<   2016年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

世良田師の召天 

 先週の木曜日に「今朝、父が召されました。」と娘さんから電話を受けたときは、思わず「え!」と叫んでしまいました。世良田湧侍師(日本宣教会相模キリスト教会の元牧師)の急逝の知らせでした。風呂場で倒れたとのことです。

 病院に駆けつけると、霊安室に安置されたご遺体は、驚くほど穏やかで、微笑んでいるようでした。「天国に行かれたのだな。」と深く頷けたのは、悲しみのなかにも大きな慰めでした。

 ところで聖書のなかに次のような御言葉があります。

「あなたはあなたの神に会う備えをせよ。」アモス4:12 

「あなたがたは、地上のものを思わず、天にあるものを思いなさい。」コロサイ3:2

 世良田師の突然の死は、私にとって「人はいつ召されるか分からないのだから、いつでも神の前に立てる備えをしていなさい。」とのメッセージのように感じ、襟を正されるように思いでした。

私たちは、主イエス様の尊い十字架の血によって罪を贖われ、神の子とされ、永遠の御国を受け継ぐ者にされました。にもかかわらず、もしこの地上の「肉の欲、目の欲、暮らし向きの自慢など」(Ⅰヨハネ216で心が一杯になっていたとしたら主に申し訳ないことです。

 日々に主イエスと共に歩むことを心掛けるお互いであらせていただきましょう。 


[PR]
by sayama_church | 2016-06-26 20:17 | 牧師の窓 | Comments(0)

2016年6月26日(日)のご案内

◆ 早朝礼拝  午前 7:00~7:40  
     
            説教  小坂嘉嗣師   

          

◆ 主日礼拝   午前10:30~11:45

   説教   どうしても必要なこと

            ルカ10:38~42
                
                小坂由紀子師 



◆ 夕  拝  午後7:00~7:40

            説教   小坂嘉嗣師
     
              
 
・教会の集まりは、いつでもオープンです。どなたでも参加することができます。
 
また信仰を強制することは一切ありません。どなたでもお気軽に安心してお出
 かけください。
 
・当教会は、近隣のミッションスクール(聖望学園、明治学院)の生徒さんが
 授業の一環でしばしば出席されています。
       
・一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。ストレスや問題、
 悩みの多い日常にあって、心の安息と生きる力が与えられます。

・礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。
 スルーされても構いません。

・賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

・教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
・朝の主日礼拝では教会車による無料の送迎があります。
 (武蔵藤沢駅西口、入曽駅西口、およびお身体の不自由な方のご自宅)
 送迎車をご利用の場合は、予めお電話をお願いいたします。
      ℡ 04(2956)5973 

[PR]
by sayama_church | 2016-06-25 08:16 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

父なる神

 6月は、私の誕生月です。父母が生きている時は、お祝い~恥ずかしながらお小遣い~をよくもらったものでした。親はいつまでたっても親で、本代にでも使いなさいという心遣いだったと思います。その父も母も、もう天に召されてしまいました。

両親がいなくなったからか、毎日をバタバタとせわしく生活しているせいなのか、それとも生来の無頓着の性格からなのか分かりませんが、ここ数年は自分の誕生日を忘れることがしばしばです。今年の誕生日は、教団の重要な会議のために出張していましたが、早朝に宿泊先に「お誕生日、おめでとう!」との電話が家族からあり、初めて自分の誕生日に気が付いた次第でした。

ところで、今日は父の日です。父親が未だ健在の人も私のように亡くした方も、父親に良い思い出をお持ちの方も、必ずしもそうではない方もおられるでしょう。父の日を迎えて抱く感情は、それぞれ異なるに違いありません。けれども、私たちには、主イエス・キリストにあって、もう一人の父がいるのです。天地万物を創造された真の神です。キリスト者は、このお方を父なる神と呼んでいます。このお方の中に理想の父の姿を見ることができます。

父親の大きな役割の一つは、自分の子を認めることです。それは、その子に自信を与え、人生を歩む力をもたらします。人がもし、自分が神の子であるとの自覚をもって生きたならば、その人生はどんなにか実り豊かになることでしょう。 

