<   2016年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ああ恵み!

 先週は、インフルエンザで寝込んでしまいました。しかも、主日礼拝のご用ができなかったと言う、大変お恥ずかしい限りのありさまでした。本当に申し訳ありませんでした。

39度を超す熱と降熱後も何とも気分が優れない重たい体を布団に包みながら、天井ばかり見つめる退屈さから逃れるためにスマホをいじったり、本を読んだりしていましたが、何よりも私の心に清々しい喜びと力を与えたのは、やはり聖書でした。その一つ、ヨハネの福音書21章には、深い感動を覚えました。

ここには、ペテロの回復の記事が載っています。彼は、イエスを3度も「知らない!」と言って裏切りました。ペテロの心はどんなにか痛んでいたことでしょうか。しかし、復活の主はペテロに個人的に向き合い、3度イエスを愛すると言う告白に導くことを通して、彼を立ち上がらせるのです。そして「わたしの羊を飼いなさい。」(ヨハネ21:17と彼を信任して使命を授けられました。私は、主イエス様のペテロに対する懇ろなお取扱いに涙がでる思いでした。それは間違いなく、何度も何度も失敗して、罪を犯した私に対する主のご愛と同じだからです。

布団に身を横たえながら、悔い改めともう一度主に身を捧げる再献身の祈りを捧げました。辛い4日間でしたが、恵みの時でもありました。主よ、ありがとうございました。

「私たちが滅びうせなかったのは、主の恵みによる。主のあわれみは尽きないからだ。」哀歌3:22


[PR]
by sayama_church | 2016-02-28 14:25 | 牧師の窓 | Comments(0)

2016年2月28日(日)のご案

◆ 早朝礼拝  午前 7:00~7:40  
     
     説教  小坂嘉嗣師   

          

◆ 主日礼拝   午前10:30~11:45

      説教  出て行って福音を宣べ伝える
                 マルコ16:14~20       
              日本ホーリネス教団ブラジル宣教師
                      新谷聡一郎師 

    

◆ JOYJOYキッズクラブ  午後1:30~3:00

       おしるこ作り!!! 

                    
◆ 夕  拝  午後7:00~7:40

      説教  小坂嘉嗣師
     
              
 
 ・ 教会の集まりは、いつでもオープンです。どなたでも参加することができます。
   
また信仰を強制することは一切ありません。どなたでもお気軽に安心してお出かけ
   ください。

 
 ・ 当教会は、近隣のミッションスクール(聖望学園、明治学院)の生徒さんが授業の一環
   でしばしば出席されています。
       
 ・ 一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。ストレスや問題、悩みの多
   い日常にあって、心の安息と生きる力が与えられます。

 ・ 朝の主日礼拝では、子どものためのプログラムもあります。

   お子さま連れの方も安心してお出かけください。

 ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。
   スルーされても構いません。

 ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

 ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
 ・ 朝の主日礼拝では教会車による送迎があります。(武蔵藤沢駅 午前10:00、
   入曽駅西口 必要に応じて随時)
   送迎車をご利用の場合は、予めお電話をいただけますと間違いがありません。
   ℡ 04(2956)5973 

[PR]
by sayama_church | 2016-02-26 22:55 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

健康と長生きの秘訣

 先日、航空公園の中を1時間ほどウォーキングいたしました。私の腹回りを見た家内が、心配して送り出してくれたのです。園内を歩いてみると、おおぜいのシルバー世代の方々が、あちらこちらで歩いたり、体操しているのが目に入りました。皆さん、健康に気を遣われているのだと思います。

 国際弁護士の佐々木満男さんはコラムにこんなことを書いていました。「アメリカの有名な癌センターの医師の調査では、教会でいつも讃美している聖歌隊の免疫細胞数は、一般人に比べて1,000倍も多い。毎週教会で讃美と感謝の礼拝を捧げている人たちは、そうでない人たちと比べて平均7年も長命である。1分間、喜び、笑い、感謝の思いに満たされると体内に24時間の免疫システムが出来あがり、1分間、怒り、不平、不安の思いにかられると6時間分の免疫システムが破壊されるそうだ。」(新生宣教団発行「あらゆる問題にプラスになる」No.60)どうも健康で長生きするためには、教会に通い、神に感謝を捧げ、神を賛美することが一番のようです。

 さて、私たちは常日頃、どれだけ神に感謝を捧げているでしょうか。どれだけ神と共にあることを喜んでいるでしょうか。ルカの福音書17:11-19には、十人のらい病人の話が記されています。主イエスは、「あわれんでください。」という彼らの叫びに応えて下さいました。しかし、いやされたことが分かった時に神をほめたたえて感謝するためにイエスの下に戻ってきたひとりのサマリヤ人だけでした主イエスは、「十人いやされたのではないか。九人はどこにいるのか。」(ルカ17:17と嘆かれました。

