<   2015年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

一日一生

「一日一生」という言葉があります。キリスト者であった内村鑑三が彼の著書のタイトルにした言葉です。一日一日を一生のように大切に過ごすという意味なのでしょう。

  こんな物語があります。今、組み立てが終わったばかりの小さな柱時計が、時計屋の倉庫の棚の上に置かれていました。そこには、ほかの二つの古い時計があり、忙しそうに振子を動かしながら、一生懸命に秒を刻んでいます。古時計の一つが、その新品の時計に声を掛けました。「やあ、君はこれからお勤めをやるのだね。お気の毒さまだ。今は勇ましく、カチカチと時を刻んでいても、そのうちにきっとうんざりするよ。あと三千三百万回も振子を振るのだよ。」新品の時計は、驚いて言いました。「え、三千三百万秒だって!それは大変だ。ぼくはこれまで一度だって、そんなお勤めをやったこともないのに。」そう言うと、その時計は落胆して黙ってしまいました。

すると、もうひとつの古時計が声を掛けました。「おや、君はどうしてあんなことばを聞いて信じるのかね、ばかだね。時計の勤めはそんなに大変なものじゃない。君の仕事は、一回に一秒刻めばいいのだよ。そうだよ、難しくないだろう。ではもう一つ振ってごらん。簡単だろう。そうやって、一回ずつ休まずに続けて行くのだよ。」「そうですか、これなら、ぼくにもたやすくやれます。ではがんばってやりますよ。」新しい時計はそう叫ぶと、再び勇ましく、刻むべき先の日数や、何百万秒のことはみんな忘れて、一度に一秒だけの勤めを始めました。こうして、一年過ぎた年の終わりには、気づかないで、三千三百万回、振子を動かしていたのです。(カウマン夫人著「荒野の泉」第Ⅱ編)

 私は、時々しなければならない働きの大きさを考えて、果たしてできるのだろうかと心が沈むことがあります。けれども「一日一生」、先のことや事柄の大きさを考えずに、一日一日を主とともに歩み、その日為すべきことをして行こうと、自分に言い聞かせています。

 「あすのための心配は無用です。あすのことはあすが心配します。労苦はその日その日に、十分あります。」マタイ634


[PR]
by sayama_church | 2015-04-27 16:07 | 牧師の窓 | Comments(0)

2015年4月26日(日)のご案内

◆ 早朝礼拝  午前 7:00~7:40       
                         

◆ 主日礼拝   午前10:30~11:45

       
      説  教 無学な、普通の人

                     使徒4:13~22  
                                   
                          小坂嘉嗣師

◆ ジョイジョイ・キッズクラブ  午後1:30~3:00
     
    つくってあそぼう! ぶんぶんゴマ  

               参加費は無料です。
   
  
    おうちの方へ
     子供たちにとって、大切なのは、体験(遊び)です。体験を通してたくさんのことを
     学べます。友達と教えあったり、競ったり、工夫したりする中で、人間が人として生
     きるためのコミュニケーション能力が養われます。テレビゲームでは身につかない力
     です。できるだけたくさんの体験遊びをさせてあげたいです。お友達を誘って、ぜひ   
     参加させてください。どたでも参加できます。 
 

◆ 夕  拝     午後7:00~7:40

      説  教  祈りに退く

                      ヨハネ6:15

                          小坂嘉嗣師

     
              
 
 ・ 教会の集まりは、いつでもオープンです。どなたでも参加することができます。
   
また信仰を強制することは一切ありません。どなたでもお気軽に安心してお出かけ
   ください。

 
 ・ 当教会は、近隣のミッションスクール(聖望学園、明治学院)の生徒さんが授業の一環で
   しばしば出席されています。

   
 ・ 一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。ストレスや問題、悩みの多い
   日常にあって、心の安息とリフレッシュのときとなります。

 ・ 朝の主日礼拝では、子どものためのプログラムもあります。

   お子さま連れの方も安心してお出かけください。

 ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。
   スルーされても構いません。

 ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

 ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
 ・ 朝の主日礼拝、夕拝では教会車による送迎があります。(入曽駅、武蔵藤沢駅、
   お体の不自由な方のお宅)
   詳しくは 教会までお尋ねください。℡ 04(2956)5973 


[PR]
by sayama_church | 2015-04-25 11:57 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

