<   2016年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2016年5月1日(日)のご案内

◆ 早朝礼拝  午前 7:00~7:40  
     
        説教  小坂嘉嗣師   

          

◆ 主日礼拝   午前10:30~11:45

  説教  すべての人の主
             使徒10:34~48       
                 小坂嘉嗣師 



◆ 夕  拝  午後7:00~7:40

        説教  小坂嘉嗣師
     
              
 
・教会の集まりは、いつでもオープンです。どなたでも参加することができます。
 
また信仰を強制することは一切ありません。どなたでもお気軽に安心してお出
 かけください。
 
・当教会は、近隣のミッションスクール(聖望学園、明治学院)の生徒さんが
 授業の一環でしばしば出席されています。
       
・一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。ストレスや問題、
 悩みの多い日常にあって、心の安息と生きる力が与えられます。

・朝の主日礼拝では、子どものためのプログラムもあります。

 お子さま連れの方も安心してお出かけください。

・礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。
 スルーされても構いません。

・賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

・教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
・朝の主日礼拝では教会車による無料の送迎があります。
 (武蔵藤沢駅西口、入曽駅西口、およびお身体の不自由な方のご自宅)
 送迎車をご利用の場合は、予めお電話をお願いいたします。
      ℡ 04(2956)5973 

[PR]
by sayama_church | 2016-04-30 07:21 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

震災の痛み

 熊本地震の被災状況が、新聞やテレビを通して連日伝えられています。救援の活動の輪が至る所で起きているようですが、キリスト教界においても九州キリスト災害支援センターが立ち上がりましたので、これから全国の教会が祈りと共に具体的な支援活動をすることになると思います。

1995年の阪神大震災はボランティア元年と言われています。あの時から災害が起こると多くの若者が全国からボランティアに集まってくるようになったからです。そのことは、とても麗しいのですが、一方では「やじ馬的」「観光気分」「自分探し」という厳しい意見も一部にあるようです。当事者の痛みを自分の痛みのようにして仕えるのは、本当に難しいです。

ところで聖書にはガルラヤ人が災難にあったときにイエスが次のように言われたと書いてあります。イエスは彼らに答えて言われた。「そのガリラヤ人たちがそのような災難を受けたから、ほかのどのガリラヤ人よりも罪深い人たちだったと思うのですか。そうではない。わたしはあなたがたに言います。あなたがたも悔い改めないなら、みな同じように滅びます。」(ルカ13:2,3

 人は災難に会うと、ハタと自分を振り返り、自分の罪に気が付くことがあります。そして罪を悔い改めて神を求めます。もしかしたら、それは神が災難を赦される一つの理由かもしれません。けれども、ここで主イエスは霊的な覚醒を、災難を受けた人だけではなくて、「あなたがたも悔い改めないなら、みな同じように滅びます。」と言われて、周りのすべての人に求めています。

この度の九州の災害の痛みを日本国中の人が自分の痛みとして受け止めて、神の前にへりくだることができたら幸いです。物質的な復興とともに荒廃した日本人の霊的な魂の復興はもっと大切だからです。まず、私たちキリスト者が神の前に進み出て、悔い改めることから始めるべきなのではないでしょうか。


[PR]
by sayama_church | 2016-04-24 20:53 | 牧師の窓 | Comments(0)

2016年4月24日(日)のご案内

◆ 早朝礼拝  午前 7:00~7:40  
     
        説教  小坂嘉嗣師   

          

◆ 主日礼拝   午前10:30~11:45

  説教  コルネリオとペテロ
             使徒10:1~33       
                 小坂嘉嗣師 


◆ JOYJOYキッズクラブ(子ども会) 午後1:30~3:00

      新聞紙であそぼう!
                 参加費無料  どなたさまでもどうぞ!
                   
◆ 夕  拝  午後7:00~7:40

        説教  小坂嘉嗣師
     
              
 
・教会の集まりは、いつでもオープンです。どなたでも参加することができます。
 
また信仰を強制することは一切ありません。どなたでもお気軽に安心してお出
 かけください。
 
・当教会は、近隣のミッションスクール(聖望学園、明治学院)の生徒さんが
 授業の一環でしばしば出席されています。
       
・一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。ストレスや問題、
 悩みの多い日常にあって、心の安息と生きる力が与えられます。

・朝の主日礼拝では、子どものためのプログラムもあります。

 お子さま連れの方も安心してお出かけください。

・礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。
 スルーされても構いません。

・賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

・教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
・朝の主日礼拝では教会車による無料の送迎があります。
 (武蔵藤沢駅西口、入曽駅西口、およびお身体の不自由な方のご自宅)
 送迎車をご利用の場合は、予めお電話をお願いいたします。
      ℡ 04(2956)5973 

[PR]
by sayama_church | 2016-04-23 08:17 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