「あなたがたは、人を再び恐怖に陥れるような、奴隷の霊を受けたのではなく、子として下さる御霊を受けたのです。私たちは御霊によって、『アバ、父。』と呼びます。」                                ローマ8:15


[PR]
by sayama_church | 2016-06-20 19:53 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

2016年6月19日(日)のご案内

◆ 早朝礼拝  午前 7:00~7:40  
     
            説教  小坂嘉嗣師   

          

◆ 主日礼拝   午前10:30~11:45

   説教    父なる神

            Ⅰ歴代誌22:10
           ヨハネ1:12、13  
     
                小坂嘉嗣師 

◆ ジョイキッズクラブ 午後1:30~3:00
     
       ミニ運動会をします!
      




◆ 夕  拝  午後7:00~7:40

            説教  小坂嘉嗣師
     
              
 
・教会の集まりは、いつでもオープンです。どなたでも参加することができます。
 
また信仰を強制することは一切ありません。どなたでもお気軽に安心してお出
 かけください。
 
・当教会は、近隣のミッションスクール(聖望学園、明治学院)の生徒さんが
 授業の一環でしばしば出席されています。
       
・一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。ストレスや問題、
 悩みの多い日常にあって、心の安息と生きる力が与えられます。

・礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。
 スルーされても構いません。

・賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

・教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
・朝の主日礼拝では教会車による無料の送迎があります。
 (武蔵藤沢駅西口、入曽駅西口、およびお身体の不自由な方のご自宅)
 送迎車をご利用の場合は、予めお電話をお願いいたします。
      ℡ 04(2956)5973 

[PR]
by sayama_church | 2016-06-18 08:26 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

誘惑

 人は生きている限り、実に多くの誘惑を受けます。誘惑はサタンから来ますが、誘惑を受けること自体は罪ではありません。誘惑に従うと罪に陥ります。誘惑は、人間の欲に訴えます。

 聖書はこう言います。「人はそれぞれ自分の欲に引かれ、おびき寄せられて、誘惑されるのです。欲がはらむと罪を生み、罪が熟すると死を生みます。愛する兄弟たち。だまされないようにしなさい。」ヤコブ1:14,15

 人類史上、最初に誘惑されたのはエバでした。サタンは実に巧妙に神の御言葉に絡んでエバを誘惑しました。「あなたがたは、園のどんな木からも食べてはならない、と神は、ほんとうに言われたのですか。」このサタンの問いかけは、微妙に神の言葉のニュアンスを変えて、否定的な響きが伴っていました。エバは、サタンと会話を続けます。エバの内面の欲は、サタンの言葉に呼応して、神の言葉に自分の思いと解釈を付けたし、ついにはサタンによって神の言葉自体をひっくり返されてしまいました。神は「それを取って食べるその時、あなたは必ず死ぬ」(創2:17)と言われましたが、サタンの「あなたがたは決して死にません。」(創3:4)という言葉にそそのかされて、善悪の知識の木からとって食べてしまったのです。サタンは、ここでは「神のようになり、善悪を知るようになりたい」というエバの欲望に訴えて誘惑しました。

 人は、知識欲、食欲、性欲、所有欲・・・など様々な欲を持っています。欲それ自体は、罪ではありません。むしろ人間にとってとても大切なものです。けれどもサタンは、欲に働きかけて、神の言葉に逆らわせようと巧妙に誘惑してきます。私たちは、誘惑に弱い者であることを自覚して、絶えず聖霊の助けによりすがり、「私たちを試みに合わせないで、悪からお救いください。」(マタイ613と謙虚に日々祈るべきです。


[PR]
by sayama_church | 2016-06-12 20:57 | 牧師の窓 | Comments(0)

2016年6月12日(日)のご案内

◆ 早朝礼拝  午前 7:00~7:40  
     
            説教  小坂嘉嗣師   

          