生きること、死ぬこと

 今年になってまだ4か月ほどですが、もう幾人かのご葬儀に参列いたしました。昨日も、狭山ひかり幼稚園の前理事長のお別れ会に行ってきました。ご葬儀に出ると、「生きること、死ぬこと」について色々と考えさせられます。

 聖書の中に、エノクについて次のよう記述があります。「エノクは六十五年生きて、メトシェラを生んだ。エノクはメトシェラを生んで後、三百年、神ととともに歩んだ。そして、息子、娘たちを生んだ。・・・エノクは神ととともに歩んだ。神が彼を取られたので、彼はいなくなった。」創世記5:21-24

「信仰によって、エノクは死を見ることのないように移されました。神に移されて、見えなくなりました。」ヘブル11:5

 エノクについての聖書の御言葉は、キリスト者にとって「生きること、死ぬことは」がいかなることであるかをよく物語っているように思われます。すなわち、生きることは「神とともに歩むこと」であり、死ぬことは「移されること」です。この世においては、何を成し遂げたか、どんな肩書きを持ったかが、人を測る物差しになりますが、聖書ではだれとともに歩んだか、いかなる者であるかの方がはるかに重要だとしています。キリスト者は神と共にある者です。そして、死は、さながら1階から2階に住まいを変えるように、神によって移されることです。

 主イエスにあって神と共にあることは何と幸いなことでしょう。


[PR]
by sayama_church | 2015-04-20 17:54 | 牧師の窓 | Comments(0)

2015年4月19日(日)のご案内

◆ 早朝礼拝  午前 7:00~7:40       
                         

◆ ウェルカム礼拝   午前10:30~11:45

       
      説  教 最も大切なこと~こころの平安~

                     ヨハネ14:27  
                                   
                          小坂嘉嗣師

  *教会が初めての方、お久しぶりの方、どうぞお出かけ下さい。
   どなたにでも開かれたオープンな礼拝です。


◆ 夕  拝     午後7:00~7:40

      説  教  5つのパンと2匹の魚~余りある奇跡

                      ヨハネ6:1~14

                          小坂嘉嗣師

     
              
 
 ・ 教会の集まりは、どなたでも参加することができます。お気軽に
   お出かけください。

 ・ 信仰を強制するようなことは一切ありませんので
   教会が初めての方もどうぞご安心ください。
 
 ・ 一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福となります。
   また、心の安息とリフレッシュのときとなります。
   
 ・ 朝の主日礼拝では、子どものためのプログラムもあります。
   お子さま連れの方も安心してお出かけください。

 ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。
   スルーされても構いません。

 ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

 ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
 ・ 朝の主日礼拝、夕拝では教会車による送迎があります。(入曽駅、武蔵藤沢駅、
   お体の不自由な方のお宅)
   詳しくは 教会までお尋ねください。℡ 04(2956)5973 


[PR]
by sayama_church | 2015-04-18 12:40 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

恩師の召天

 私は、22年前に神学院を卒業いたしました。先日、突然、在学中に大変お世話になり、学院長を務めておられた蔦田公義先生が召されたとの訃報が入り、告別式に参列いたしました。

 蔦田公義先生は、インマヌエル聖宣学院長としてのお働きだけにとどまらずに、アジア福音同盟議長、日本福音同盟の理事長なども歴任され、キリスト教界ではとても名の知られた方でしたが、晩年は健康的な戦いを強いられ、召される前の数か月は視力も失い、ほぼ寝たきりの状態だったそうです。そうした中で最後まで祈りの奉仕に励まれたと言う棺の中のお顔は、元々、高貴な容貌だったとは言え、本当に麗しく、天に通じる輝きをさえ感じました。

 ところで、人には、色々な個性、賜物、感性があります。時には、自分の個性、感性とはいささか異なる人と出会うことがあります。私は、これまでの人生を振り返るときに、神さまは自分と異なる人と敢えて出会わせ、私を訓練して下さったように思います。蔦田先生は、才能豊かで、センスが良く、頭も気も良く回る方でしたので、鈍くて気が利かない私は、いつも緊張の連続でした。本当に、出来の悪い生徒だったと思います。

葬儀にださせていただきながら、神学院で繰り返し、繰り返し教えていただいた「御前の歩み」(神の御前に歩むという意識を常に持つこと)をもう一度思いお越し、献身を新たに致しました。私も最後まで忠実に主に従いたい心から願うことです。  

            