大地震

 熊本で大きな地震が起こりました。多くの被災者が出ており、今も尚、余震が続いているために被害の拡大が心配されます。九州にご家族やご親族がおられる方は、相当にご心痛なことでしょう。主の憐れみを祈らせていただきます。

 阪神大震災(1995.1.17)、新潟県中越大震災(2004.10.23)、東日本大震災(2011.3.11)そしてこの度の熊本地震(2016.4.16)と、このところ私だけではなく恐らく日本中の人々の記憶に生々しい大きな地震が、20年ほどのスパンがあるとは言え、立て続けに起きています。巷では東海地方や首都圏を襲う地震がいつ起きてもおかしくないと予想されています。そのような中で世間では建造物の耐震工事などが進められているようですが、狭山・入間牧師会でも万一の場合に教会がお互いに協力して外部からの救援窓口や地域への救援のステーションになれるように緊急時の対応ガイドラインを作成しています。

 ところで聖書には次のような御言葉が記されています。「神はわれらの避け所、また力。苦しむとき、そこにある助け。それゆえ、われらは恐れない。たとい、地は変わり山々が海のまなかに移ろうとも。たとい、その水が立ち騒ぎ、あわだっても、その水かさが増して山々が揺れ動いても。」詩篇461-3

 「地は変わり山々が海のまなかに移ろうとも」「その水かさが増して山々が揺れ動いても」は深刻な天変地異を想像されます。けれどもそうした事態がたとい起きたとしても「神はわれらの避け所、また力。苦しむとき、そこにある助け」であり、「それゆえ、われらは恐れない。」と詩篇の記者は言っているのです。

 不測の事態に備えることは必要なことであり、しなければならないことです。けれども最大の備えは、天地万物を創造された真の神を知ることではないでしょうか。


[PR]
by sayama_church | 2016-04-17 20:38 | 牧師の窓 | Comments(0)

2016年4月17日(日)のご案内

◆ 早朝礼拝  午前 7:00~7:40  
     
        説教  小坂嘉嗣師   

          

◆ 主日礼拝   午前10:30~11:45

  説教  よくなりたいか。
             ヨハネ5:1~15       
                 小坂嘉嗣師 


                    
◆ 夕  拝  午後7:00~7:40

        説教  小坂嘉嗣師
     
              
 
・教会の集まりは、いつでもオープンです。どなたでも参加することができます。
 
また信仰を強制することは一切ありません。どなたでもお気軽に安心してお出
 かけください。
 
・当教会は、近隣のミッションスクール(聖望学園、明治学院)の生徒さんが
 授業の一環でしばしば出席されています。
       
・一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。ストレスや問題、
 悩みの多い日常にあって、心の安息と生きる力が与えられます。

・朝の主日礼拝では、子どものためのプログラムもあります。

 お子さま連れの方も安心してお出かけください。

・礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。
 スルーされても構いません。

・賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

・教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
・朝の主日礼拝では教会車による無料の送迎があります。
 (武蔵藤沢駅西口、入曽駅西口、およびお身体の不自由な方のご自宅)
 送迎車をご利用の場合は、予めお電話をお願いいたします。
      ℡ 04(2956)5973 

[PR]
by sayama_church | 2016-04-16 14:35 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

あなたの宝は何ですか? 

 私は3代目のクリスチャンです。正確には、2.5代目なのかもしれません。両親も父方、母方の祖父母もクリスチャンでしたが、父と母が生まれたときは、未だ祖父母はクリスチャンになっていなかったからです。いずれにせよ、そんな家庭環境でしたから小さい時から当たり前のように教会に通い、教会の中で育ちました。そして、小学4年生のときに主イエス・キリストを救い主として心に迎え、中学1年生のときに洗礼を受けました。

 主イエス様を信じたときに、私は心の中に平安を与えられました。神様が共にいて下さる喜びを感じました。しかし、そうした喜びや平安は、罪を犯すときに曇り、失せ去ることも知りました。その後のクリスチャン生活において私は神様から遠い歩みを試みたこともありましたが、心は荒れ果て、罪にまみれ、空しくなるばかりでした。様々なところを通って、改めて気が付きました。私の喜び、私の宝は、主イエス様ご自身であることを。神様が共にいてくださることであるのを。それは金や地位や快楽にまさることを。

 正直に申し上げて、このことを骨身に染みるように分かるまで、相当な期間がかかりました。私は、主イエス様を信じていても、聖書を読み、お祈りをささげ、教会に集っていても、長い間主イエス様よりも富、地位、快楽を追い求めていました。けれども、主イエス様が宝であり、主イエス様と共にあることが何にもまさる喜びであることを見出して、主イエス様が慕わしい、愛するお方となったときに、私の心の奥底が揺るがない神の平安に支配され、神の命と力に満ちるようになりました。そればかりか、私にとって二の次となった富、地位も神様の栄光をあらわすためならば必要なだけいくらでも与えて下さるとの信仰が与えられました。