 私たちも、九人の一人ではなく、神に感謝し、讃美するサマリヤ人のようで常にあらせていただきたいものです。神への感謝と讃美に溢れた人になりましょう。


[PR]
by sayama_church | 2016-02-26 22:46 | 牧師の窓 | Comments(0)

2016年2月21日(日)のご案

◆ 早朝礼拝  午前 7:00~7:40  
     
     説教  小坂嘉嗣師   

          

◆ 主日礼拝   午前10:30~11:45

      説教  二人の放蕩息子
                 ルカ15:11~32       
                      小坂嘉嗣師
   

                    
◆ 夕  拝  午後7:00~7:40

      説教  小坂嘉嗣師
     
              
 
 ・ 教会の集まりは、いつでもオープンです。どなたでも参加することができます。
   
また信仰を強制することは一切ありません。どなたでもお気軽に安心してお出かけ
   ください。

 
 ・ 当教会は、近隣のミッションスクール(聖望学園、明治学院)の生徒さんが授業の一環
   でしばしば出席されています。
       
 ・ 一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。ストレスや問題、悩みの多
   い日常にあって、心の安息と生きる力が与えられます。

 ・ 朝の主日礼拝では、子どものためのプログラムもあります。

   お子さま連れの方も安心してお出かけください。

 ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。
   スルーされても構いません。

 ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

 ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
 ・ 朝の主日礼拝では教会車による送迎があります。(武蔵藤沢駅 午前10:00、
   入曽駅西口 必要に応じて随時)
   送迎車をご利用の場合は、予めお電話をいただけますと間違いがありません。
   ℡ 04(2956)5973 

[PR]
by sayama_church | 2016-02-20 11:41 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

K姉の召天

 K姉が天に召されました。主のお取り計らいとしか言いようがありませんが、私は図らずも今際の際の彼女を病室に見舞い、祈り、賛美をささげ、聖書を読む時が与えられました。そして、最後の別れをして、主に委ねることができました。召されたのは、それから程なくしてです。

私が彼女に最初に出会ったのは、今から20年以上前、狭山での開拓伝道を始めた頃でした。当時、公園で子どもたちに聖書の紙芝居をよくしていましが、ある時、そこを彼女が通り掛かったのです。それがきっかけで教会に見えるようになり、最初は永遠の求道者だと言われていましたが、2~3年後の199712月に主イエスを救い主として信じて洗礼を受けられました。

愛すべき点が沢山ありましたが、また一方でとても個性的な面もありました。そのために、何度か教会の中でも摩擦が生じて、そのために苦慮することも正直ありました。それでも教会生活を送るうちに、地域の人も驚くほどに変わってゆかれました。昨年の8月に入院されたので、時々見舞っていましたが、召される一月ほど前にもう長くはないと感じましたので、もう一度主イエスの十字架による罪の赦しと天国の希望を語ったときに、涙を流さんばかりに深く肯かれました。本当に、主を受け入れ、主にすがられました。

「主よ、あなたは確かに一人の魂をあなたの御救いに入れて下さいました。ありがとうございました。」


「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。」ヨハネ3:16  


[PR]
by sayama_church | 2016-02-14 20:40 | 牧師の窓 | Comments(0)

2016年2月14日(日)のご案内

◆ 早朝礼拝  午前 7:00~7:40  
     
     説教  小坂嘉嗣師   

          

◆ 主日礼拝   午前10:30~11:45

      説教  永遠の愛
                 エレミヤ31:1~6       
                      小坂由紀子師
   

                    
◆ 夕  拝  午後7:00~7:40

      説教  小坂嘉嗣師
     
              
 
 ・ 教会の集まりは、いつでもオープンです。どなたでも参加することができます。
   
また信仰を強制することは一切ありません。どなたでもお気軽に安心してお出かけ
   ください。

 
 ・ 当教会は、近隣のミッションスクール(聖望学園、明治学院)の生徒さんが授業の一環
   でしばしば出席されています。
       
 ・ 一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。ストレスや問題、悩みの多
   い日常にあって、心の安息と生きる力が与えられます。

 ・ 朝の主日礼拝では、子どものためのプログラムもあります。

   お子さま連れの方も安心してお出かけください。

 ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。
   スルーされても構いません。

 ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

 ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
 ・ 朝の主日礼拝では教会車による送迎があります。(武蔵藤沢駅 午前10:00、
   入曽駅西口 必要に応じて随時)
   送迎車をご利用の場合は、予めお電話をいただけますと間違いがありません。
   ℡ 04(2956)5973 

