<   2016年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

イースター

 イースター、おめでとうございます。近年、日本でも商業ベースからイースターが知られるようになってきましたが、イースターの意味を知っている人はそれほど多くないようです。イースターは、イエス・キリストの復活を記念してお祝いする日です。

 「復活」などと聞くと、どれほどの人が信じることができるでしょうか。実際に使徒パウロが、アテネのアレオパゴスの真中に立ってキリストの復活を語ったときに、人々は嘲笑ったと聖書は伝えています。当時の人々がそうであるならば、現代の私たちはなおさらです。神話としては聞けても、現実の出来事としては受け止められないのはある意味では当たり前です。しかし、聖書ははっきりと、繰り返し、言明します。「しかし、今やキリストは、眠った者の初穂として死者の中からよみがえられました。」Ⅰコリント1520

 興味深いことは、キリストの復活はイエスが誕生するはるか以前の旧約聖書に示され、イエス自身も「人の子は、祭司長、律法学者たちに引き渡されるのです。彼らは、人の子を死刑に定め、そして、異邦人に引き渡します。すると彼らはあざけり、つばきをかけ、むち打ち、ついに殺します。しかし、人の子は三日の後に、よみがえります。」(マルコ10:33,34と予め繰り返し語っていることです。さらに歴史的な事実として推論できることは、もしキリストの復活がなかったら教会もキリスト教も誕生しなかったはずだと言うことです。初代教会の人たちにとっては、イエスを主キリストと告白することは迫害、殉教を意味しました。事実、ペテロを始め主の復活の証人だったイエスの弟子たちは殉教します。偽りのために命を捨てるとは考えられません。

 イエスは、今も生きて働いておられます。そして、イエスの十字架と復活を信じる者に、罪の赦しと永遠のいのちを与えてくださるのです。


[PR]
by sayama_church | 2016-03-27 20:39 | 牧師の窓 | Comments(0)

2016年3月27日(日)のご案内

◆ 早朝礼拝  午前 7:00~7:40  
     
        説教  小坂嘉嗣師   

          

◆ 主日礼拝   午前10:30~11:45

      説教  この福音によって救われるのです。
                    Ⅰコリント15:1~11       
                           小坂嘉嗣師 


                    
◆ 夕  拝  午後7:00~7:40

      説教  小坂嘉嗣師
     
              
 
・教会の集まりは、いつでもオープンです。どなたでも参加することができます。
 
また信仰を強制することは一切ありません。どなたでもお気軽に安心してお出
 かけください。
 
・当教会は、近隣のミッションスクール(聖望学園、明治学院)の生徒さんが
 授業の一環でしばしば出席されています。
       
・一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。ストレスや問題、
 悩みの多い日常にあって、心の安息と生きる力が与えられます。

・朝の主日礼拝では、子どものためのプログラムもあります。

 お子さま連れの方も安心してお出かけください。

・礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。
 スルーされても構いません。

・賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

・教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
・朝の主日礼拝では教会車による送迎があります。
 (武蔵藤沢駅西口 入曽駅西口)
 送迎車をご利用の場合は、予めお電話をお願いいたします。
      ℡ 04(2956)5973 

[PR]
by sayama_church | 2016-03-26 10:41 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

再臨

 今日から受難週に入ります。受難週は、主イエス様が十字架に向かってエルサレムに入京されてから復活されるまでの1週間を指します。木曜日の夕が最後の晩餐、翌日の金曜日が十字架に磔にされた受難日です。教会は、受難週をことさらに敬虔な思いをもって過ごし、受難日には断食をする人もいます。

 金曜日の夜明け前、主イエスが大祭司の裁判を受けたときのことです。イエスを死刑にするために多くの人が偽りの証言をしましたが、イエスは不思議なほどに何もお答えになりませんでした。ところが、大祭司が「私は、生ける神によって、あなたに命じます。あなたは神の子キリストなのか、どうか。その答えを言いなさい。」(マタイ2663と命じたときは、口を開き、はっきりと答えられたのです。

「あなたの言うとおりです。なお、あなたがたに言っておきますが、今からの、人の子が、力ある方の右の座に着き、天の雲に乗って来るのを、あなたがたは見ることになります。」(同2664

厳粛な思いがいたします。妬みにかられた大祭司をはじめ当時の宗教的、社会的リーダーは、イエスの言葉の意味している重さに気が付いていないようですが、イエスは、自分が旧約聖書の預言(ダニエル7:13)しているメシア(すなわちキリスト。救い主はへブル語はメシア、ギリシャ語ではキリスト)であると宣言しているだけではなく、世の終わりの再臨をも預言していたのです。