 私たちは、第二のものを第一にするから何も得られないのです。第一のものを第一にしたらすべてが与えられます。「神の国とその義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、それに加えて、これらのものはすべて与えられます。」マタイ6:33


[PR]
by sayama_church | 2016-04-10 20:29 | 牧師の窓 | Comments(0)

2016年4月10日(日)のご案内

◆ 早朝礼拝  午前 7:00~7:40  
     
        説教  小坂嘉嗣師   

          

◆ 主日礼拝   午前10:30~11:45

  説教  心の一新
             ローマ12章1節~21節       
                  小坂由紀子師 


                    
◆ 夕  拝  午後7:00~7:40

        説教  小坂嘉嗣師
     
              
 
・教会の集まりは、いつでもオープンです。どなたでも参加することができます。
 
また信仰を強制することは一切ありません。どなたでもお気軽に安心してお出
 かけください。
 
・当教会は、近隣のミッションスクール(聖望学園、明治学院)の生徒さんが
 授業の一環でしばしば出席されています。
       
・一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。ストレスや問題、
 悩みの多い日常にあって、心の安息と生きる力が与えられます。

・朝の主日礼拝では、子どものためのプログラムもあります。

 お子さま連れの方も安心してお出かけください。

・礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。
 スルーされても構いません。

・賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

・教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
・朝の主日礼拝では教会車による無料の送迎があります。
 (武蔵藤沢駅西口、入曽駅西口、およびお身体の不自由な方のご自宅)
 送迎車をご利用の場合は、予めお電話をお願いいたします。
      ℡ 04(2956)5973 

[PR]
by sayama_church | 2016-04-09 11:19 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

大いなる希望

 よみがえりの主の御名を心から賛美いたします。先週の日曜日にイースターを祝いしましたが、改めてイースターの意味を考えるときに、次の御言葉が心に通ってきました。「なぜなら、もしあなたの口でイエスを主と告白し、あなたの心で神はイエスを死者の中からよみがえらせてくださったと信じるなら、あなたは救われるからです。」ローマ10:9

 私は長い間、神がイエスを死者の中からよみがえらせてくださったことを信じることが、どうして私の救いに結びつくのかが分かりませんでした。それでこの御言葉を人にお伝えするときは、イエスを主と告白するということに強調をおいていました。

 けれども、ある時からこの御言葉は私にとって大きな力となりました。恐らく、人は正直に自分を見つめるならば、イエス・キリストの十字架の贖いによって罪が赦されるのみならず罪の力からも解放されるとはとうてい信じることができないでしょう。死んだ後に魂が主と共にあるのみならず、終わりの日に栄光の体によみがえり、とこしえに神の国に住まうなど想像することもできないでしょう。私たちは罪と死の支配にあることが当たり前のようになり、罪と死の支配から解放されることなど信じることができないのです。ちょうど、人が、イエスが死者の中からよみがえったことを信じることができないように。しかし、神がイエス・キリストを死者の中からよみがえらせてくださったように、神は、イエスをキリスト(救い主)と信じる人を、罪と死の支配から全能の力をもって解放してくださるのです。これが、この御言葉の意味です。

 人間にとって己の力では到底解決できない最大の問題は、罪と死です。神は、この最大の問題をイエス・キリストにあって解決してくださいました。そうであるならば、日々の生活、人生における諸問題を神は解決してくださらないことがあるでしょうか。復活のメッセージは、人生のどんな暗黒、絶望、不可能も神はキリストにあって希望に変えて下さることなのです。


[PR]
by sayama_church | 2016-04-03 20:32 | 牧師の窓 | Comments(0)

2016年4月3日(日)のご案内

◆ 早朝礼拝  午前 7:00~7:40  
     
        説教  小坂嘉嗣師   

          

◆ 主日礼拝   午前10:30~11:45

  説教 イエス・キリストがあなたをいやしてくださる。
                          使徒9:32~43       
                              小坂嘉嗣師 


                    
◆ 夕  拝  午後7:00~7:40

        説教  小坂嘉嗣師
     
              
 
・教会の集まりは、いつでもオープンです。どなたでも参加することができます。
 
また信仰を強制することは一切ありません。どなたでもお気軽に安心してお出
 かけください。
 
・当教会は、近隣のミッションスクール(聖望学園、明治学院)の生徒さんが
 授業の一環でしばしば出席されています。
       
・一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。ストレスや問題、
 悩みの多い日常にあって、心の安息と生きる力が与えられます。

・朝の主日礼拝では、子どものためのプログラムもあります。

 お子さま連れの方も安心してお出かけください。

・礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。
 スルーされても構いません。

・賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

・教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
・朝の主日礼拝では教会車による送迎があります。
 (武蔵藤沢駅西口 入曽駅西口)
 送迎車をご利用の場合は、予めお電話をお願いいたします。
      ℡ 04(2956)5973 

[PR]
by sayama_church | 2016-04-02 08:07 | 礼拝のご案内 | Comments(0)