[PR]
by sayama_church | 2016-02-13 08:29 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

美味しい米

 先週、新潟の小千谷の教会に行った時に面白い話を聞きました。美味しい米を作る方法です。

稲作農家では、時々わざと水田の水を抜いて、一週間ほど放っておくそうです。やがて田がカラカラに乾いてひび割れてくる頃になると水を戻し、これを4~5回ほど繰り返します。そうすると秋になると甘くて美味しい米が収穫できるそうです。いつも水が張られた恵まれた環境だと、米粒ばかりが大きくなり、美味しくなくなりますが、むしろ時々水が枯れたり、岩陰だったりと環境が悪いと、美味しくなるそうです。

考えてみると、人生も同じかもしれません。何の問題もなく、ぬくぬく暮らしたいと、私たちは思いますが、意に反して時々苦しいこと、悲しいこと、辛いことが起こります。どうして主なる神様は、このようなことを許されたのだろうかと文句を言いたくなることもひょっとしたらあるかもしれません。けれども聖書は言います。「すべての懲らしめ(訓練、試練とも訳せる言葉)は、そのときは喜ばしいものではなく、かえって悲しく思われるものですが、後になると、これによって訓練された人々に平安な義の実を結ばせます。」ヘブル12:11

試練は、後になると「平安な義の実を結ばせる」祝福の手段です。主なる神様は、耐えられない試練は与えられません。試みに会うとき、その背後に主なる神様のご愛を信じて、前向きに歩んでいきましょう。後になって祝福となって返ってきますから。


[PR]
by sayama_church | 2016-02-07 21:15 | 牧師の窓 | Comments(0)

2016年2月7日(日)のご案内

◆ 早朝礼拝  午前 7:00~7:40  
     
     説教  小坂嘉嗣師   

          

◆ 主日礼拝   午前10:30~11:45

      説教  こうして教会は
                 使徒9:19~31       
                      小坂嘉嗣師
   

                    
◆ 夕  拝  午後7:00~7:40

      説教  小坂嘉嗣師
     
              
 
 ・ 教会の集まりは、いつでもオープンです。どなたでも参加することができます。
   
また信仰を強制することは一切ありません。どなたでもお気軽に安心してお出かけ
   ください。

 
 ・ 当教会は、近隣のミッションスクール(聖望学園、明治学院)の生徒さんが授業の一環
   でしばしば出席されています。
       
 ・ 一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。ストレスや問題、悩みの多
   い日常にあって、心の安息と生きる力が与えられます。

 ・ 朝の主日礼拝では、子どものためのプログラムもあります。

   お子さま連れの方も安心してお出かけください。

 ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。
   スルーされても構いません。

 ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

 ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
 ・ 朝の主日礼拝では教会車による送迎があります。(武蔵藤沢駅 午前10:00、
   入曽駅西口 必要に応じて随時)
   送迎車をご利用の場合は、予めお電話をいただけますと間違いがありません。
   ℡ 04(2956)5973 

[PR]
by sayama_church | 2016-02-06 08:06 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

人生の土台 

 今日は、新潟県小千谷市にある教会で礼拝奉仕をしています。冬は豪雪で大変ですが、春になると近くには日本一長い信濃川が流れていて、とても気持ちの良いところです。ここに毎週日曜日になると10人足らずの人が集まって礼拝をささげています。常駐の牧師はいません。

 この小千谷の地を、今から12年ほど前に激震が襲いました。中越大地震です。多くの建物が、倒壊、半壊したのですが、不思議なことに教会の建っている地域だけは、ほとんど被害がありませんでした。教会は壁に亀裂が走った程度です。理由は、地盤が固い岩だったからでした。

 主イエスは次のように言われました。「だから、わたしのこれらのことばを聞いてそれを行なう者はみな、岩の上に自分の家を建てた賢い人に比べることができます。雨が降って洪水が押し寄せ、風が吹いてその家に打ちつけたが、それでも倒れませんでした。岩の上に建てられていたからです。」マタイ824,25

 ある意味で、私たちは「人生」という家を築き上げていると言えます。どのような家を建てるかは人それぞれです。ヴァライティーがあります。しかし、だれもが試練、誘惑、困難、試みの嵐に会います。その時に「人生」と言う家が揺り動かされるか否かは、土台にかかっています。

 皆さんの人生の土台は何ですか。お金ですか。才能・能力ですか。人ですか。願わくは、主イエスとの交わりを通して聴く、神の御言葉に立って、人生を築き上げたいものです。その家は揺り動かされることはありません。


[PR]
by sayama_church | 2016-02-01 19:06 | 牧師の窓 | Comments(0)