               「主の聖徒たちの死は主の目に尊い。」詩篇11615


[PR]
by sayama_church | 2015-04-13 16:40 | 牧師の窓 | Comments(0)

2015年4月12日(日)

◆ 早朝礼拝  午前 7:00~7:40       
                         

◆ 主日礼拝   午前10:30~11:45

       
      説  教 よみがえりのあとで

                     使徒1:1~14  
                                   
                          小坂由紀子師


◆ 夕  拝     午後7:00~7:40

      説  教  イエスのもとに来なさい。

                      ヨハネ5:30~47

                          小坂嘉嗣師

     
              
 
 ・ 教会の集まりは、どなたでも参加することができます。お気軽に
   お出かけください。

 ・ 信仰を強制するようなことは一切ありませんので
   教会が初めての方もどうぞご安心ください。
 
 ・ 一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福となります。
   また、心の安息とリフレッシュのときとなります。
   
 ・ 朝の主日礼拝では、子どものためのプログラムもあります。
   お子さま連れの方も安心してお出かけください。

 ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。
   スルーされても構いません。

 ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

 ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
 ・ 朝の主日礼拝、夕拝では教会車による送迎があります。(入曽駅、武蔵藤沢駅、
   お体の不自由な方のお宅)
   詳しくは 教会までお尋ねください。℡ 04(2956)5973 


[PR]
by sayama_church | 2015-04-09 16:36 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

イースターおめでとう

 イースターおめでとうございます。イースターの意味をどれだけ知っているのかは分かりませんが、日本でも最近ではあちらこちらで覚えられ、お祝いされるようになってきました。イースターは、イエス・キリストの復活を記念する日です。

一般的に人々は、世界の三大宗教として、仏教、イスラム教、キリスト教を挙げます。けれどもキリスト教が他と決定的に異なることが一つあります。それはお釈迦様もマホメットも死に、お釈迦様の遺骨は仏舎利として礼拝の対象となり、マホメットの墓所は聖地となっていますが、イエス・キリストはよみがえられたことです。すなわち、死を打ち破り、死に勝利したのです。

 実は、このイエス・キリストの復活は、私たちにとって大きな喜び、希望、福音です。使徒パウロは、次のように言いました。「もし、私たちがこの世にあってキリストに単なる希望を置いているだけなら、私たちは、すべての人の中で一番哀れな者です。しかし、今やキリストは、眠った者の初穂として死者の中からよみがえられました。」Ⅰコリント15:1920

 ここで語られていることはこうです。キリスト者は単なる慰めをキリストから受けているのではない。人間にとっての最大の敵である死に勝利して、キリストがよみがえったようにキリスト者も終わりのときに復活のからだによみがえるという確かな希望を抱いているのである。

 死は、人生のすべてを虚しいものにします。けれども、キリストにある者は、死の先にある希望を見ているのです。


[PR]
by sayama_church | 2015-04-07 16:36 | 牧師の窓 | Comments(0)

2015年4月5日(日)

◆ 早朝礼拝  午前 7:00~7:40       
                         

◆ イースター礼拝   午前10:30~11:45

       
      説  教 イースターの喜び

                     Ⅱコリント4:7~18  
                                   
                          小坂嘉嗣師

◆ イースター・フェスティバル  正午~午後2:00

      焼きそばパーテイー  タマゴさがしゲームなどなど
        
                 会費 大人300円  小人100円


◆ 夕  拝     午後7:00~7:40

      説  教  死からいのちへ

                      ヨハネ5:10~28

                          小坂嘉嗣師

     
              
 
 ・ 教会の集まりは、どなたでも参加することができます。お気軽に
   お出かけください。

 ・ 信仰を強制するようなことは一切ありませんので
   教会が初めての方もどうぞご安心ください。
 
 ・ 一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福となります。
   また、心の安息とリフレッシュのときとなります。
   
 ・ 朝の主日礼拝では、子どものためのプログラムもあります。
   お子さま連れの方も安心してお出かけください。

 ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。
   スルーされても構いません。

 ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

 ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
 ・ 朝の主日礼拝、夕拝では教会車による送迎があります。(入曽駅、武蔵藤沢駅、
   お体の不自由な方のお宅)
   詳しくは 教会までお尋ねください。℡ 04(2956)5973 


[PR]
by sayama_church | 2015-04-04 13:15 | 礼拝のご案内 | Comments(0)