 この受難週、私たちの罪の贖いのために主イエスが忍ばれた十字架を覚えるとともに、やがてこの地を裁かれるために再びお出でになられる栄光の主イエスをも覚えたいと思います。再臨は、主を信ぜずに退けた者には裁きの日ですが、主を受け入れた者には、報いと救いの完成の日なのです。 
[PR]
by sayama_church | 2016-03-23 16:56 | 牧師の窓 | Comments(0)

2016年3月20日(日)のご案内

◆ 早朝礼拝  午前 7:00~7:40  
     
        お休み   

          

◆ 主日礼拝   午前10:30~11:45

      説教  あなたのための十字架
                    Ⅰペテロ2:18~25       
                         小坂由紀子師 


                    
◆ 夕  拝  午後7:00~7:40

      説教  小坂嘉嗣師
     
              
 
・教会の集まりは、いつでもオープンです。どなたでも参加することができます。
 
また信仰を強制することは一切ありません。どなたでもお気軽に安心してお出
 かけください。
 
・当教会は、近隣のミッションスクール(聖望学園、明治学院)の生徒さんが
 授業の一環でしばしば出席されています。
       
・一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。ストレスや問題、
 悩みの多い日常にあって、心の安息と生きる力が与えられます。

・朝の主日礼拝では、子どものためのプログラムもあります。

 お子さま連れの方も安心してお出かけください。

・礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。
 スルーされても構いません。

・賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

・教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
・朝の主日礼拝では教会車による送迎があります。
 (武蔵藤沢駅西口 入曽駅西口)
 送迎車をご利用の場合は、予めお電話をお願いいたします。
      ℡ 04(2956)5973 

[PR]
by sayama_church | 2016-03-18 14:18 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

相田望牧師 

 今日の午後に代田教会で「相田望牧師を偲ぶ会」が開かれます。私は、主日礼拝の当務が代田なので、そのまま出席いたします。

 相田望牧師は、日本宣教会の創設者、相田喜介の5男として生まれ、日本宣教会の歴史と共に歩んでこられました。時代の困難さ、伝道者の家庭の貧しさや厳しさ、戦争の悲惨さがあったからでしょう。母親、兄弟、姉を、つぎつぎに、幼いときや青年期に失っています。弟と母は病死。兄は神学生のときに応召して沖縄で戦死。姉は結核。戦後の混乱期、姉の亡骸を筵に包んでリヤカーで焼き場まで運び、薪で荼毘に付すのに一晩中立ち合ったという話を伺ったときは、胸が詰まりました。大学卒業後は英語教員として都立高校に勤め、信徒として教会を支えておられましたが、父、相田喜介の引退とともに献身して、牧師の道へと進み、代田教会牧師、3代目日本宣教会監督として主の教会に仕えました。91年のご生涯でした。

 実は、私は幼いときから2代目監督の中原幸茂牧師に霊的薫陶を受けて育ち、相田望牧師とはあまり関わりがありませんでした。ところが、人生は不思議なものです。師と仰いでいた中原牧師は日本宣教会を離れ、私は相田望牧師の指導を受けるようになったのです。私の思いをはるかに超えた主の配剤でした。霊的な基礎は中原牧師によって打ち込まれ、奉仕の道は相田望牧師によって導かれるように、主は私の人生になされたのです。

 相田望牧師には、本当にお世話になりました。心底、感謝しています。相田望牧師から受け継いだ信仰と使命のバトンを次の世代に手渡すために、私も真実に主に仕えていきたいと願っています

 「私のしもべモーセは死んだ。今、あなたと子のすべての民は立って、・・・わたしが・・・与えようとしている地に行け。」ヨシュア1:2


[PR]
by sayama_church | 2016-03-16 17:26 | 牧師の窓 | Comments(0)

2016年3月13日(日)のご案内

◆ 早朝礼拝  午前 7:00~7:40  
     
     説教  小坂嘉嗣師   

          

◆ 主日礼拝   午前10:30~11:45

      説教  いつものように いつもの場所で
                     ルカ22:39~46       
                         小坂由紀子師 


                    
◆ 夕  拝  午後7:00~7:40

      説教  小坂嘉嗣師
     
              
 
