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。

   ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

   ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
   ・ 朝の主日礼拝では車の送迎もしています。(入曽駅、武蔵藤沢駅、
     お体の不自由な方のお宅)詳しくは教会までお尋ねください。
     ℡04(2956)597
[PR]
by sayama_church | 2012-11-03 11:13 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

天 国

 先日、月に1度、礼拝のご奉仕に伺っているキングスガーデン(キリスト教主義の老人ホーム)の協力牧師会に出席いたしました。その折に、リラ・プレカリア(祈りのたて琴)の演奏者が見えていて、初めてその働きを知りました。リラ・プレカリアは、病床にある人、特に終末期にある人のベッドの傍らで、患者さんの息遣いを感じ、その呼吸に合わせるようにハープを奏で、歌による祈りを届ける働きです。
 実演して下さり、入居者の方々とともに、目を閉じ、静かにハープの音と祈りの歌に耳を傾けました。すると、私もこの地上の生涯を終えて、主の御許に召されるときが来ることを何となく実感いたしました。その時がいつであるかは分かりませんが、確かに訪れることを感じたのです。主によって委ねられた使命を終えたときがその時なのだと思います。
 天国には、私の母もいます。祖母もいます。主によって召された愛する人々がいるのです。思わず祈らされました。「主よ。あなたの御許に召される最後まで私をお守りください。」と。
 翌日、日曜日の礼拝の準備をしているときに、新潟の小千谷から電話が入り、丸山旭牧師が召されたとのご連絡を受けました。また一人、天国に知り合いが増えました。

 「私は勇敢に戦い、走るべき道のりを走り終え、信仰を守り通しました。」Ⅱテモテ4:7
[PR]
by sayama_church | 2012-11-03 11:08 | 牧師の窓 | Comments(0)