◆ 主日礼拝   午前10:30~11:45

   説教   つながっていく信仰

                ルツ記1章  
     
               小坂由紀子師 



◆ 夕  拝  午後7:00~7:40

            説教  小坂嘉嗣師
     
              
 
・教会の集まりは、いつでもオープンです。どなたでも参加することができます。
 
また信仰を強制することは一切ありません。どなたでもお気軽に安心してお出
 かけください。
 
・当教会は、近隣のミッションスクール(聖望学園、明治学院)の生徒さんが
 授業の一環でしばしば出席されています。
       
・一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。ストレスや問題、
 悩みの多い日常にあって、心の安息と生きる力が与えられます。

・礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。
 スルーされても構いません。

・賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

・教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
・朝の主日礼拝では教会車による無料の送迎があります。
 (武蔵藤沢駅西口、入曽駅西口、およびお身体の不自由な方のご自宅)
 送迎車をご利用の場合は、予めお電話をお願いいたします。
      ℡ 04(2956)5973 

[PR]
by sayama_church | 2016-06-11 11:01 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

T姉の召天 

 T姉が天に召されました。先週の金曜日に娘さんから「今、母が召されました。」とのお電話をいただきました。

 T姉は、私の母の高校時代の同級生でした。私の母の影響で信仰に導かれ、遠く離れ離れの時は別として、ほとんどが私の母と同じ教会で信仰生活を送っていましたが、今から23年前に私が狭山の両親の自宅で開拓伝道を始めると、今度は狭山キリスト教会のメンバーになってくださり、初期の働きを支えてくだいました。私の両親は、職責上、東京の教会に通い続けていたのにもかかわらず。

 T姉は、とても性格のはっきりとした方でした。情に厚い方でしたが、好き嫌いをはっきりと言われる人でした。ですから若い、未熟な牧会者であった私に業を煮やしたのか、教会の人間関係に何かつまずきがあったのか、当時学んでいた聖書学院を通して出会った魅力的な牧師に惹かれたのか、そのいずれか、あるいはすべてかは分かりませんが、ある時期私たちとの交わりから少し離れて別の教会に集われました。けれども、癌の再発による入退院を繰り返される中で、ある時お電話を受けました。「こんな時ばかりに電話して申し訳ありません。いざと言うときに、思い出されるのは、狭山キリスト教会であり、小坂さんでした。病院に来ていただけませんか。」私は、早速病院を訪ね、お祈りを捧げました。涙を流して喜んで下さいました。それを聞いた旧知の教会員もお見舞い下さり、交わりが復活いたしました。

 T姉との出会いを与えて下さった主に感謝し、天国での再会を楽しみにいたします。


「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはありません。」ヨハネ146 

 


[PR]
by sayama_church | 2016-06-05 18:06 | 牧師の窓 | Comments(0)

2016年6月5日(日)のご案内

◆ 早朝礼拝  午前 7:00~7:40  
     
        説教  小坂嘉嗣師   

          

◆ 主日礼拝   午前10:30~11:45

  説教  主の御手が共にある幸い

               使徒11:19~30  
     
                   小坂嘉嗣師 



◆ 夕  拝  午後7:00~7:40

        説教  小坂嘉嗣師
     
              
 
・教会の集まりは、いつでもオープンです。どなたでも参加することができます。
 
また信仰を強制することは一切ありません。どなたでもお気軽に安心してお出
 かけください。
 
・当教会は、近隣のミッションスクール(聖望学園、明治学院)の生徒さんが
 授業の一環でしばしば出席されています。
       
・一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。ストレスや問題、
 悩みの多い日常にあって、心の安息と生きる力が与えられます。

・礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。
 スルーされても構いません。

・賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

・教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
・朝の主日礼拝では教会車による無料の送迎があります。
 (武蔵藤沢駅西口、入曽駅西口、およびお身体の不自由な方のご自宅)
 送迎車をご利用の場合は、予めお電話をお願いいたします。
      ℡ 04(2956)5973 


[PR]
by sayama_church | 2016-06-04 11:13 | 礼拝のご案内 | Comments(0)