 ・ 教会の集まりは、いつでもオープンです。どなたでも参加することができます。
   
また信仰を強制することは一切ありません。どなたでもお気軽に安心してお出かけ
   ください。

 
 ・ 当教会は、近隣のミッションスクール(聖望学園、明治学院)の生徒さんが授業の
   一環でしばしば出席されています。
       
 ・ 一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。ストレスや問題、悩み
   の多い日常にあって、心の安息と生きる力が与えられます。

 ・ 朝の主日礼拝では、子どものためのプログラムもあります。

   お子さま連れの方も安心してお出かけください。

 ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。
   スルーされても構いません。

 ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

 ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
 ・ 朝の主日礼拝では教会車による送迎があります。(武蔵藤沢駅 午前10:00、
   入曽駅西口 必要に応じて随時)
   送迎車をご利用の場合は、予めお電話をいただけますと間違いありません。
   ℡ 04(2956)5973 

[PR]
by sayama_church | 2016-03-12 07:18 | 牧師の窓 | Comments(0)

教会総会

 今日の午後に教会総会が開かれます。教会総会では、昨年度の活動・会計報告と新年度の計画・予算案が審議され、決定いたします。これに先立ってこの2か月ほどの間に、責任役員会、世話役会、拡大世話役会、部会、奉仕チーム、教会学校、聖歌隊の会合が開かれて様々なことが話し合われたことと思います。

 私たちの教会は、ここ数年、少しずつですが組織化してきました。それは、聖書が教会はキリストを中心とする一つの共同体であると言っているからです。この共同体を聖書は「キリストのからだ」と表現しています。「教会はキリストのからだであり、いっさいのものをいっさいのものによって満たす方の満ちておられるところです。」(エペソ1:23

教会の組織は、決して効率化のためにあるのではありません。教会員の一人一人がキリストのからだの一部としての自覚をもち、互いにいたわり、調和を保ちながら、神から与えられた賜物を用いて主に委ねられた奉仕を行い、この世にキリストを表わしていくためにあるのです。キリストは教会に潤いと豊かさを与えて下さいます。

教会の組織ほど麗しいものはありません。聖書は次のように言っています。「そこで、目が手に向かって、『私はあなたを必要としない。』と言うことはできないし、頭が足に向かって、『私はあなたを必要としない。』と言うこともできません。それどころか、からだの中で比較的に弱いと見られる器官が、かえってなくてはならないものなのです。・・・それは、からだの中に分裂がなく、各部分が互いにいたわり合うためです。もし一つの部分が苦しめば、すべての部分がともに苦しみ、もし一つの部分が尊ばれれば、すべての部分が喜ぶのです。あなたがたはキリストのからだであって、ひとりひとりは各器官なのです。」(Ⅰコリント12:21-27

教会総会は、私たちがキリストのからだの一部であるとの自覚を新たにし、かしらなるキリストの御心を共に確認するときなのです。総会の祝福を祈ります。


[PR]
by sayama_church | 2016-03-06 17:53 | 牧師の窓 | Comments(0)

2016年3月6日(日)のご案

◆ 早朝礼拝  午前 7:00~7:40  
     
     説教  小坂嘉嗣師   

          

◆ 主日礼拝   午前10:30~11:45

      説教  天幕を惜しみなく広げよ
                 イザヤ54:1~10       
                     小坂嘉嗣師 


                    
◆ 夕  拝  午後7:00~7:40

      説教  小坂嘉嗣師
     
              
 
 ・ 教会の集まりは、いつでもオープンです。どなたでも参加することができます。
   
また信仰を強制することは一切ありません。どなたでもお気軽に安心してお出かけ
   ください。

 
 ・ 当教会は、近隣のミッションスクール(聖望学園、明治学院)の生徒さんが授業の
   一環でしばしば出席されています。
       
 ・ 一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。ストレスや問題、悩み
   の多い日常にあって、心の安息と生きる力が与えられます。

 ・ 朝の主日礼拝では、子どものためのプログラムもあります。

   お子さま連れの方も安心してお出かけください。

 ・ 礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。
   スルーされても構いません。

 ・ 賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

 ・ 教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
 ・ 朝の主日礼拝では教会車による送迎があります。(武蔵藤沢駅 午前10:00、
   入曽駅西口 必要に応じて随時)
   送迎車をご利用の場合は、予めお電話をいただけますと間違いありません。
   ℡ 04(2956)5973 

[PR]
by sayama_church | 2016-03-04 20:59 | 礼拝のご案内 | Comments(0)